最近の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2017年2月21日(火)開催「排水中フッ素・ホウ素の高効率除去・処理・回収技術」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2017年2月22日(水)開催「LNG受入基地の建設とFSRUを含めた要素技術開発動向」セミナーの再ご紹介! »

2017年2月10日 (金)

2017年2月21日(火)開催「石炭ガス化複合発電(空気吹きIGCCを中心に)と水素燃料対応ガスタービンに関する最新技術開発動向」セミナーの再ご紹介!

---------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

2017年2月21日(火)開催

 「石炭ガス化複合発電(空気吹きIGCCを中心に)と
  水素燃料対応ガスタービンに関する最新技術開発動向
」  セミナー!

    -個別(各テーマ)受講可能!!-
 http://www.tic-co.com/seminar/20170215.html

◆1日(プログラムⅠとⅡ)受講
  49,680円【1名につき(※テキスト代、消費税を含む)】
         (受講者がⅠとⅡで異なる場合でも可)
◆プログラムⅠのみ受講
  29,700円【1名につき(※テキスト代、消費税を含む)】
◆プログラムⅡのみ受講
  29,700円【1名につき(※テキスト代、消費税を含む)】

---------------------------------------------

Gf01a201402110200 (著作者: holl7510)

先週の節分、立春と寒気がゆるみ、ほっとした途端に、今週はまたぐんと冷え込みました。

このような春先の様子をあらわす季語に「冴返る(さえかえる)」があります。

ある日の平均温度と前日の平均温度が4℃以上違うと、ざっと1ヶ月の陽気の差になり、早春はその寒暖の差が大きい時季です。

早春の寒さを表現する季語には「余寒(よかん)」や「春寒(はるさむ)」がありますが、「冴える」という言葉からは、寒気を感じさせる光、音、色などの澄む意味があり、より感覚的な表現になります。

2015年2月6日付のブログでも「冴返る」「寒戻る」の季語で詠まれた句を選んでいますが、今回はそれ以外の句で「冴返る」を詠んだ句を選んでみました。

初春の季語になります。

 

柊にさえかへりたる月夜かな(柊=ひいらぎ)
内藤丈草(ないとう じょうそう) (1662-1704)

 

五六丈瀧冴返る月夜かな(五六丈=ごろくじょう)
大島蓼太(おおしま りょうた) (1718-1787)

 

冴返る音や霰の十粒ほど(霰=あられ)(十粒=とつぶ)
正岡子規(まさおか しき) (1867-1902)

 

鶴の羽や白きが上に冴え返る
河東碧梧桐(かわひがし へきごとう) (1873-1937)

 

石と亀ともに動かず冴返る
森田峠(もりた とうげ) (1924-2013)

 

冴返り冴返りつつ逝く昭和
中嶋秀子(なかじま ひでこ) (1936-)

 

冴返る虹いくたびも日本海
黒田杏子(くろだ ももこ) (1938-)

 



私も詠んでみました。


冴返る路上ライブやサクソホン
白井芳雄


冴返る道の向こうはホットヨガ
白井芳雄

***********************************************************************************************************

さて、本日も2月開催セミナーを再ご紹介!

2017年2月21日(火)開催

 「石炭ガス化複合発電(空気吹きIGCCを中心に)と
  水素燃料対応ガスタービンに関する最新技術開発動向
」  セミナー

です!
 
 
 
★本セミナーでは、Ⅰ部に、石炭ガス化複合発電の最新動向(空気吹きIGCCを中心に)、Ⅱ部は、水素燃料対応ガスタービンについて、最新の取組みと技術開発動向を三菱日立パワーシステムズの石井様と浅井様、両講師より、詳説頂きます。
★プログラムⅠのみ、又はⅡのみのご受講も受け付けております。 
 
 
●プログラム
 
 
Ⅰ.石炭ガス化複合発電(IGCC)の最新動向とMHPSの取組み

 三菱日立パワーシステムズ(株) エンジニアリング本部
 電力計画部 IGCCプロセスグループ グループ長
 石井弘実 氏

 1.IGCCの特徴
 2.IGCCの構成と設備技術
  (1)ガス化炉設備
  (2)ガス精製設備
  (3)複合発電設備
 3.IGCC実証試験結果
 4.今後の取組み
  ~福島復興540MW×2、大型商用IGCCなど含め~
  (1)海外の状況
  (2)商用プラントの取組み
 5.質疑応答・名刺交換

 

Ⅱ.水素燃料対応ガスタービン最新燃焼技術

 三菱日立パワーシステムズ(株) 研究所
 火力システム研究部 燃焼研究グループ 主席研究員
 浅井智広 氏

 水素は将来の低炭素社会に向けた重要なエネルギー選択のひとつとして注目を集めている。
本講演では、特に水素含有ガスを燃料として発電するガスタービンに焦点を当て、当社が開発中の最新燃焼技術の内容とその開発状況、さらに本技術の多種燃料への適用事例を概説する。

 1.当社のガスタービンラインナップと運転実績
  ・ラインナップ
  ・運転実績
 2.水素燃料対応ガスタービン最新燃焼技術
  ・背景と技術課題
  ・水素燃料対応ガスタービン最新燃焼技術
  ・燃焼器の開発状況
 3.多種燃料への適用事例
 4.質疑応答・名刺交換


詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2017年2月21日(火)開催

 「石炭ガス化複合発電(空気吹きIGCCを中心に)と
  水素燃料対応ガスタービンに関する最新技術開発動向
」  セミナー!

    -個別(各テーマ)受講可能!!-
 http://www.tic-co.com/seminar/20170215.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日は白井芳雄が担当いたしました。

« 2017年2月21日(火)開催「排水中フッ素・ホウ素の高効率除去・処理・回収技術」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2017年2月22日(水)開催「LNG受入基地の建設とFSRUを含めた要素技術開発動向」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017年2月21日(火)開催「排水中フッ素・ホウ素の高効率除去・処理・回収技術」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2017年2月22日(水)開催「LNG受入基地の建設とFSRUを含めた要素技術開発動向」セミナーの再ご紹介! »