2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2017年8月23日(水)「ステンレス鋼の溶接技術の実際」セミナーのご紹介! | トップページ | 2017年8月22日(火)開催「水銀除去・処理・浄化・リサイクル技術」セミナーのご紹介! »

2017年7月11日 (火)

2017年8月18日(金)開催「加速試験の効率的な進め方とデータ解析・評価方法」セミナーのご紹介!

☆本日ご紹介セミナー☆

2017年8月18日(金)開催

~演習を交え解説する~
加速試験の効率的な進め方とデータ解析・評価方法」セミナー
~信頼性データ解析、信頼性設計手法、加速試験の実際(実施上の注意点)、国際標準化動向など~

※関数電卓(指数関数があれば、スマホでも可)をご持参下さいませ。

http://www.tic-co.com/seminar/20170813.html

---------------------------------------

先週の土曜日に、阪神岩屋駅から徒歩約8分、兵庫県立美術館で行われていました
「ベルギー奇想の系譜展 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」に行ってきました。
Photo_162 Photo_163
Photo_164 Photo_165

最終日の1日前という事で、まあ、会場内はすごい人の数でした。
まわりからも「こんなに混んでるとは思わなかった~」という声が聞こえてきました。
入ってすぐ長い行列で全然前に進みません。

でも一番最初に、ポスターにもなっている目玉の作品の
ヒエロニムス・ボス工房『トゥヌグダルスの幻視』が展示してあったので、
これだけは目の前で見ようと頑張って並んで見ました。
その他はいくら時間があっても足りそうになかったので人の間から覗いた感じで鑑賞。

展示の途中で、作品をわかりやすくアニメ化した映像を流しているところがあり、
小さな作品が大きく引き延ばされていた上に見どころがアップになって動き出したりしていて
とてもわかりやすくて面白かったです。
約10分のアニメーションで、できたらもう1回くらい見たかったのですが、
どんどんと人が押し寄せてきてましたので、次へ進みました。

芸術に疎い私にはボスもマグリットもヤン・ファーブルも全くわかりませんが、
けっこう楽しむ事ができました。

残念ながら兵庫県立美術館での展示は日曜日で終わってしまいましたが、
7月15日からは東京のBunkamuraザ・ミュージアムで行われるとの事です。
関係者ではありませんが、最終日近くになると混み合いますので、
早めに行かれる事をおススメします

---------------------------------------

本日も2017年8月開催のセミナーをご紹介します

2017年8月18日(金)開催

~演習を交え解説する~
加速試験の効率的な進め方とデータ解析・評価方法」セミナー
~信頼性データ解析、信頼性設計手法、加速試験の実際(実施上の注意点)、国際標準化動向など~

★製品・部品の信頼性問題は、その回収や信用回復に多大な費用を要するだけでなく、製品はもちろんのこと、企業そのものの信頼性も失われかねません。
★本セミナーでは、機器・材料・部品等の信頼性を短い時間と最適コストで確認する加速試験について、信頼性評価の考え方を始め、加速試験の効率的な進め方・実施方法とデータの解析・評価方法及び判断のポイントなどについて、実務の第一線でご活躍されていらっしゃる原田講師に演習を交え、わかりやすく解説頂きます。
※関数電卓(指数関数があれば、スマホでも可)をご持参下さいませ。   

◎講 師

 富士ゼロックスアドバンストテクノロジー(株)
 品質保証&安全環境評価部 シニアアドバイザー
 IEC国際標準化委員、IEC TC56 WG2(信頼性技法)主査    原田文明 氏
 

◎プログラム

1.信頼性の基礎概念と取り巻く環境
 1.1 品質と信頼性
 1.2 信頼性の基礎概念
 1.3 信頼性の尺度・指標
 1.4 ディペンダビリティ:Dependability(総合信頼性)の概念と背景

2.信頼性評価・試験と加速試験
 2.1 信頼性管理と設計審査の基本
 2.2 信頼性の設計・評価と試験の役割
 2.3 信頼性試験の設計
 2.4 最小の試験規模の決め方とその原理
 2.5 サンプル数の決め方(演習)
 2.6 加速試験の考え方と必要な理由
 2.7 故障物理モデル

3.信頼性データの解析方法とその読み方
 3.1 信頼性データの特徴
 3.2 信頼性で扱う分布
 3.3 寿命データの種類と解析
 3.4 寿命データの解析(ワイブル解析)(演習)
 3.5 加速試験データの解析(アレニウスモデル他)
 3.6 解析結果の見方・解釈や注意

4.加速試験の進め方と実施上の注意点
 4.1 故障率加速と寿命加速の違い
 4.2 質的な加速試験と注意点
 4.3 機器の加速試験の特徴と実際
 4.4 部品の加速試験の特徴と実際
 4.5 活用事例
 4.6 加速試験条件の決め方(演習)

5.信頼性の国際規格・標準化
 5.1 信頼性の国際規格IEC62506
 5.2 国際標準化とその動向

6.その他
 6.1 信頼性や安全に関する基本的な概念と作りこみのポイント
 6.2 再発防止の基本的なアプローチ

7.質疑応答(適宜)

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

---------------------------------------

2017年8月18日(金)開催

~演習を交え解説する~
加速試験の効率的な進め方とデータ解析・評価方法」セミナー
~信頼性データ解析、信頼性設計手法、加速試験の実際(実施上の注意点)、国際標準化動向など~

※関数電卓(指数関数があれば、スマホでも可)をご持参下さいませ。

http://www.tic-co.com/seminar/20170813.html

---------------------------------------

担当:浮田

« 2017年8月23日(水)「ステンレス鋼の溶接技術の実際」セミナーのご紹介! | トップページ | 2017年8月22日(火)開催「水銀除去・処理・浄化・リサイクル技術」セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017年8月23日(水)「ステンレス鋼の溶接技術の実際」セミナーのご紹介! | トップページ | 2017年8月22日(火)開催「水銀除去・処理・浄化・リサイクル技術」セミナーのご紹介! »