2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2017年4月13日(木)開催「蓄熱技術と蓄熱材の開発動向と応用」セミナーのご紹介! | トップページ | 2017年4月20日(木)・21日(金)開催「バイオマス混焼発電と木質系以外の発電燃料利用」セミナーのご紹介! »

2017年3月10日 (金)

2017年4月25日(火)・26日(水)開催「レアメタルなど有価金属の回収・リサイクル技術」セミナーのご紹介!

---------------------------------------------------
◆本日ご紹介セミナー◆

2017年4月25日(火)-26日(水)開催

-リチウムイオン電池・排水(廃液)などからの-
レアメタルなど有価金属の回収・リサイクル技術」 セミナー!

-日程別受講可能!!-
http://www.tic-co.com/seminar/20170412.html

◆2日間受講        79,920円
  【1名につき(※受講者が4月25日と4月26日で違う場合でも可)】
◆4月25日のみ受講   49,680円
  【1名につき(同時複数人数お申込みの場合1名につき44,280円)】
◆4月26日のみ受講   49,680円
  【1名につき(同時複数人数お申込みの場合1名につき44,280円)】

※テキスト代、消費税を含む


---------------------------------------------------
457412

今回取りあげる季語は「鶯餅(うぐいすもち)」。

鶯餅は漉し餡(こしあん)を求肥(ぎゅうひ、もち米の粉に砂糖や水飴を練って加え、おもち状にした生地)で薄く楕円形に包み、左右に引っ張り整えると鶯のような形になります。それに青大豆からできた黄粉をまぶしたもの。

また、生地に蓬(よもぎ)を混ぜ、仕上げに黄粉をまぶしたものもあります。

その由来は天正十三年(1585年)、大和郡山の郡山城の城主であった豊臣秀長が、兄の豊臣秀吉をもてなす茶会に何か珍菓を作るように命ぜられ、御用菓子司であった菊屋治兵衛が餅を作り献上。

秀吉はその餅をたいそう気に入り、「以来この餅を鶯餅と名付けよ」と下賜しました。

時が経ち、いつのころからか、菊屋は城の入り口近くに店を構えていることから、「城の入り口で売っている餅」→「城之口餅(しろのくちもち)」という通称がつけられ、現在も同じ場所に店があり、販売もしています。

今回はその色と香りが鶯を思わせる春限定の餅菓子である「鶯餅」を季語に詠まれた句を選んでみました。

 

鶯餅の持重りする柔らかさ(持重り=もちおもり)
篠原温亭(しのはら おんてい) (1872-1926)

 

街の雨鶯餅がもう出たか
富安風生(とみやす ふうせい) (1885-1979)

 

手にはたくうぐひす餅のみどりの粉
高浜年尾(たかはま としお) (1900-1979)

 

からうじて鶯餅のかたちせる
桂信子(かつら のぶこ) (1914-2004)

 

うぐひす餅食ふやをみなをまじへずに
森澄雄(もり すみお) (1919-2010)

 

美しき冷えをうぐひす餅といふ
岡本眸(おかもと ひとみ) (1928-)

 

飛びたたぬやうに鶯餅はこぶ
鷹羽狩行(たかは しゅぎょう) (1930-)

 



私も詠んでみました。


白き指うぐひすもちのきなこ舐め(舐め=なめ)
白井芳雄


鶯の餅ごとこころ丸き友
白井芳雄

**********************************************************************************************************

さて、本日も4月開催セミナーをご紹介!

2017年4月25日(火)-26日(水)開催

-リチウムイオン電池・排水(廃液)などからの-
レアメタルなど有価金属の回収・リサイクル技術」 セミナー

です!
 
 
 
★本セミナーでは、4月25日にリチウムイオン電池を中心としたバッテリーから、4月26日は主に排水(廃液)からのレアメタルなど有価物回収・リサイクル技術の詳細について、斯界の最前線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。
 

●プログラム

 

1日目:4月25日(火)

Ⅰ.リチウムイオン電池からのレアメタルの分離・回収・リサイクル技術

 関西大学 名誉教授 関西大学・大阪大学非常勤講師
 芝田隼次 氏

 1.リチウムイオン電池用レアメタルの特性
 2.リチウムイオン電池用レアメタルリサイクルの技術と基礎
 3.リチウムイオン電池用レアメタルのリサイクル技術開発(事例を含む)
 4.質疑応答・名刺交換

Ⅱ.リチウムイオン電池リサイクルに寄与する固体分離技術

 稲田大学 理工学術院 創造理工学部 環境資源工学科 教授
 所 千晴 氏

 1.リサイクルプロセスにおける固体分離技術の重要性
 2.リチウムイオン電池からのコバルト濃縮フロー
 3.加熱プロセスにおけるコバルトおよびアルミニウム成分の挙動
 4.粉砕およびふるいわけによるコバルト濃縮
 5.磁選によるコバルト濃縮
 6.質疑応答・名刺交換

Ⅲ.ユミコア社におけるNi-MH/LIBリサイクル

 ユミコアジャパン(株) 貴金属・バッテリーリサイクル
 セールス&マーケティング マネージャー
 松島緯央 氏

 1.ユミコアとは?
 2.UHT炉を用いたリチウムイオン電池・ニッケル水素電池のリサイクルについて
 3.ホボケン工場について
 4.xEV用の電池パック・ディスマントリングについて
 5.質疑応答・名刺交換

Ⅳ.三菱マテリアル(株)におけるLIBリサイクルの取組み

 三菱マテリアル(株)  環境・エネルギー事業本部
 環境リサイクル事業部 循環システム推進部 部長
 藤澤龍太郎 氏

 1.三菱マテリアルにおけるリサイクル事業
 2.家電リサイクル事業から自動車リサイクルへ
 3.車載LIBのリサイクルの検討
 4.LIBリサイクルの今後
 5.質疑応答・名刺交換

Ⅴ.DOWAエコシステム(株)によるリチウムイオン電池リサイクルの取組み

 DOWAエコシステム(株) 環境ソリューション室長
 川上 智 氏

 ※講演概要が決定致しましたら、弊社ホームページにアップさせて頂きます。
 <質疑応答・名刺交換>

2日目:4月26日(水)

Ⅵ.排水(廃液)・汚泥などからのガスセンサー制御硫化物法による
      レアメタル等の効率的回収・リサイクル技術とその事例

 (株)アクアテック 代表取締役
 大西彬聰 氏

 1.新しい水処理制御技術(ガスセンサーによる液中反応制御技術)
 2.硫化水素ガスセンサー制御硫化物法(NS法)による
   レアメタル・重金属等の処理・回収・リサイクル
 3.NS法による有用金属回収と汚泥の削減
  (NEDO国家プロジェクト)
 4.質疑応答・名刺交換

Ⅶ.高機能金属吸着材の開発とレアメタル回収事例

 日本フイルコン(株) アドセップ事業推進部 課長
 加藤敏文 氏

 1.開発背景
 2.PCR型樹脂の開発
 3.樹脂焼結型カートリッジフィルターの開発
 4.AK型樹脂の開発
 5.適用事例
 6.質疑応答・名刺交換


Ⅷ.エマルションフロー法を利用した排水中有価物の回収と廃液浄化技術

 国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構
 原子力科学研究部門 先端基礎研究センター・研究主席
 長縄弘親 氏

 1.エマルションフロー法とは
 2.研究開発の背景と概要
 3.他の技術との比較(コスト、性能など)
 4.適用例(事例紹介)
 5.更なる進化・高度化
 6.今後の展望
 7.質疑応答・名刺交換

Ⅸ.めっきプラントからの排水処理とリサイクル
  ~めっき工程の水・薬品・金属の資源循環システム~

 (株)三進製作所 執行役員 管理本部 副本部長 阿部裕士 氏

 ※講演概要が決定致しましたら、弊社ホームページにアップさせて頂きます。
 <質疑応答・名刺交換>

Ⅹ.パン酵母をバイオ分離・回収剤とする使用済み電子部品、
  触媒および排水(廃液)等からのレアメタル・貴金属リサイクル技術とその事例

 大阪府立大学 大学院工学研究科
 物質・化学系専攻 化学工学分野 教授
 小西康裕 氏

 1.パン酵母とその有価金属イオン分離・回収機能
  (バイオミネラリゼーション、バイオソープション)
 2.パン酵母を封入した不織布バッグ等による貴金属・レアメタル回収
 3.使用済み電子部品および排水(廃液)からの金のバイオ分離・回収プロセス
 4.使用済み触媒および排水(廃液)からの白金族金属のバイオ分離・回収プロセス
 5.リサイクル事例の紹介
 6.質疑応答・名刺交換

Ⅺ.有価金属回収技術への大腸菌の利用

 法政大学 生命科学部 生命機能学科 教授
 法政大学 マイクロナノテクノロジー研究センター 教授
 山本兼由 氏

 1.有価金属回収における微生物利用
 2.生体分子の金属特異性
 3.生物機能の遺伝的改変-遺伝子からゲノム
 4.担体として高い汎用性をもつゲノム改変大腸菌
 5.今後の展望
 6.質疑応答・名刺交換

 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2017年4月25日(火)-26日(水)開催

-リチウムイオン電池・排水(廃液)などからの-
レアメタルなど有価金属の回収・リサイクル技術」 セミナー!


-日程別受講可能!!-
http://www.tic-co.com/seminar/20170412.html

◆2日間受講        79,920円
 【1名につき(※受講者が4月25日と4月26日で違う場合でも可)】
◆4月25日のみ受講   49,680円
  【1名につき(同時複数人数お申込みの場合1名につき44,280円)】
◆4月26日のみ受講   49,680円
  【1名につき(同時複数人数お申込みの場合1名につき44,280円)】
※テキスト代、消費税を含む


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日は白井芳雄が担当いたしました。

« 2017年4月13日(木)開催「蓄熱技術と蓄熱材の開発動向と応用」セミナーのご紹介! | トップページ | 2017年4月20日(木)・21日(金)開催「バイオマス混焼発電と木質系以外の発電燃料利用」セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354221/69828259

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年4月25日(火)・26日(水)開催「レアメタルなど有価金属の回収・リサイクル技術」セミナーのご紹介!:

« 2017年4月13日(木)開催「蓄熱技術と蓄熱材の開発動向と応用」セミナーのご紹介! | トップページ | 2017年4月20日(木)・21日(金)開催「バイオマス混焼発電と木質系以外の発電燃料利用」セミナーのご紹介! »