最近の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2017年12月13日(水)開催「貴金属の回収・リサイクル技術」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2017年12月14日(木)開催「配管設計の基礎と押さえておきたい留意事項」セミナーの再ご紹介! »

2017年12月 4日 (月)

2017年12月14日(木)開催「淡水環境における各種金属材料の腐食と防食技術の実際」セミナーの再ご紹介!

---------------------------------------------

◆本日再ご紹介セミナー◆

  2017年12月14日(木)開催

 「淡水環境における各種金属材料の腐食と防食技術の実際
~水質の差によって腐食に与える影響は定性的にどのようなものか、水質要因に注目し、それぞれの腐食の形態と防食技術について、多数の実例をもとに解説~

  http://www.tic-co.com/seminar/20171209.html

---------------------------------------------

少し前のブログで『君の名は。』のアニメーション背景美術に触れたので、
今回は日本が誇るアニメーション美術監督・山本二三さんをご紹介したいと思います!

この方が背景を手掛けた有名なアニメーション作品は
宮崎駿監督作品『天空の城ラピュタ』『もののけ姫』、
そして細田守監督作品『時をかける少女』です。

Securedownload_2

以前山本二三さんの講習会に参加した事があるのですが、
『時をかける少女』で有名な街の背景の中には
「静」と「動」が存在しているという話を聞きました。
閑散とした街の中に時が流れている事をあらわす踏切と雲。
そして影と光などで左側が「静」右側が「動」と汲み取る事が出来ます。
また、ボリューム感がある積乱雲のような描写は「二三雲」と呼ばれていて
山本二三さんにとって代表的な手法だそうです。

Securedownloffad_2

私は特にこの『もののけ姫』の背景美術が好きです。
(『もののけ姫』の舞台は屋久島がモデルになっているそうです。)

Securedofwnload
そして所持している本はサイン入りなのですが、
これが山本二三さんのサインです!

神戸で開催された『山本二三展』にも足を運んだ事がありますが、
間近でみた作品はどれも線が隅々まで細かく、とても美しい芸術作品でした。
その際にもポストカードを購入してしまいました。

Securedownlhhoad

次は山本二三さんのどんな作品に出会えるかとても楽しみです

---------------------------------------------

さて、本日も12月開催セミナーを再ご紹介!

2017年12月14日(木)開催

 「淡水環境における各種金属材料の腐食と防食技術の実際」
~水質の差によって腐食に与える影響は定性的にどのようなものか、水質要因に注目し、それぞれの腐食の形態と防食技術について、多数の実例をもとに解説~

★淡水中における日本の腐食の第一人者より、約400枚のカラーppt(テキスト)を用い、わかりやすく解説頂きます。
 現在問題になっているRO処理水の腐食についても解説致します。

●講 師

中島技術研究所 代表   中島博志 氏

●プログラム

Ⅰ.電気化学反応としての腐食

 1.両極の電位差
 2.環境抵抗
 3.両極の面積比

Ⅱ.腐食の種類と形態

 1.全面腐食と局部腐食
 2.材料の淡水中での腐食に対する認識
 3.全面腐食と局部腐食(pHd :脱不動態化pH)
 4.局部腐食
  1)孔食
  2)応力腐食割れ
  3)すきま腐食
  4)潰食
  5)その他
   ①脱成分腐食
    黄銅の脱亜鉛腐食
    鋳鉄の黒鉛化腐食
   ②電縫鋼管の溝状腐食
   ③銅管の蟻の巣状腐食

Ⅲ.腐食と水質

 1.濃縮と水質変化のメカニズム
  1)水の濃縮ⅠⅡⅢⅣ
  2)水中の炭酸平衡
  3)水中で成立する方程式
 2.炭素鋼の淡水中での腐食
  1)蒸気ドレン管の腐食
  2)同じ金属上に形成されるマクロセル腐食
  3)環境差によるマクロセル腐食
  4)鋼管の外面腐食
  5)亜鉛めっき鋼管の外面腐食
 3.銅の淡水中での腐食
  1)孔食
  2)潰食
 4.亜鉛の淡水中での腐食
  ・亜鉛めっき鋼管の孔食

Ⅳ.水質の基礎

 1.水質をどのように認識するか
 2.水質分析結果をどう把握するか
 3.pHは何故変化するか
 4.溶存酸素は何故変化するか
 5.硬度成分は何故変化するか
 6.シリカは何故変化するか
 7.Mアルカリ度は何故変化するか
 8.遊離炭酸は何故変化するか
 9.塩化物イオンは何故変化するか
 10.硫酸イオンは何故変化するか
 11.アンモニウムイオンは何故変化するか
 12.冷却水系のマテリアルバランス
 13.ボイラーのマテリアルフロー

Ⅴ.地中埋設管の腐食

Ⅵ.淡水中の銅の腐食

 1.銅Ⅰ型孔食
  1)空調銅コイル
  2)氷蓄熱銅コイル
  3)給水銅管
 2.銅コイルの材料要因
 3.アリの巣状腐食

Ⅶ.淡水中における微生物腐食

Ⅷ.RO処理水道水の腐食

Ⅸ.建築設備の腐食

Ⅹ.質疑応答(適宜)

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

  2017年12月14日(木)開催

 「淡水環境における各種金属材料の腐食と防食技術の実際
~水質の差によって腐食に与える影響は定性的にどのようなものか、水質要因に注目し、それぞれの腐食の形態と防食技術について、多数の実例をもとに解説~

  http://www.tic-co.com/seminar/20171209.html

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

担当は阪口でした。

« 2017年12月13日(水)開催「貴金属の回収・リサイクル技術」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2017年12月14日(木)開催「配管設計の基礎と押さえておきたい留意事項」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017年12月13日(水)開催「貴金属の回収・リサイクル技術」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2017年12月14日(木)開催「配管設計の基礎と押さえておきたい留意事項」セミナーの再ご紹介! »