2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2021年4月27日(火)開催「熱電発電の技術/研究開発と応用・適用動向」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 書籍『金属空気二次電池』のご紹介! »

2021年4月19日 (月)

2021年4月28日(水)開催【オンラインセミナー】「膜によるCO2分離回収の研究開発動向と展望」セミナーの再ご紹介!

---------------------------------------------

◆本日再ご紹介セミナー◆

2021年4月28日(水)開催
 
【オンラインセミナー】
~Direct Air Capture (DAC)を含めた~
「膜によるCO2分離回収の研究開発動向と展望」 セミナー
 
https://www.tic-co.com/seminar/20210411.html
 
※本セミナーは、ライブ配信(Zoom)での開催です。
※当日使用のテキスト資料はセミナー開催日の直前にお送り致します。
※ライブ配信に関するよくあるご質問はこちらから

---------------------------------------

先日、焼きたてカスタードアップルパイの専門店『RINGO』に2回続けて行きました。

店の前を通るたび、人が並んでいて気になっていたお店です。

『焼きたてホワイトチョコカスタードベリーパイ』が美味しそうで、
ちょうど人も少なかったので購入しました。
生地のサクサクした食感がとても美味しかったです!

Img_0625

そして、1週間後お店の前を通った時にまたレジに並んでしまいました。
この日は5周年の記念商品『アップルパイマフィン』を購入しました。

Img_0840
こちらは食べやすくてあっという間になくなってしまいました!
2cm角のキューブ型のりんごがとても食べ応えがあり、ほどよい甘さで
紅茶と一緒に食べるとさらに美味しくいただけました✨

テイクアウトのお店なので、皆さまもぜひ如何でしょうか✨
--------------------------------------
 
さて、本日も4月開催のセミナーを再ご紹介します!

2021年4月28日(水)開催
 
【オンラインセミナー】
~Direct Air Capture (DAC)を含めた~
「膜によるCO2分離回収の研究開発動向と展望」セミナー  です!
 
★本セミナーでは、本質的なCO2排出削減技術として注目される膜によるCO2分離回収に焦点をあて、
 イオン液体、高分子ハイブリッド材料、アミン含有ゲルを利用した研究開発ならびにCCSへの応用展開、
 プロセス開発、またDAC(Direct Air Capture)の動向とDAC向け分離膜について、斯界の最前線でご
 活躍中の講師陣から詳説頂きます。
★講師との名刺交換の希望などがございましたら、その旨ご連絡下さいませ。
 
●プログラム
 
Ⅰ.CO2分離膜の高性能化に向けた神戸大学先端膜工学研究センターの取り組み
 
神戸大学 先端膜工学研究センター センター長・教授   松山秀人 氏
 
 1.イオン液体含有CO2分離膜
 2.イオン液体含有ゲル膜
 3.イオン液体型CO2キャリア含有促進輸送膜
 4.今後の展望
 5.質疑応答
 
Ⅱ.高分子ハイブリッド材料によるCO2分離回収

東京農工大学 大学院 工学研究院 応用化学部門 准教授  兼橋真二 氏
 
 1.高分子膜分離法
 2.高分子ハイブリッド材料とCO2分離への応用
 3.豪州での膜分離法によるCO2分離回収技術の研究開発動向
 4.今後の展望
 5.質疑応答
 
Ⅲ.アミン含有ゲルからなるCO2吸収材・分離膜およびこれらを用いた
  CO2分離装置やCO2利用技術
 
九州大学大学院 工学研究院 化学工学部門 准教授  星野 友 氏

 
 1.工業的なCO2分離と生体内でのCO2分離
 2.生体内のCO2分離を模倣したCO2分離材料『アミン含有ゲル粒子』の開発
 3.アミン含有ゲルからなるCO2吸収材および吸収装置の開発および応用
 4.アミン含有ゲルからなるCO2選択透過膜およびCO2分離プロセスの開発
 5.実用化に向けた取り組み
 6.質疑応答

Ⅳ.分離膜を用いた大気からの直接CO2回収技術(Direct Air Capture:DAC)
 
  九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所
  マルチスケール構造科学ユニット 准教授          藤川茂紀 氏
 
 1.CO2回収技術の動向
 2.Direct Air Capture技術の動向・課題点
 3.分離膜によるDAC技術(m-DAC)の利点と特徴
 4.DAC向け分離膜の開発動向
 5.今後の展望
 6.質疑応答
 
詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓
---------------------------------------

2021年4月28日(水)開催
 
【オンラインセミナー】 
~Direct Air Capture (DAC)を含めた~
「膜によるCO2分離回収の研究開発動向と展望」 セミナー
 
https://www.tic-co.com/seminar/20210411.html
 
※本セミナーは、ライブ配信(Zoom)での開催です。
※当日使用のテキスト資料はセミナー開催日の直前にお送り致します。
※ライブ配信に関するよくあるご質問はこちらから
 
---------------------------------------
担当:阪口

« 2021年4月27日(火)開催「熱電発電の技術/研究開発と応用・適用動向」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 書籍『金属空気二次電池』のご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年4月27日(火)開催「熱電発電の技術/研究開発と応用・適用動向」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 書籍『金属空気二次電池』のご紹介! »