2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2018年10月16日(火)開催「海事・船舶におけるデジタライゼーションへの取組みと技術の動向」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2018年10月17日(水)開催「リチウムイオン電池(LIB)におけるバッテリーマネジメントシステム(BMS)設計の要点 」セミナーの再ご紹介! »

2018年9月28日 (金)

2018年10月16日(火)開催「バイオマス発電の燃料に関する技術と事業動向」セミナーの再ご紹介!

---------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆

2018年10月16日(火)開催

バイオマス発電の燃料に関する技術と事業動向」 セミナー

 http://www.tic-co.com/seminar/20181017.html

---------------------------------------------
746657a946255726101fbdf32978fab2_m
 
今回取りあげる季語は「燕帰る(つばめかえる)」「帰燕(きえん)」「秋燕(あきつばめ、しゅうえん)」。

春に南の国から渡ってきた燕は建物の軒下などに巣をつくり、ひなを育てます。

燕は空中で昆虫などを捕らえて餌とし、稲などの穀物を食い荒らすこともないので、人家につくる巣も幸運の印として大切にされます。

7月ころ、子どもたちが巣立つと、川べりのあし原などに移り住んで集団生活をはじめます。

そして秋の涼しさがますころ、高く澄んだ空の下、群れをなして南に帰って行きます。

「燕去月(つばめさりづき)」は陰暦8月の別名です。

この時期の燕は夏から秋への移ろいを強く感じさせてくれる鳥です。

そして、燕と入れかわるように白鳥や鶴、雁(かり)などの冬鳥がやってきます。

今回はそんな仲秋の季語「燕帰る」「帰燕」「秋燕」を詠んだ句を選んでみました。

 

乙鳥は妻子揃うて帰るなり(乙鳥=つばくら)
小林一茶(こばやし いっさ) (1763-1828)

 

高浪にかくるる秋のつばめかな
飯田蛇笏(いいだ だこつ) (1885-1962)

 

帰燕いそいそ羽づくろひ羽づくろひ
山口青邨(やまぐち せいそん) (1892-1988)

 

身をほそめとぶ帰燕あり月の空
川端茅舎(かわばた ぼうしゃ) (1897-1941)

 

去ぬ燕打ちあげられし藻に休む(去る=いぬ)
細見綾子(ほそみ あやこ) (1907-1997)

 

燕帰るわたしも帰る並みの家
金子兜太(かねこ とうた) (1919-2018)

 

旋回のやがてまつすぐ燕去る
鷹羽狩行(たかは しゅぎょう) (1930-)

 



私も詠んでみました。

 

碧さます枯木灘越え去ぬ燕(碧さ=あおさ)
白井芳雄
 

お知らせです。

毎週金曜日にブログを担当してまいりましたが、10月より白井芳雄の担当は第2と第4金曜の月2回にさせていただきます。

今後ともよろしくご愛読のほどお願い申し上げます。

***********************************************************************************************************
 
さて、本日も10月開催セミナーを再ご紹介!

2018年10月16日(火)開催

バイオマス発電の燃料に関する技術と事業動向」 セミナー

です!
 

★本セミナーでは、輸入バイオマス燃料(PKS、EFB、パーム油等)の動向から、バイオマス発電用燃料の分析方法、PKS・EFBなどを含めた循環流動層ボイラからみた利用技術、パームトランク燃料化技術、又、油脂系バイオマスの燃料利用と事業性評価について、斯界の最前線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。

 
●プログラム
 
Ⅰ.バイオマス発電プラントの輸入バイオマス燃料動向と導入見通し

  (株)FTカーボン 代表取締役 富士昌孝 氏
 
 今後、バイオマス発電所において利用拡大が見込まれる輸入バイオマス燃料(PKS、EFB、パーム油等)の動向について、ご紹介する。

  1.利用拡大が見込まれる輸入バイオマス燃料
 2.パーム油とその残さ
 3.日本の木質バイオマス発電の動向
 4.従来の木質バイオマス発電との違い
 5.バイオマス燃料の輸入動向
 6.輸入バイオマス燃料の留意点
 7.質疑応答・名刺交換
 

Ⅱ.バイオマス発電用燃料分析方法

  (株)IHI検査計測
 計測事業部 化学・環境部 課長 知惠賢二郎 氏

 
 バイオマス燃料は石炭の場合と異なり分析方法が規格・手順化されておらず、石炭と同様の分析方法を用いた場合に正確な値が得られないことがある。本セミナーではバイオマス燃料の灰化前処理を含めた分析・評価方法を紹介する。また溶融性、燃焼性についてバイオマスの特徴を紹介する。

  1.バイオマス(木質)と石炭の違い
 2.バイオマス灰の分析方法
  (1)バイオマス灰の特徴
  (2)灰化条件について
  (3)灰化条件と灰組成の関係
  (4)追加すべき分析項目
 3.溶融性の特徴 ~高温加熱顕微鏡による連続観察~
 4.燃焼性の特徴 ~燃焼速度の把握~
 5.質疑応答・名刺交換
 

Ⅲ.メーカーから見たバイオマス燃料利用技術

  JFEエンジニアリング(株)
 エネルギー本部 主席(ボイラ) 山本晃司 氏

 
 1.循環流動層燃焼の原理と特性
 2.循環流動層(CFB)ボイラからみたバイオマス燃料の専焼および混焼の留意点
  ~木質系バイオマス、パームヤシ殻(PKS)、パーム椰子空果房(EFB)、
   石炭、廃プラスチックなど~
 3.汽力発電の留意点
 4.実施事例紹介
 5.質疑応答・名刺交換
 

 Ⅳ.オイルパームトランク(OPT)燃料化技術の開発
 ~高性能搾汁機の開発と発電所向けペレット製造等への応用~

  新日鉄住金エンジニアリング(株)
 ソリューション共創センター
 バイオマス事業推進部 商品技術室 室長 西 猛 氏

 
 1.新型搾汁機の概要と特徴
 2.パームトランク燃料化技術
  (1)技術概要
  (2)実証試験結果
  (3)今後の展開
 3.考えられる応用例
 4.質疑応答・名刺交換
 

Ⅴ.油脂系バイオマスの燃料利用と事業性評価

  一般財団法人 電力中央研究所
 環境科学研究所 環境化学領域 上席研究員 土屋陽子 氏

 
 油脂系バイオ燃料を対象に、新たな油脂抽出技術や油脂のディーゼルエンジンへの適用性、さらに原料調達から利用までを考慮したLCA評価の概要について紹介する。

  1.油脂系バイオ燃料の概要
 2.バイオ燃料利用のLCA評価
 3.油脂の燃料利用
  (1)ディーゼルエンジンへの適用性
  (2)搾油残渣の燃料利用
 4.油脂抽出技術の開発
 5.質疑応答・名刺交換

 
詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓
 
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2018年10月16日(火)開催

バイオマス発電の燃料に関する技術と事業動向」 セミナー

 http://www.tic-co.com/seminar/20181017.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
 
本日は白井芳雄が担当いたしました。

« 2018年10月16日(火)開催「海事・船舶におけるデジタライゼーションへの取組みと技術の動向」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2018年10月17日(水)開催「リチウムイオン電池(LIB)におけるバッテリーマネジメントシステム(BMS)設計の要点 」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354221/74276985

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年10月16日(火)開催「バイオマス発電の燃料に関する技術と事業動向」セミナーの再ご紹介!:

« 2018年10月16日(火)開催「海事・船舶におけるデジタライゼーションへの取組みと技術の動向」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2018年10月17日(水)開催「リチウムイオン電池(LIB)におけるバッテリーマネジメントシステム(BMS)設計の要点 」セミナーの再ご紹介! »