2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2018年12月19日(水)開催「シーケンサー(PLC)制御の基礎から実務への活用法」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2018年12月20日(木)開催「植物工場の事業展開・技術開発と取組み・展望」セミナー再ご紹介! »

2018年12月 5日 (水)

2018年12月20日(木)開催「活性炭の技術開発動向・最適設計・利用・再生技術」セミナーの再ご紹介!

--------------------------------------

☆本日再ご紹介セミナー☆

2018年12月20日(木)開催

 「活性炭の技術開発動向・最適設計・利用・再生技術」セミナー!

http://www.tic-co.com/seminar/20181204.html

--------------------------------------

先日、大阪市立美術館へ『ルーヴル美術館展』を観に行ってきました。

3_2


駅構内のポスターを見ると絵画が多いのかと思いきや、
彫刻の方が多いではないですか!?
入場すると彫刻がずらりと飾られていて、
「テルマエ・ロマエ」が無性に観たくなってしまいました。

私は美術が全体的に好きですが、彫刻は何故か苦手で...。
ですが今回、興味をそそられた彫刻がありまして、
そのポストカードもお買いあげ。

Photo

堅い物質で、あのふんわり感を表現した彫りに
ザワザワしてしまいました。

1  4_2



実は、大阪市立美術館の内装が意外とお気に入りなので、
受付の人に撮影許可を頂いてから、バシバシ撮りました。

2  5_2

6_6


大満足でルーヴル美術館展を後にしたわけですが、
美術館の全景を撮るのを忘れてしまった私です。



*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

さて、本日も12月開催セミナーを再ご紹介!

2018年12月20日(木)開催

 「活性炭の技術開発動向・最適設計・利用・再生技術」セミナー!

http://www.tic-co.com/seminar/20181204.html



【プログラム】

 Ⅰ.活性炭の技術開発動向

   ◎講 師  京都大学 名誉教授
           工学博士          田門 肇 氏

  1.活性炭の特性と最近の開発動向
  (1)活性炭の種類と特性
    ①粉末活性炭
    ②粒状活性炭
    ③繊維状活性炭
    ④ハニカム状活性炭
    ⑤その他の機能性活性炭
  (2)用途に合った活性炭の選定
    ①吸着特性の指標と支配因子
    ②表面特性と細孔特性を考慮した選定
  (3)最近の開発動向
    ①活性炭開発の動き
    ②活性炭設計の考え方
    ③カーボンゲルの作製と応用
     ~メソ細孔性炭素、ナノ構造とモルフォロジー制御、
      リチウムイオン電池用材料、電気二重層キャパシタ用材料~

 2.活性炭への吸着と吸着操作のポイント
  (1)活性炭の吸着特性の評価
    ①吸着相互作用
    ②吸着平衡
    ③吸着速度
    ④破過特性
  (2)活性炭の吸着操作のポイント
    ①回分吸着装置
    ②固定層吸着装置
    ③流動層吸着装置
    ④移動層吸着装置

 3.活性炭の効率的な再生とコスト低減策
  (1)活性炭の再生法の特徴と比較
    ①減圧再生(PSA操作)
    ②加熱再生(TSA操作)
    ③水蒸気脱着
    ④薬液再生(溶媒再生、酸・アルカリ再生)
    ⑤生物再生
  (2)再生による活性炭の変化と吸着効率低下の防止策
    ①再生による活性炭の表面化学構造の変化
    ②繰り返し再生の影響
    ③吸着効率低下の防止策
  (3)効率の良い再生によるコスト低減策

 4.廃棄物を原料とした活性炭の製造と利用について
   ~吸着性能の向上と用途開発~
  (1)各種廃棄物を原料とした活性炭の製造法
  (2)廃棄物を原料とした活性炭の利用法
    ~性能に応じた用途開発のポイント(液相吸着、気相吸着)~

 5.質疑応答・名刺交換

 ※途中、お昼休みを50分程度取らせて頂きます。

 

Ⅱ.活性炭の最適設計と利用技術 

    ◎講 師  株式会社クラレ
            炭素材料事業部 事業部長補佐
            市場開発部長
            日本吸着学会 副会長   大塚清人 氏

 1.活性炭の種類と特徴

 2.活性炭の性質と最適設計及び開発動向
  (1)活性炭の細孔分布と特性
  (2)活性炭の細孔と用途との関係
    ・活性炭における吸着現象について
    ・分子の大きさと吸着される細孔のサイズ
    ・吸着される分子の大きさと、最適な細孔のサイズ
    ・細孔分布の最適設計
    ・活性炭を用いた吸着操作の解析と設計
  (3)活性炭の最近の研究開発動向

 3.活性炭の各用途における詳細説明
   ~活性炭に要求される特性と利用のポイント~
  (1)気相用活性炭
    ~悪臭物質と、その吸着に最適な活性炭。
     および、有機溶剤の除去、排ガス処理などについて~
  (2)液相用活性炭
    ~液相での除去対象物質と、その吸着に最適な活性炭について~
  (3)エネルギー貯蔵用活性炭
    ~活性炭を用いたエネルギー貯蔵技術。
     および、エネルギー貯蔵用に最適な活性炭について~
  (4)その他の活性炭
    ~金属吸着用活性および、分子篩炭について~

 4.活性炭の効率的な再生とコスト低減策

 5.質疑応答・名刺交換

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

2018年12月20日(木)開催

 「活性炭の技術開発動向・最適設計・利用・再生技術」セミナー!

http://www.tic-co.com/seminar/20181204.html

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

担当:山口

« 2018年12月19日(水)開催「シーケンサー(PLC)制御の基礎から実務への活用法」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2018年12月20日(木)開催「植物工場の事業展開・技術開発と取組み・展望」セミナー再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354221/74670194

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年12月20日(木)開催「活性炭の技術開発動向・最適設計・利用・再生技術」セミナーの再ご紹介!:

« 2018年12月19日(水)開催「シーケンサー(PLC)制御の基礎から実務への活用法」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2018年12月20日(木)開催「植物工場の事業展開・技術開発と取組み・展望」セミナー再ご紹介! »