最近の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2017年10月25日(水)開催「海外プロジェクトマネジメントの実践」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2017年10月26日(木)開催「バイオマス発電の熱利用を含めた装置・技術と実際(事例)」セミナーの再ご紹介! »

2017年10月20日 (金)

2017年10月25日(水)開催「地熱発電の導入促進に向けた支援・取組みと掘削・配管設計・小型設備など要素技術」セミナーの再ご紹介!

---------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

2017年10月25日(水)開催

 「地熱発電の導入促進に向けた支援・取組みと
  掘削・配管設計・小型設備など要素技術
」   セミナー!

 http://www.tic-co.com/seminar/20171020.html

---------------------------------------------
Pixta_5974881_m_2

今回取りあげる季語は「茸(きのこ)」。

柿や梨などの果実類とともに秋の味覚の双璧とされてきました。

晩秋、山林の湿地や木の根、朽木(くちき)などに生え、種類は多く形や色もさまざまですが、多くは傘状で裏に多数の胞子を持っています。

香りの高い松茸をはじめ、椎茸、占地(しめじ)、舞茸(まいたけ)などは風味もよく、焼いたり、煮たり、炊き込みご飯などにしても美味です。

人工栽培が可能なものは年中市場に出回っていますが、天然ものの風味と食味には及ぶべくもありません。

一方、美しい色をして陰地に生える猛毒の月夜茸(つきよたけ)や笑い茸など、日本の毒茸は10数種あるとされ、「色鮮かな茸は毒、縦に裂ける茸は食べれる」、「毒茸は美しく、食茸は地味な色をしている」との俗説は信じるな、と植物図鑑にはあります。

2014年10月24日(金)付のブログでも、「茸」を詠んだ句を選んでいますが、今回はそれ以外の句で興味深いものを選んでみました。

 

松茸の山かきわくる匂ひかな
各務支考(かがみ しこう)  (1665-1731)

 

白露の百歩に茸を拾ひけり(茸=たけ)
高井几董(たかい きとう) (1741-1789)

 

茸やく松葉くゆらせ山日和(山日和=やまびより)
杉田久女(すぎた ひさじょ) (1890-1946)

 

笑ひ茸食べて笑つてみたきかな
鈴木真砂女(すずき まさじょ) (1906-2003)

 

月夜茸山の寝息の思はるる
飯田龍太(いいだ りゅうた) (1920-2007)

 

松茸の椀のつつつと動きけり(椀=わん)
鈴木鷹夫(すずき たかお) (1928-2013)

 

舞茸をかかへて転げ落ちたると
矢島渚男(やじま なぎさお) (1935-)

 



私も詠んでみました。

 

きのこ狩り秘密の場所へ急く靴よ(急く=せく)
白井芳雄

***********************************************************************************************************

さて、本日も10月開催セミナーを再ご紹介!

2017年10月25日(水)開催

 「地熱発電の導入促進に向けた支援・取組みと
  掘削・配管設計・小型設備など要素技術
」   セミナー

です!
 

★本セミナーでは、経済産業省の地熱開発支援措置・取組みから、各種開発要素技術(地熱井の掘削、地熱発電プラントの配管設計、小型地熱発電設備)に至るまで、斯界の最前線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。

 
●プログラム
 
Ⅰ.地熱発電の導入促進に向けた経済産業省の取組について

 経済産業省 資源エネルギー庁
 資源・燃料部 政策課 課長補佐
 安原清英 氏

 世界第3位の地熱資源量を有する日本においては、再生可能エネルギーである地熱発電の導入が進められており、2030年度までに設備容量を約100万kW分増加させるという目標が掲げられている。また、地熱発電は、発電後の熱水を活用したハウス栽培など、地方創生にも資する電源として期待されている。経済産業省では、地熱発電の導入促進に向けた様々な取組を実施しており、これらの取組について紹介する。

 1.地熱発電の現状
 2.地熱発電の導入促進に向けた支援措置
 3.地域と共生した地熱開発への取組
 4.質疑応答・名刺交換
 

Ⅱ.地熱井の掘削技術
 ―坑井仕上げとトラブル事例―

 帝石削井工業(株) 代表取締役社長
 島田邦明 氏

 地熱開発を行うには、開発の各段階で坑井を掘削することが必要となり、その費用は全体開発費の3~4割になると言われている。地熱井は、試験や生産、還元等により大きな温度変化や腐食性流体にさらされる。この影響により、掘削中はもとより、掘削後に坑井トラブルが発生すると坑井の寿命を短くするだけでなく、周辺の環境破壊や人的事故が発生することがある。このトラブルを防止するためには、坑井の温度条件、採取する地熱流体等に合わせたケーシングパイプの設置やセメンチング、坑口装置の取り付け等の坑井仕上げを行うことが必要である。最後に掘削中ならびに掘削後に発生した仕上げ方法に関係するトラブル事例と対応策を説明する。

 1.地熱掘削技術概要
 2.仕上げ計画立案に必要な地下状況予測
 3.ケーシングプログラムの策定
 4.ケーシングの仕様と選択
 5.ケーシングセメンチング方法と選択
 6.坑口装置の仕様と選択
 7.仕上げ方法に関係するトラブル事例
 8.質疑応答・名刺交換
 

Ⅲ.地熱発電プラントの配管設計

 JFEエンジニアリング(株)
 エネルギー本部 発電プラント事業部
 発電プラント技術部 部長
 松村忠彦 氏

 地熱発電プラントの設備の内、今回は、生産井からタービン入口まで及び還元井までの地熱蒸気生産・熱水還元設備を対象に説明する。扱う流体は、蒸気・熱水ではあるが、地熱特有な点に焦点を当て、地熱生産井周りの配管、蒸気・熱水二相流輸送配管、飽和蒸気輸送及び飽和熱水輸送を中心に解説する。

 1.蒸気生産・熱水還元設備とは
 2.蒸気生産・熱水還元技術の概要
 3.生産井周りの配管
 4.二相流輸送配管
 5.蒸気輸送配管
 6.熱水輸送配管
 7.還元井周りの配管
 8.質疑応答・名刺交換
 

Ⅳ.地熱発電システムと小型地熱発電設備の開発機種について

 東芝エネルギーシステムズ(株)
 京浜事業所長(10/1付け)
 (前)(株)東芝 エネルギーシステムソリューション社
 火力水力機器技師長
 柴垣 徹 氏

 地熱発電システムにおけるタービンおよび発電機は、地熱特有の蒸気条件(腐食性ガス、不活性ガス)があり、火力・原子力と比較し、特殊な設計の配慮が必要である。
今回は、この腐食環境における蒸気タービンの技術的な特徴を紹介し、最近の海外における地熱プラントの紹介および今後旺盛な需要が見込まれる、小型地熱機器の開発について説明する。

 1.地熱タービンプラントの種類と特徴
 2.東芝地熱タービンの技術的特徴
 3.最近の大型地熱プラントの紹介
 4.小型地熱機器の開発機種の解説
 5.小型地熱機器の運転実績と今後
 6.質疑応答・名刺交換

 
 
詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2017年10月25日(水)開催

 「地熱発電の導入促進に向けた支援・取組みと
  掘削・配管設計・小型設備など要素技術
」   セミナー!

 http://www.tic-co.com/seminar/20171020.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日は白井芳雄が担当いたしました。

« 2017年10月25日(水)開催「海外プロジェクトマネジメントの実践」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2017年10月26日(木)開催「バイオマス発電の熱利用を含めた装置・技術と実際(事例)」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017年10月25日(水)開催「海外プロジェクトマネジメントの実践」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2017年10月26日(木)開催「バイオマス発電の熱利用を含めた装置・技術と実際(事例)」セミナーの再ご紹介! »