最近の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2018年8月21日(火)開催「漏れのメカニズムとシールの正しい使い方及びトラブル対策 」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2018年8月21日(火)・29日(水)開催「クリープ・高温疲労損傷事例と高温強度・余寿命評価への適用技術およびプラント・装置における高温腐食の事例と対策技術の実際」セミナーの再ご紹介! »

2018年7月19日 (木)

2018年8月21日(火)開催「低炭素発電技術と事業動向」セミナーの再ご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

2018年8月21日(火)開催

-アンモニア利用発電、水素発電、超臨界CO2サイクルなど-
「低炭素発電技術と事業動向」セミナー
~IHI、日揮、千代田化工建設、三菱日立パワーシステムズ、
 川崎重工業、東芝エネルギーシステムズの識者ご登壇~

http://www.tic-co.com/seminar/20180811.html

午前のみ午後のみの受講も可能です!!

 ◆1日受講(Ⅰ~Ⅵ部)  49,680円
 (※受講者が午前と午後で異なる場合でも可)
 ◆午前(Ⅰ・Ⅱ部)のみ受講  27,000円
 ◆午後(Ⅲ~Ⅵ部)のみ受講  39,960円
 ※上記全て1名につき(※テキスト代、消費税を含む)

 

-------------------------------------------------

さて、本日も8月開催セミナーを再ご紹介です!

2018年8月21日(火)開催

-アンモニア利用発電、水素発電、超臨界CO2サイクルなど-
「低炭素発電技術と事業動向」セミナー
~IHI、日揮、千代田化工建設、三菱日立パワーシステムズ、
 川崎重工業、東芝エネルギーシステムズの識者ご登壇~

 

★本セミナーでは、午前(Ⅰ・Ⅱ)にアンモニアによる発電及び関連要素技術とその開発動向、
 午後(Ⅲ~Ⅵ)は混焼・専焼・コージェネを含めた水素発電に関する各社の取組み、更には
 超臨界CO2サイクル発電について、斯界の最前線でご活躍中の企業の方々より詳説頂きます。

 

●プログラム
 
Ⅰ.低炭素社会に向けたアンモニア利用発電技術開発

 
株式会社IHI
資源・エネルギー・環境事業領域 事業開発部 主幹
須田俊之 氏
 
 1.水素キャリアとしてのアンモニアの特徴
 2.アンモニアを燃料として利用する場合の課題
 3.ボイラ,ガスタービン,SOFCでの利用技術開発
 4.今後の取り組み
 5.質疑応答・名刺交換
 
 
Ⅱ.CO2フリー発電の実現に向けたアンモニアサプライチェーンに関する
  日揮の取組み
 ~CO2フリー水素利用アンモニア合成システムの開発~

 
日揮株式会社
プロセステクノロジー本部 技術イノベーションセンター
技術研究所長
藤村 靖 氏
 
 1.エネルギーキャリアとしてのアンモニアの利点
 2.CO2フリーアンモニアのサプライチェーンの将来像
 3.CO2フリーアンモニア製造技術開発と実証試験
 4.CO2フリーアンモニアを用いた発電コストとLCA
 5.今後の展望
 6.質疑応答・名刺交換
 
 
Ⅲ.水素の大規模貯蔵輸送技術と水素発電への取組み
 
千代田化工建設株式会社
地球環境プロジェクト事業本部
技術開発部兼水素チェーン事業推進部 技師長
岡田佳巳 氏
 
 1.SPERA水素システム
 2.国際水素サプライチェーン実証
 3.水素基本戦略における水素発電の概要
 4.各利用分野における水素利用の展望
 5.質疑応答・名刺交換
 
 
Ⅳ.ガスタービンにおける水素エネルギー利用の取組みと展望
 
三菱日立パワーシステムズ株式会社
ターボマシナリー本部 ガスタービン技術総括部
大型ガスタービン技術部 技監・主幹技師
谷村 聡 氏
 
 1.三菱日立パワーシステムズの紹介
 2.発電とガスタービンについて
  (1)ガスタービンの歴史
  (2)発電システムと効率
 3.ガスタービンにおける水素利用について
  (1)水素社会の実現に向けて
  (2)水素利用ガスタービン
  (3)燃焼器の開発
  (4)海外プロジェクトの取組み
 4.質疑応答・名刺交換
 
 
Ⅴ.水素燃料に対応する燃焼技術とガスタービン開発状況
 ~世界初の水素コージェネレーション実証などを含めて~

 
川崎重工業株式会社
技術研究所 熱システム研究部 研究一課 基幹職
堀川敦史 氏
 
 1.水素利用への動き
  (1)液体水素サプライチェーンのコンセプト
  (2)水素インフラ技術概要と水素ガスタービン
 2.水素燃料に対応する燃焼技術とガスタービン開発状況
  (1)水素利用時の技術課題
  (2)水素混焼追焚き方式とエンジン実証
  (3)水素専焼(水噴射低NOx化)と発電実証
  (4)水素専焼ドライ低NOx燃焼技術の開発状況
 3.質疑応答・名刺交換
 
 
Ⅵ.超臨界CO2サイクル発電システムの開発動向
 ~世界初のCO2の100%回収が可能な発電システム~

 
東芝エネルギーシステムズ株式会社
火力・水力事業部 火力コンバインドサイクル技術部
コンバインドサイクル建設担当
高橋武雄 氏
 
 1.超臨界CO2と超臨界CO2を作動媒体とする発電システム
 2.直接燃焼方式超臨界CO2サイクルの特徴
 3.開発のポイントと開発状況
 4.今後の展望
 5.質疑応答・名刺交換

 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

 

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

 

2018年8月21日(火)開催

-アンモニア利用発電、水素発電、超臨界CO2サイクルなど-
「低炭素発電技術と事業動向」セミナー
~IHI、日揮、千代田化工建設、三菱日立パワーシステムズ、
 川崎重工業、東芝エネルギーシステムズの識者ご登壇~

http://www.tic-co.com/seminar/20180811.html

 

午前のみ午後のみの受講も可能です!!

 ◆1日受講(Ⅰ~Ⅵ部)  49,680円
 (※受講者が午前と午後で異なる場合でも可)
 ◆午前(Ⅰ・Ⅱ部)のみ受講  27,000円
 ◆午後(Ⅲ~Ⅵ部)のみ受講  39,960円
 ※上記全て1名につき(※テキスト代、消費税を含む)

 

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

担当は関でした。

« 2018年8月21日(火)開催「漏れのメカニズムとシールの正しい使い方及びトラブル対策 」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2018年8月21日(火)・29日(水)開催「クリープ・高温疲労損傷事例と高温強度・余寿命評価への適用技術およびプラント・装置における高温腐食の事例と対策技術の実際」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2018年8月21日(火)開催「漏れのメカニズムとシールの正しい使い方及びトラブル対策 」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2018年8月21日(火)・29日(水)開催「クリープ・高温疲労損傷事例と高温強度・余寿命評価への適用技術およびプラント・装置における高温腐食の事例と対策技術の実際」セミナーの再ご紹介! »