最近の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2019年10月10日(木)開催「漏れのメカニズムとシールの正しい使い方及びトラブル対策」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2019年10月11日(金) 開催「バイオマスガス化発電・CHPシステムなどの開発動向・比較・導入の実際と2000kW未満のバイオマス発電における事業化・事例(成功・失敗分析)」 セミナーの再ご紹介! »

2019年9月27日 (金)

2019年10月10日(木)開催「プラント配管工事工数の合理的な見積法」セミナーの再ご紹介!

◆本日再ご紹介セミナー◆

2019年10月10日(木)開催

―国内工事における―
 プラント配管工事工数の合理的な見積法
  ~配管溶接継手当たり工数法を解説~」セミナー 

https://www.tic-co.com/seminar/20191005.html

--------------------------------------- 

『令和元年航空祭 in KOMATSU』
 
 
毎年恒例の航空自衛隊小松基地航空祭、参戦です。
Photo_20190925155801
  
今年はお天気に恵まれ、撮影日和です。
 
毎年参戦しているわけですが、今年はゆっくり行こう!と思い
いつもより遅めの現地入り。
 
航空祭前日は、ブルーインパルスが予行演習するので
駅に到着すると、空港へ直行します。
 
空のコンディションも文句なし。
ブルーインパルスのスモークも映える空です。
Bi3 Bi2 Bi1_20190925160001
 
 
航空祭当日も、ゆっくりしました。
昨日と同じく空港で撮影に挑みます。
本日の私のメインはF-15の撮影で、天気も上々。
F152 F151_20190925160101

F151 152


他にF-16、F-2の撮影にも挑みました。
F16 F21  
 
今年は戦闘機の爆音も連れて帰りたかったので
動画も撮影。
 
家でボリュームを大にして聞いております。
 
   
 
あぁ、すでに来年が楽しみです。
 

  
---------------------------------------

本日も10月開催セミナーを再ご紹介!

2019年10月10日(木)開催

―国内工事における―
 プラント配管工事工数の合理的な見積法
  ~配管溶接継手当たり工数法を解説~」です! 

☆本セミナーでは、プラント建設プロジェクトの中でも工事額も大きく難しいとされる配管工事費
 の見積精度を高めるための工事工数の計算・標準化について、標準配管工数算定の考え方、
 吊上げ・運搬作業・配管溶接継手加工の標準工数の計算、バルブ類の取付け標準工数、また
 標準工数の評価と見積例など、経験豊富な大原講師に詳説頂きます。

 
○講師
 
 大原シーイー研究所 代表
 (元)三井造船(株)〔現社名(株)三井E&Sエンジニアリング〕
 プラント事業本部 プロポーザル部 見積担当課長
 経済産業省 MOTプログラム開発事業(H17年度)
 (早稲田大学受託事業)
 コストエンジニアリング教材開発委員
 日本コスト工学会正会員(理事、勉強会コーディネーター) 
 大原宏光 氏


○プログラム

1.全般・基礎知識

 1.1 工数の重要性
 1.2 プラント配管の加工・工事場所について
  1.2.1 配管プレハブ工場
  1.2.2 プラントサイトの工事現場の配置
  1.2.3 配管工事材料・部品の種類と調達時の形状
 1.3 配管工数を左右する要因と工数見積の難しさ
  1.3.1 工場作業とプラント現地作業
  1.3.2 直接的な工数要因
 1.4 配管工事数量の単位
 1.5 伝統的なマンアワー(MH)見積法と長所短所


2.見積における配管工事工数の対象

 2.1 プラント建設費の中の配管工事工数の位置付け
 2.2 配管工事費と配管工事工数
 2.3 配管工事の施工手順
 2.4 配管工事工数の対象範囲
 2.5 配管工事費の見積例


3.標準配管工数の算定の考え方

 3.1 標準配管工数の基本的な考え方
 3.2 標準工数とは
 3.3 配管標準作業時間の設定方法
 3.4 配管工事工数に関する文献
 3.5 標準配管作業時間の区分
 3.6 直接作業時間の要素


4.吊上げ・運搬作業の標準工数

 4.1 吊上げ・運搬作業の標準工数の算定条件
 4.2 吊上げ・運搬作業MHの原単位
 4.3 吊上げ・運搬作業のベースMHの計算(Sch40ケース)
 4.4 吊上げ・運搬ベースMHから各種肉厚NHを算定するための係数
 4.5 吊上げ・運搬作業標準MHの計算


5.配管溶接継手加工標準工数

 5.1 配管溶接継手加工標準工数の算定に関する共通条件
 5.2 罫書き作業の標準工数(工場プレファブケース)
 5.3 切断作業の標準工数(工場プレファブケース)
 5.4 開先加工の標準工数(工場プレファブケース)
 5.5 仮付作業の標準工数(工場プレファブケース)
 5.6 溶接作業の標準工数(工場プレファブケース)
 5.7 溶接作業正味時間と標準MHの纏め(工場プレファブケース)
 5.8 配管溶接継手加工標準「MH/個所」の集計(工場プレファブケース)
 5.9 配管溶接継手加工標準「MH/個所」総括表(工場プレファブケース)
 5.10 配管溶接継手加工標準「MH/個所」総括表(現地仮設ショッププレファブケース)
 5.11 配管溶接継手加工標準「MH/個所」総括表(現場取付けケース)
 5.12 溶接継手形式MH係数


6.バルブ・アクセサリー類の取付け標準工数

7.配管テスト標準工数

8.配管サポート製作・取付け標準工数

9.配管工事用仮設足場の標準工数

10.配管材料荷卸しの標準工数

11.標準工数の評価

12.標準工数での見積例

13. 質疑応答




詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

---------------------------------------

2019年10月10日(木)開催

「―国内工事における―
 プラント配管工事工数の合理的な見積法
  ~配管溶接継手当たり工数法を解説~」セミナー 

https://www.tic-co.com/seminar/20191005.html

---------------------------------------
担当:山口

« 2019年10月10日(木)開催「漏れのメカニズムとシールの正しい使い方及びトラブル対策」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2019年10月11日(金) 開催「バイオマスガス化発電・CHPシステムなどの開発動向・比較・導入の実際と2000kW未満のバイオマス発電における事業化・事例(成功・失敗分析)」 セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年10月10日(木)開催「漏れのメカニズムとシールの正しい使い方及びトラブル対策」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2019年10月11日(金) 開催「バイオマスガス化発電・CHPシステムなどの開発動向・比較・導入の実際と2000kW未満のバイオマス発電における事業化・事例(成功・失敗分析)」 セミナーの再ご紹介! »