最近の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2019年6月18日(火)開催「電気自動車ファミリー(EV・PHEV・HEVなど)及び蓄電池の技術開発・事業動向と展望」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2019年6月19日(水)・28日(金)開催「Power to Gasなど水素製造・利用に関する経済性と技術開発・実証動向・展望」セミナーの再ご紹介! »

2019年5月29日 (水)

2019年6月19日(水)開催「発電菌利用の研究開発動向・新展開と微生物燃料電池による排水処理・発電など応用・適用動向」セミナーの再ご紹介!

-------------------------------------------------
◆本日再ご紹介セミナー◆
 
2019年6月19日(水)開催
 
「発電菌利用の研究開発動向・新展開と
 微生物燃料電池による排水処理・発電など応用・適用動向」セミナー
 
http://www.tic-co.com/seminar/20190608.html
 
 
-------------------------------------------------
先日、梅シロップ作りに挑戦しました。
 
暑い日が続きアイスばかり食べていたのですが、
幼い頃、母が梅シロップを作ってくれたことを思い出し、
あの爽やかな味わいが恋しくなりました。
 
調べてみると、梅が持つクエン酸などの効果で夏バテや疲労回復にもぴったりだとか。
アイスより梅シロップの方が体にいいような気がするので、
すぐに梅シロップ作りに取り掛かりました。
 
梅を丁寧に洗い、水分を拭き取り、ヘタを取り除き…
地味な作業ですが、楽しく取り組むことができました😃
 
「美味しくなぁれ」と念を込めるとさらに美味しくなるそうです。
しっかり念を込めました💥
 
 
Photo_9
 
こちらは漬けたばかりの写真です。 
 
梅を漬けてから今日で1週間。
大体、10~15日ほどで完成するそうです。
美味しい梅シロップが出来上がるといいなぁ✨
-------------------------------------------------
 
さて、本日も6月開催セミナーを再ご紹介です!
 
2019年6月19日(水)開催
 
「発電菌利用の研究開発動向・新展開と
 微生物燃料電池による排水処理・発電など応用・適用動向」セミナー
 
 
★本セミナーでは、電気化学活性をもつ細菌(EAB)に関する基礎知識・サイエンスの最前線、微生物電気分解、
 微生物電気合成、電気制御発酵、電気共生ならびに、微生物燃料電池(MFC)による廃水・下水処理の研究開発
 及び具体的な適用動向・展開について、斯界の最前線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。
 
 
●プログラム
 
Ⅰ.発電菌利用の研究開発動向と今後の展望
 
東京薬科大学 生命科学部 教授
渡邉一哉 氏
 
 近年、電気化学活性をもつ細菌(Electrochemically active bacteria, EAB)が注目を集めています。EABは、細胞外で起こる電気化学反応(酸化還元反応や電極反応など)を利用して細胞内の代謝反応を進めることができる細菌です。異化的代謝(酸化反応)で発生する電子を細胞外の電極で受け取らせれば発電ができます(微生物燃料電池)。 本講演では、EABに関する基盤情報を解説するとともに、EABを用いたバイオプロセスである微生物燃料電池、微生物電気分解、微生物電気合成、電気制御発酵、電気共生を用いたメタン発酵について概説します。また、微生物燃料電池を用いた廃水処理の研究開発動向について述べたいと思います。
 
 1.電気化学活性をもつ細菌
 2.微生物燃料電池とその廃水処理への応用
 3.微生物電気分解
 4.微生物電気合成
 5.電気制御発酵
 6.電気共生
 7.質疑応答・名刺交換
 
 
Ⅱ.微生物燃料電池の下水処理への適用
 
名古屋工業大学大学院 社会工学専攻
水環境微生物工学研究室 准教授
吉田奈央子 氏
 
 本講演では、微生物燃料電池の下水処理に導入するメリットと技術課題、研究動向、研究成果について紹介します。
 
 1.微生物燃料電池の特徴と下水処理に適用するメリット
 2.微生物燃料電池を下水処理に適用するデメリット(技術課題)
 3.微生物燃料電池の下水処理適用研究の動向
 4.研究成果の紹介
 5.質疑応答・名刺交換
 
 
Ⅲ.発電菌とそのサイエンスの新展開
 
国立研究開発法人 物質・材料研究機構
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)
主幹研究員・独立研究者
岡本章玄 氏
 
 地球に存在する細菌の多くが固体材料との電子の授受を行う「電気菌」としての性質を持つことがわかってきました。 本講演では、微生物燃料電池を始めとした、エネルギー・医療・センサー・地下生命圏と幅広い出口を持ち始めた「発電菌」、「電気細菌」サイエンスの最前線を解説します。
 
 1.電気菌と発電菌
 2.微生物燃料電池における発電菌
 3.鉄パイプライン腐食における電気菌
 4.地下生命圏と電気菌
 5.病原性の発電菌
 6.質疑応答・名刺交換
 
 
Ⅳ.微生物燃料電池の含窒素有機性廃水処理への展開
 
群馬大学大学院理工学府 環境創生部門 教授
渡邉智秀 氏
 
 一般に有機性廃水には、有機物だけでなく、除去が必要な濃度レベルで窒素成分も含有されているので、その処理も不可欠です。そのため、微生物燃料電池の仕組みを有機性廃水処理へ適用していく上で、微生物燃料電池の特長を損なうことなく窒素処理を組み合わせて高機能化できれば非常に有用といえます。 本セミナーでは、窒素処理を融合した微生物燃料電池の研究動向を原理や特徴を交えて紹介するとともに、実用への展開に不可欠となる高性能で廉価なエアカソードの開発へ向けた取り組みについてもお話しします。
 
 1.微生物燃料電池と生物学的窒素変換の接点
 2.窒素処理を融合した微生物燃料電池の形態と特徴
 3.エアカソードを利用した微生物燃料電池における窒素処理
 4.低廉なエアカソードへの研究動向
 5.質疑応答・名刺交換
 
 
詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓
 
 
♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:
 
 
2019年6月19日(水)開催
 
「発電菌利用の研究開発動向・新展開と
 微生物燃料電池による排水処理・発電など応用・適用動向」セミナー
 
http://www.tic-co.com/seminar/20190608.html
 
 
♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:
 
担当は関でした。

« 2019年6月18日(火)開催「電気自動車ファミリー(EV・PHEV・HEVなど)及び蓄電池の技術開発・事業動向と展望」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2019年6月19日(水)・28日(金)開催「Power to Gasなど水素製造・利用に関する経済性と技術開発・実証動向・展望」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年6月18日(火)開催「電気自動車ファミリー(EV・PHEV・HEVなど)及び蓄電池の技術開発・事業動向と展望」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2019年6月19日(水)・28日(金)開催「Power to Gasなど水素製造・利用に関する経済性と技術開発・実証動向・展望」セミナーの再ご紹介! »