2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2018年2月15日(木)開催「LNG燃料船とLNG船などに関する最新動向と取組み」セミナーのご紹介! | トップページ | 2018年2月7日(水)開催「MBR(膜分離活性汚泥法)+ROシステムの設計法と膜目詰まり(ファウリング)対策」セミナーの再ご紹介! »

2018年1月29日 (月)

2018年2月7日(水)開催「ステンレス鋼の選び方・使い方とトラブル対策」セミナーの再ご紹介!

------------------------------------------

☆本日再ご紹介セミナー☆

2018年2月7日(水)開催

         ~耐食性を中心とした~
    「ステンレス鋼の選び方・使い方とトラブル対策」セミナー!
-受講者の事前ご質問・ご要望に可能な限り対応、個別相談付- 

http://www.tic-co.com/seminar/20180203.html

------------------------------------------

Mom151117501481_tp_v

ヴァイオリンを習っています。それも十二分に大人になってから。

子供の頃は全く興味がありませんでしたが、ある日CMに流れていた曲が気に入り人生初めてヴァイオリン
というものに興味を持つようになりました。最初はその曲に、曲名がわかれば音色の美しさに魅せられて、
弾いてみたいという衝動に駆られたのです。

が、習うとなると楽器を買わねばなりません。一式買うとなるとウン十万円はかかりそう。
買って習ってはみたものの向いてないからヤーメタなんてことになればあまりにも勿体ない!
お料理やお花なら家族の為にもなるのにヴァイオリンは…と考えると思いきりがつきません。
しかし、甥っ子が持っていた小さなヴァイオリンに触れたら、木だけで出来ている美しく
繊細なフォルムにますます心を動かされます。某教室が3ヶ月間楽器を貸してくれるというのを知り、
今始めないと一生後悔する!と思いきった時はあの曲を聴いた日から5年経っていました。

3ヶ月後、幸か不幸かヴァイオリンを買う羽目にはなりました。向いているかどうかは別にして、
楽しくてやめられそうにありません。家での練習はご近所迷惑ですし、いまだに人にお聞かせ出来るような
状態ではありませんが、練習中は無心になれて私自身の心の安定を助けてくれるので、
間接的ではありますが家族の役にもたっていると密かに思っています。
夫はなんでヴァイオリンなんか弾きたがるのか分からないようですが、特に文句も言わずにいてくれるのはありがたいです。

それにしても大人になってからの指は動きません。もっと早く始めれば良かったとばかり思います。

皆さんもやりたい時が始め時! 今年こそ密かな願いを叶えてみられてはいかがですか!?

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

さて、本日は2月開催セミナーの再ご紹介!

2018年2月7日(水)開催

                   ~耐食性を中心とした~
         「ステンレス鋼の選び方・使い方とトラブル対策」セミナー
-受講者の事前ご質問・ご要望に可能な限り対応、個別相談付-

★弊社主催で6年連続開催している好評のセミナー(事前質問も受け付けております)。
★各種ステンレス鋼の特性を始め、耐食性評価法と使用条件・各環境に合った選び方・使い方のポイント、又、ステンレス鋼特有の腐食トラブル・水素脆化とその対策について、実務の第一線でご活躍中の小林講師に詳しく解説頂きます!

◎講 師

 日本冶金工業(株)
 ソリューション営業部 次長     小林 裕 氏

◎受講対象

ステンレス鋼を用いたプラント・装置及び部品メーカー、エンジニアリング会社などのエンジニア・設計・技術・研究・施設・工務・設備保全ご担当者ならびに、ステンレス鋼の耐食性にご関心のある技術者・管理者の方々。

◎予備知識

上記対象者であれば専門知識は特に必要ございません。

◎習得知識

・ステンレス鋼の腐食の原理
・ステンレス鋼の種類と特徴
・ステンレス鋼の腐食の種類とその発生メカニズム
・各種環境におけるステンレス鋼の耐食性と適用事例
・ステンレス鋼の腐食事例とその対策
・ステンレス鋼の腐食試験方法
・ステンレス鋼の水素脆化と対策

◎講師の言葉

100年前にステンレス鋼が発明されて以来、様々な種類のステンレス鋼が開発されてきた。その優れた耐食性や機械特性により世界的に使用量は増加しているが、材料の選択や使い方を誤ると腐食や割れ等の損傷に至ることがある。ここでは耐食性を中心としたステンレス鋼の適切な選び方・使い方を理解するために、ステンレス鋼の種類と特徴、腐食の種類とそのメカニズム、種々の環境における各種ステンレス鋼の耐食性、および腐食事例と対策について平易に解説する。更には近年注目を集めているエネルギー分野(水素, LNG等)に関わるステンレス鋼の問題(水素脆化)と対策についても解説する。

◎プログラム

Ⅰ.ステンレス鋼の概要と耐食性

  1.ステンレス鋼の定義と歴史
 2.生産量と規格
 3.腐食機構
 4.防食法

Ⅱ.ステンレス鋼の種類と特性

 1.ステンレス鋼の種類と特徴
  ~化学成分、用途例を含めて~
  (1)マルテンサイト系
  (2)フェライト系
  (3)オーステナイト系
  (4)二相系
  (5)析出硬化型
  (6)スーパーステンレス鋼
 2.ステンレス鋼の性質
  (1)基本特性 ~機械的性質~
  (2)耐食性 ~不働態皮膜とその安定性~
  (3)腐食形態とメカニズム
   ①湿食腐食【全面腐食・局部腐食(孔食、すきま腐食、応力腐食割れ、粒界腐食、微生物腐食、大気腐食)】
   ②乾食腐食【酸化、水蒸気酸化、硫化、塩化、浸炭、窒化、溶融塩腐食】
  (4)水素脆化現象

Ⅲ.ステンレス鋼の選び方・使い方のポイント

 1.使用条件に応じたステンレス鋼の選び方・使い方のポイント
  (0)ステンレス鋼(JIS規格鋼種)の選び方
  (1)耐酸用ステンレス鋼
  (2)耐孔食性・耐すきま腐食性ステンレス鋼
  (3)耐応力腐食割れ性ステンレス鋼
  (4)耐水素用ステンレス鋼
  (5)温水用ステンレス鋼
  (6)高温用ステンレス鋼
  (7)高強度用ステンレス鋼
 2.ステンレス鋼の耐食性評価法とポイント
  (0)JISで規格される腐食試験方法
  (1)浸漬試験 ~各種試験方法と判定方法~
  (2)実環境暴露試験
  (3)電気化学的測定
 3.各環境でのステンレス鋼の選び方・使い方のポイント
  (1)酸性環境 ~排煙脱硫装置等環境プラント、各種排ガス浄化装置など~
  (2)大気環境 ~建築外装・金属屋根、車両など~
  (3)水・高温水環境 ~上・下水設備から温水器まで~
  (4)海水環境 ~海洋構造物、海水淡水化装置、製塩装置など~
  (5)極低温から高温環境 ~LNG、乾燥炉、熱処理炉~
  (6)化学環境 ~各種化学プラント~
  (7)各種廃棄物処理環境 ~ごみ焼却、廃プラスチック、廃木材処理設備など~

Ⅳ.ステンレス鋼の腐食メカニズムとトラブル対策

 1.ステンレス鋼の腐食に及ぼす金属学的因子
 2.ステンレス鋼の溶接接合と耐食性
 3.ステンレス鋼の二次加工と耐食性
 4.腐食形態とトラブル対策の実際

  (1)全面腐食
  (2)局部腐食 ~孔食、すきま腐食、粒界腐食、応力腐食割れ、微生物腐食など~
  (3)高温腐食 ~浸炭、バナジウムアタックなど~
  (4)さび
  (5)腐食事故材の腐食原因調査事例
 5.ステンレス鋼の水素脆化トラブルと防止対策

Ⅴ.質疑応答

※参考資料として【過去の質問とその資料】
(水中にあるステンレス鋼に発生する隙間腐食対策として用いられるインヒビター(腐食抑制剤)の役割を電気化学的に知りたい。)を配布します。

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2018年2月7日(水)開催

                   ~耐食性を中心とした~
         「ステンレス鋼の選び方・使い方とトラブル対策」セミナー
-受講者の事前ご質問・ご要望に可能な限り対応、個別相談付-

http://www.tic-co.com/seminar/20180203.html

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

担当は森でした。

« 2018年2月15日(木)開催「LNG燃料船とLNG船などに関する最新動向と取組み」セミナーのご紹介! | トップページ | 2018年2月7日(水)開催「MBR(膜分離活性汚泥法)+ROシステムの設計法と膜目詰まり(ファウリング)対策」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2018年2月15日(木)開催「LNG燃料船とLNG船などに関する最新動向と取組み」セミナーのご紹介! | トップページ | 2018年2月7日(水)開催「MBR(膜分離活性汚泥法)+ROシステムの設計法と膜目詰まり(ファウリング)対策」セミナーの再ご紹介! »