2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2017年10月12日(木)・20日(金)開催「CO2有効利用技術と人工光合成の研究開発動向」セミナーのご紹介! | トップページ | 2017年10月19日(木)開催「噴霧乾燥(スプレードライヤ)の基礎と実践」セミナーのご紹介! »

2017年9月 7日 (木)

2017年10月19日(木)開催「石炭火力発電の技術開発動向と水処理技術」セミナーのご紹介!

--------------------------------------

☆本日ご紹介セミナー☆

2017年10月19日(木)開催

 「石炭火力発電の技術開発動向と水処理技術」
                                       セミナー!
 http://www.tic-co.com/seminar/20171008.html

◆1日(Ⅰ~Ⅴ)     受講  49,680円【1名につき(※テキスト代、消費税を含む)】
 (受講者が午前と午後で異なる場合でも可)
◆午前(Ⅰ・Ⅱ)   のみ受講  32,400円【1名につき(※テキスト代、消費税を含む)】
◆午後(Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ)のみ受講  32,400円【1名につき(※テキスト代、消費税を含む)】

--------------------------------------

家の近くに、2年程前にできたイタリアンバルによく通っていまして、
先日も行ってきましたので、そのお店について、書きたいと思います。

店員さんがとても素敵で、行くたびに前回の話を覚えていて、すごいなぁと感動します。

お二人で経営していて、一人が接客兼オーナー、もう一人がお料理を作ってまして、
お料理がとっても美味しいんです。
なんとあの「ザ・リッツ・カールトン」でシェフをされていたらしく、
絶品イタリアンがたくさん!!

Photo

こちらのフォアグラも最高でした。
毎月パスタのメニューが変わり、それも楽しみの一つです。

11時からはバーとなり、お酒も「甘い感じの~」や「大人な味で~」と注文すると、
オーナーさんがオリジナルのカクテルを作ってくれます。

飲みやすいワインを出して頂けるので、
ここにきて、ワインも飲めるようになりました★
Photo_2

最近2店舗目に焼肉屋さんをオープンされたみたいなので、
近々行けたらなと思ってます。。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

本日も10月開催セミナーのご紹介!

2017年10月19日(木)開催

 「石炭火力発電の技術開発動向と水処理技術」
                               セミナーです!

★本セミナーでは、午前(プログラムⅠ、Ⅱ)にA-USC、CO2分離回収技術などを含めた
 IHIの取組み、IGCCの技術開発動向・展望について、午後(プログラムⅢ、Ⅳ、Ⅴ)は、
 石炭火力発電における各炭種の排水処理と安定運用、水処理技術の実際及び
 イオン交換樹脂に至るまで、実務の第一線でご活躍中の企業の方々に詳説頂きます。
★10/19午前(Ⅰ、Ⅱ)のみ、午後(Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ)のみのご受講も受け付けております。


●プログラム

Ⅰ.石炭火力発電の国内外最新動向とIHIの取組み


(株)IHI 資源・エネルギー・環境事業領域
ボイラSBU 基本設計部 基本計画グループ 主幹 大熊喜朋 氏


1.IHIボイラ事業の概要
2.石炭火力を取り巻く環境
3.IHIの石炭利用技術への取組み
 (1)A-USC(Advanced Ultra Super Critical)
 (2)亜瀝青炭対応技術
 (3)バイオマス混焼技術
 (4)アンモニア混焼技術
 (5)褐炭利用技術
 (6)CO2分離回収技術(化学吸収、酸素燃焼)
4.質疑応答・名刺交換



Ⅱ.IGCC高効率発電技術動向と商用転用・今後の展望


常磐共同火力(株) 勿来発電所
石炭ガス化発電事業本部 次長(発電担当) 稲葉博一 氏


1.石炭を燃料とする高効率発電技術
 (1)石炭ガス化複合発電(IGCC)
 (2)石炭ガス化燃料電池複合発電(IGFC)
2.IGCCの現状と開発状況
 (1)海外におけるIGCCの開発動向
 (2)日本におけるIGCCの開発動向
 (3)酸素吹きIGCCと空気吹きIGCCの比較
3.IGCC設備の商用転用(実証機から勿来10号機)
 (1)勿来発電所の運転状況
 (2)残された課題
4.今後の計画・展望
 (1)福島復興電源・大型IGCCの進捗状況
 (2)BATの評価
 (3)IGCCの国内外普及に向けて
5.質疑応答・名刺交換



Ⅲ.石炭火力における各炭種に対応した排水処理設備の安定運用について

東京電力フュエル&パワー(株)
技術サービス部 電源設備技術ユニット 化学技術担当 田鹿元昭 氏


1.弊社石炭火力発電所の紹介
2.石炭火力発電所の設備概要
3.石炭火力発電所の排水処理装置の概要
4.石炭火力発電所の排水処理装置不具合事例
5.質疑応答・名刺交換



Ⅳ.石炭火力発電プラントにおける水処理技術


三菱日立パワーシステムズ(株) サービス本部
長崎サービス部 技術戦略グループ 主席技師 椿崎仙市 氏


1.はじめに
2.水に起因するトラブルと対策
3.スケールトラブルと対策
4.ボイラ給水およびボイラ水処理方法
 (1)水処理に関する用語
 (2)火力発電プラント水処理の変遷
 (3)水質基準
 (4)ドラム型ボイラの水質管理
 (5)貫流ボイラの水質管理
 (6)タービン蒸気純度
5.ボイラ化学洗浄
6.今後の取り組み(水質監視&診断)
7.質疑応答・名刺交換



Ⅴ.火力発電所用イオン交換樹脂と最近の動向

三菱ケミカル(株) 環境・生活ソリューション部門
イオン交換樹脂事業部 ビジネスグループ マネジャー 合田昇史 氏


1.イオン交換樹脂概要
2.発電所とイオン交換樹脂
3.イオン交換樹脂の設計と開発の考え方
4.コンデミ用イオン交換樹脂
5.その他、トピックス
6.質疑応答・名刺交換



詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

☆本日ご紹介セミナー☆

2017年10月19日(木)開催

 「石炭火力発電の技術開発動向と水処理技術」
                                セミナー!
 http://www.tic-co.com/seminar/20171008.html

◆1日(Ⅰ~Ⅴ)     受講   49,680円【1名につき(※テキスト代、消費税を含む)】
 (受講者が午前と午後で異なる場合でも可)
◆午前(Ⅰ・Ⅱ)   のみ受講  32,400円【1名につき(※テキスト代、消費税を含む)】
◆午後(Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ)のみ受講  32,400円【1名につき(※テキスト代、消費税を含む)】

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

担当は松浦でした。

« 2017年10月12日(木)・20日(金)開催「CO2有効利用技術と人工光合成の研究開発動向」セミナーのご紹介! | トップページ | 2017年10月19日(木)開催「噴霧乾燥(スプレードライヤ)の基礎と実践」セミナーのご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2017年10月12日(木)・20日(金)開催「CO2有効利用技術と人工光合成の研究開発動向」セミナーのご紹介! | トップページ | 2017年10月19日(木)開催「噴霧乾燥(スプレードライヤ)の基礎と実践」セミナーのご紹介! »