2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2021年2月17日(水)開催「CO2有効利用技術と開発・事業動向」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2021年2月18日(木)開催【オンラインセミナー】「新たな水処理膜の研究/技術開発と適用展望」セミナーの再ご紹介! »

2021年2月 5日 (金)

2021年2月18日(木)開催【オンラインセミナー】「カーボンプライシングの最新動向と企業での実践及びCDPの質問書・情報開示への対応と再エネ調達方法」セミナーの再ご紹介!

◆本日再ご紹介セミナー◆

2021年2月18日(木)開催
 
【オンラインセミナー】
「カーボンプライシングの最新動向と企業での実践及び
CDPの質問書・情報開示への対応と再エネ調達方法
」セミナー
 
https://www.tic-co.com/seminar/20210216.html
 
★午前のみ、午後のみのご受講も受け付けております。
◆1日(プログラムⅠ~Ⅳ)受講   49,940円【1名につき】
(同時複数人数お申込みの場合1名につき44,440円)
◆午前(プログラムⅠ・Ⅱのみ)受講 33,000円【1名につき】
◆午後(プログラムⅢ・Ⅳのみ)受講 33,000円【1名につき】
※上記全て、テキスト代、消費税を含む
   
※本セミナーは、ライブ配信(Zoom)での開催です。
・当日使用のテキスト資料はセミナー開催日の直前にデータ(pdf)でお送り致します。 
 
---------------------------------------

皆さん、今話題の『立ち腹筋』をご存知でしょうか。
 
私も最近会社のスタッフに教えてもらい、気になったのでDVD付きの本を購入しました。

Cgatfbvc
 
『立ち腹筋』とはその名の通り、立ったまま腹筋を鍛えることが出来るトレーニングで、
他にも『立ち美脚』や『立ち背筋』など様々なトレーニングがこの本で紹介されています。
 
DVDには月~日曜日まで部位別の『立ち筋トレ』が収録されており、
1回につき10分程度のトレーニングになっています。
 
最初は「10分くらいなら私でも出来そう!」と思い、始めてみましたが
普段動かさない筋肉を使うので、終わった頃には汗が噴き出ていました。
 
まだまだついて行けない部分もありますが、体力作りの為に
頑張って続けてみようかと思います。

---------------------------------------
 
さて、本日も2月開催セミナーを再ご紹介!
 
 
 
2021年2月18日(木)開催
 
【オンラインセミナー】
「カーボンプライシングの最新動向と企業での実践及び
CDPの質問書・情報開示への対応と再エネ調達方法
」セミナー
 
★本セミナーでは、午前(プログラムⅠとⅡ)にカーボンプライシング政策の海外を含めた動向・国内展望と、
 インターナルカーボンプライシングの企業内利活用のポイント・事例について、午後(プログラムⅢ・Ⅳ)には、
 CDPはどのような情報開示を求めていて、どのように評価しているのか、又、RE100・SDGsにも配慮した
 再エネ調達方法など、それぞれ詳説頂きます。
★午前のみ、午後のみのご受講も受け付けております。
★講師との名刺交換の希望などがございましたら、その旨ご連絡下さいませ。
 
 
●プログラム
 
Ⅰ.脱炭素社会への切り札:カーボンプライシングの内外状況と国内展望
 
早稲田大学 政治経済学術院 教授   有村俊秀 氏
 

 1.カーボンプライシングとは?
 2.世界での炭素税の普及
 3.世界で進む排出量取引
 4.カーボンプライシング導入の論点
 5.EUで検討される国境炭素価格制度
 6.質疑応答
 
 
Ⅱ.インターナルカーボンプライシングの動向と実践
 
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
CG&E サステナビリィチーム アソシエイトディレクター  丹羽弘善 氏
 

 1.気候変動と企業活動
 2.インターナルカーボンプライシングの意義
 3.インターナルカーボンプライシングの動向・事例
 4.企業での進め方について
 5.質疑応答
 

 
Ⅲ.CDPは企業に何を期待し、どう評価するのか
 
一般社団法人 CDP Worldwide-Japan
プロジェクトマネージャー          原田卓哉 氏
 

 1.CDPの活動のご紹介
 2.CDP情報開示システムの概要
 3.CDP気候変動質問書での評価ポイント
 4.CDP質問書のカーボンプライシングモジュールのご紹介
 5.質疑応答
 
 
Ⅳ.CDP・RE100・SDGsに配慮した再エネ調達についての考え方
 
一般社団法人 CDP Worldwide-Japan
シニアマネージャー             高瀬香絵 氏
 
 1.GHGプロトコルスコープ2ガイダンスについて
 2.CDPにおける再エネ報告とその評価
 3.RE100における追加要件
 4.SDGsに配慮するためにも必要なトラッキング
 5.質疑応答
 
 
詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓
 
---------------------------------------

2021年2月18日(木)開催
 
【オンラインセミナー】
「カーボンプライシングの最新動向と企業での実践及び
CDPの質問書・情報開示への対応と再エネ調達方法
」セミナー
 
https://www.tic-co.com/seminar/20210216.html
  
★午前のみ、午後のみのご受講も受け付けております。
◆1日(プログラムⅠ~Ⅳ)受講   49,940円【1名につき】
(同時複数人数お申込みの場合1名につき44,440円)
◆午前(プログラムⅠ・Ⅱのみ)受講 33,000円【1名につき】
◆午後(プログラムⅢ・Ⅳのみ)受講 33,000円【1名につき】
※上記全て、テキスト代、消費税を含む
   
※本セミナーは、ライブ配信(Zoom)での開催です。
・当日使用のテキスト資料はセミナー開催日の直前にデータ(pdf)でお送り致します。
 
---------------------------------------
担当:稲垣

« 2021年2月17日(水)開催「CO2有効利用技術と開発・事業動向」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2021年2月18日(木)開催【オンラインセミナー】「新たな水処理膜の研究/技術開発と適用展望」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年2月17日(水)開催「CO2有効利用技術と開発・事業動向」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2021年2月18日(木)開催【オンラインセミナー】「新たな水処理膜の研究/技術開発と適用展望」セミナーの再ご紹介! »