最近の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2019年4月12日(金)開催「エンジニアのための仕様書の作成と押さえておきたい留意事項」セミナー再ご紹介! | トップページ | 2019年4月16日(火)開催「デジタライゼーションの技術・適用動向と実際」セミナー再ご紹介! »

2019年3月27日 (水)

2019年4月16日(火)開催「バイオ技術によるレアメタル・貴金属など有用金属の分離・濃縮・加工及び回収・リサイクル」セミナーの再ご紹介!

---------------------------------------------
 ◆本日再ご紹介セミナー◆

  2019年4月16日(火)開催

-SDGs達成に向けた-
 「バイオ技術によるレアメタル・貴金属など有用金属の分離・濃縮・加工及び回収・リサイクル」
~廃リチウムイオン電池での事例、事業性などを含め~  セミナー

---------------------------------------------

ずっと楽しみにしていた舞台『どろろ』を観劇してきました。

Img_1115

去年、手塚治虫先生の作品『どろろ』がTVアニメと舞台の連動企画を発表されました。
そして舞台の主演俳優がアニメの声優も務めると決まり注目されていました。

後になって脚本・演出が西田大輔先生と発表されて、
これは私も観たい!と行く予定を立てていた友人に
私の分のチケットも一緒に申し込んでほしいと懇願して、
どうにかチケットを無事に入手しました。

舞台『どろろ』は家族の物語を中心にした構成になっていました。 

主人公は身体の四十八カ所を実父の願いの代償に魔物に奪われ、捨てられました。
けれど、養父に拾われ強く育った主人公は失われた身体を取り戻すため旅に出ます。
そこで出会ったコソ泥の少女やさまざまな人と困難を乗り越え成長し、
ついに自分を捨てた両親、そして実の弟との再会を果たします。 

舞台では心理描写が丁寧に描かれていたので、
人物同士の関係がはっきりと捉えやすく、主人公の母、父、弟、養父…の
主人公に対する想いに結末では思わず泣いてしまいました。

5月にdTVで舞台『どろろ』が独占先行配信されるので、
興味がある方は是非この機会にご覧になっては如何でしょうか✨

---------------------------------------------

さて、本日も4月開催セミナーを再ご紹介!

2019年4月16日(火)開催

-SDGs達成に向けた-
 「バイオ技術によるレアメタル・貴金属など有用金属の分離・濃縮・加工及び回収・リサイクル」
~廃リチウムイオン電池での事例、事業性などを含め~ セミナー  です!
 
★本セミナーでは、微生物を活用した低エネルギー・低コスト・低炭素型レアメタル・貴金属等有用金属類の分離・濃縮・加工・回収・リサイクル技術について、廃リチウムイオン電池での事例、最近の動向、採算性などを含め、斯界の最前線でご活躍中の小西博士に詳しく解説頂きます。

●講 師

大阪府立大学 大学院 工学研究科
物質・化学系専攻 化学工学分野 教授
大阪府立大学 資源循環工学研究所 所長
工学博士                        小西康裕 氏

●プログラム

Ⅰ.貴金属・レアメタル・レアアースなど金属資源を取り巻く状況

  1.需要・供給
  2.天然鉱山と都市鉱山
  3.レアメタル等の資源確保とSDGs達成への取り組み

Ⅱ.貴金属・レアメタル・レアアース回収の従来技術とその問題点

  1.乾式法と湿式法
  2.湿式法における要素技術(溶媒抽出法、吸着法、電解採取、化学還元など)
  3.都市鉱山からの貴金属・レアメタル・レアアース回収への適用可能性

Ⅲ.貴金属・レアメタル・レアアースの金属類リサイクルに関わるバイオ要素技術

  1.バイオソープション(金属イオンの吸着)
  2.バイオミネラリゼーション(金属イオンの固体粒子化)
  3.バイオリーチング(固体状物質からの金属の液相への抽出)
  4.バイオボラタリゼーション(金属イオンの気化/揮発化)

Ⅳ.微生物を活用した貴金属・レアメタル・レアアースの分離・濃縮・加工及び回収・リサイクル

 1.バイオソープション(バイオ吸着)
   (1)ソープション微生物とその特性(パン酵母、大腸菌など)
   (2)レアメタル等の各種金属イオンのバイオ吸着機構
   (3)使用済み製品の溶解液からのレアメタル・貴金属回収
   (4)工業廃液からのレアメタル・貴金属回収
   (5)模擬高レベル放射性廃液からのガラス固化妨害金属(パラジウム、モリブデン)の除去
  2.バイオミネラリゼーション(バイオ沈澱、バイオ還元・析出)
   (1)ミネラリゼーション微生物とその特性(金属イオン還元細菌、パン酵母)
   (2)重金属イオンのバイオ沈澱機構
   (3)貴金属イオンのバイオ還元・析出機構
   (4)使用済み製品からの貴金属のナノ粒子としての高付加価値化回収
   (5)貴金属ナノ粒子触媒のバイオ調製(燃料電池用プラチナ触媒、化学反応用パラジウム触媒)
  3.バイオリーチング(バイオ抽出)
   (1)リーチング微生物とその特性
   (2)金属のバイオ抽出機構
   (3)低品位天然鉱石に対する商業プロセス開発
   (4)都市鉱山からの有用金属回収
   (5)リチウムイオン電池からのリチウム、コバルト、マンガンのバイオ抽出・回収
    (正極活物質からのレアメタルの抽出速度、使用済み電池からの回収プロセス)
  4.適用金属と研究・適用例(バイオソープション、バイオミネラリゼーション、バイオリーチング)
   ~貴金属イオン(金、銀、白金、パラジウム、ロジウム、ルテニウム)、
    レアメタル(リチウム、コバルト、ニッケル、インジウム、ガリウム、マンガン等)、
    レアアース、ベースメタル(銅、亜鉛等)~

Ⅴ.最近の動向と展望

  1.有用金属のバイオ利用循環システムの展開
  2.想定されるユーザーと市場規模
  3.実用化動向
  4.バイオ技術による貴金属・レアメタル・レアアース分離・回収・リサイクルの採算性

Ⅵ.質疑応答(適宜)

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
 
2019年4月16日(火)開催

-SDGs達成に向けた-
 「バイオ技術によるレアメタル・貴金属など有用金属の分離・濃縮・加工及び回収・リサイクル」
~廃リチウムイオン電池での事例、事業性などを含め~ セミナー
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
 
担当は阪口でした。

« 2019年4月12日(金)開催「エンジニアのための仕様書の作成と押さえておきたい留意事項」セミナー再ご紹介! | トップページ | 2019年4月16日(火)開催「デジタライゼーションの技術・適用動向と実際」セミナー再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年4月12日(金)開催「エンジニアのための仕様書の作成と押さえておきたい留意事項」セミナー再ご紹介! | トップページ | 2019年4月16日(火)開催「デジタライゼーションの技術・適用動向と実際」セミナー再ご紹介! »