最近の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2019年2月8日(金)開催「熱交換器による低~中温度域を含めた排熱・排汚水熱・燃焼排気の回収技術と実際」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2019年2月14日(木)開催「世界の防爆規格・認証の最新動向と取得対応・計装設計」セミナーの再ご紹介! »

2019年2月 4日 (月)

2019年2月8日(金)開催「リチウムイオン電池などのリサイクル技術とLIB構成材料メタルの動向」セミナーの再ご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆
 
2019年2月8日(金)開催
 
「リチウムイオン電池などのリサイクル技術とLIB構成材料メタルの動向」セミナー

 
http://www.tic-co.com/seminar/20190219.html
 
-------------------------------------------------
昨日は節分でした。
 
Img0615
 
「恵方巻1本買ってきて~」とお願いしたら
「選びきれなくてしめサバの恵方巻1本と海鮮系のハーフ2本買っちゃった…」とのこと。
 
さらにおすそわけでエビカツ巻きをいただき、合計4本に…。
我が家は2人ですし、イワシのうま煮と福豆も用意していたので
食べきれるか少し心配でしたが、ぺろりと完食してしまいました
 
臭いが気になるので柊鰯を飾るのは断念し、
後片付けが面倒なので豆まきはせず、恵方を向いて丸かぶり…もしませんでしたが、
こういったものを食べるだけで気分を味わうことができました。
 
ただやはり…恵方巻は控えめくらいがいいですね
来年からは気を付けようと思います。
-------------------------------------------------
 
さて、本日も2月開催セミナーを再ご紹介です!
 
2019年2月8日(金)開催
 
「リチウムイオン電池などのリサイクル技術とLIB構成材料メタルの動向」セミナー
 
 
★本セミナーでは、リチウムイオン電池(LIB)構成材料のレアメタル・ベースメタルの動向から、LIBリサイクル技術の現状
 と最近の開発動向・課題、リユースを含めた社会システム・技術開発の方向性ならびに、セメント製造プロセス・ゲル状
 化合物を利用したリチウムイオン電池リサイクル技術、更には廃棄物を出さない画期的なレアメタルリサイクル技術に
 至るまで、斯界の最前線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます!!
 
 
●プログラム
  
Ⅰ.電池材料のレアメタル、ベースメタル動向と現実的な未来予想

 
アイアールユニバース株式会社
代表取締役社長
棚町裕次 氏
 
 世界的なEVブームに伴うLIBの需要も大幅な増加が予想されているなか、2017年~2018年夏場までは原材料のリチウム、コバルト相場は高騰した。圧倒的な供給不足感が相場を押し上げた格好となったが、19年1月現在では相場は小康状態となっている。過度な需要増期待感が冷静になっている状況で現実的には供給過剰で19年~21年はリチウム、コバルト相場は下落する可能性がある。 このリチウム、コバルトをはじめとしてLIBの重要な原料構成要素となっているニッケル、銅、アルミの現実的な需要、相場予測を解説したい。
 
 1.炭酸リチウム、水酸化リチウムの市場、相場近況
 2.コバルトおよび硫酸コバルトの市場、相場近況
 3.ニッケルおよび硫酸ニッケルの市場、相場近況
 4.銅の市場、相場近況
 5.アルミニウムの市場、相場近況
 6.質疑応答・名刺交換
 
 
Ⅱ.LiBリサイクルの社会システムと技術課題
 
東京大学 生産技術研究所
非鉄金属資源循環工学寄附研究部門 特任教授
公益財団法人福岡県リサイクル総合研究事業化センター
センター長
中村 崇 氏
 
 LiBの供給と使用後の対応は、次世代の電気電子機器・自動車の在り方に大きな影響を及ぼす重要な課題である。 本セミナーでは、主にLiBのリサイクル技術の現状を整理し、2030年前後における供給とのバランスでリユース、リサイクルの在り方さらに社会システムとしてリユース、リサイクルをどのように考えるかを解説する。
 
 1.LiBの供給の状況
 2.LiBのリユースの現状と課題
 3.LIBのリサイクル技術の現状と最近の開発動向・課題
 4.LiBのリユース・リサイクルの社会システム
 5.LiBのリユース・リサイクルのための技術開発の方向性
 6.質疑応答・名刺交換
 
 
Ⅲ.セメント製造プロセスを利用した使用済リチウムイオン電池リサイクル技術
 
太平洋セメント株式会社
環境事業部 営業企画グループ 担当部長
花田 隆 氏
 
 次世代自動車や電力自家消費ニーズの増加から、大型リチウムイオンバッテリー(LIB)の普及促進が進む一方、これらの廃棄処理ならびに金属資源循環については課題を抱えており、大量排出時期に備え回収システムやリサイクル技術の重要性が問われている。 本講演では、セメント産業における資源循環の実状、及びセメントプロセスを活用した新たなLIB処理技術開発について紹介する。
 
 1.太平洋セメントとは?
 2.セメント産業における資源循環への取組み
 3.リチウムイオンバッテリーの処理における課題
 4.セメントプロセスを活用したLIBリサイクルについて
 5.まとめ
 6.質疑応答・名刺交換
 
 
Ⅳ.ゲル状化合物を利用したコバルト回収法
 
東京大学 大学院工学系研究科
マテリアル工学専攻 助教
白山 栄 氏
 
 リチウムイオン電池(LIB)の正極活物質から、コバルトを分離回収する手法として、高分子(PEG)と錯化剤(SCN-)を利用してCoのゲル状化合物を得るプロセスを提案している。湿式リサイクルプロセスにおける金属イオン同士の分離は溶媒抽出法により行われるのが一般的であるが、本プロセスにおいてはゲル状化合物の析出工程において高い選択性でCoの分離濃縮が可能である。Coの電解採取を想定した後段プロセスを含めて基礎的な実験により本プロセスの可能性について検討した結果を以下に従って報告する。
 
 1.ゲル状化合物を利用したコバルト回収法の概要
 2.ゲル状化合物析出条件
 3.後段プロセスへの添加物の影響
 4.まとめ
 5.質疑応答・名刺交換
 
 
Ⅴ.廃棄物フリー水系溶媒抽出法によるレアメタルリサイクル
 ~リチウムイオン電池(LIB)のリサイクルへの応用可能性を含めて~

 
東京工業大学 科学技術創成研究院
先導原子力研究所 准教授
塚原剛彦 氏
 
 汎用的な化学分離操作は、複雑多段の化学操作、大量の二次廃棄物生成、火災・爆発の危険といった課題を有しているため、環境負荷低減と経済性向上に資する新しいレアメタル分離回収技術の開発が不可欠となっている。 本講演では、廃液中に温度応答性ポリマーと疎水性配位子を投入し人肌に温めるだけで、廃液中から白金族元素や希土類元素等のレアメタルを直接かつワンススルーで分離回収することができる“相転移型水系溶媒抽出法”の技術と方法論について概説すると共に、LIBリサイクルへの適用可能性について紹介する。
 
 1.相転移型水系溶媒抽出法の原理
 2.感応性ポリマー及び疎水性配位子とは
 3.白金族・希土類元素の分離回収の実証
 4.LIB構成元素への適用性について
 5.現状の課題と今後の展望
 6.質疑応答・名刺交換

 
 
詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓
 
 
♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:
 
 
2019年2月8日(金)開催
 
「リチウムイオン電池などのリサイクル技術とLIB構成材料メタルの動向 」セミナー
 
http://www.tic-co.com/seminar/20190219.html
 
 
♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:
 
担当は関でした。

« 2019年2月8日(金)開催「熱交換器による低~中温度域を含めた排熱・排汚水熱・燃焼排気の回収技術と実際」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2019年2月14日(木)開催「世界の防爆規格・認証の最新動向と取得対応・計装設計」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年2月8日(金)開催「熱交換器による低~中温度域を含めた排熱・排汚水熱・燃焼排気の回収技術と実際」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2019年2月14日(木)開催「世界の防爆規格・認証の最新動向と取得対応・計装設計」セミナーの再ご紹介! »