2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2021年6月17日(木)開催「CO2有効利用技術と開発・事業動向」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2021年6月18日(金)開催「マイクログリッドを巡る最新動向・取組みと今後の展望」セミナーの再ご紹介! »

2021年6月 8日 (火)

2021年6月18日(金)開催「ステンレス鋼の溶接技術の実際」セミナー再ご紹介!

---------------------------------------

☆本日再ご紹介セミナー☆

2021年6月18日(金)開催

「ステンレス鋼の溶接技術の実際」
~溶接方法の選択およびステンレス用溶接材料の選び方・使い方、
 溶接技術のポイントならびに溶接欠陥とその補修・防止対策~ セミナー

 https://www.tic-co.com/seminar/20210605.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※セミナー資料(テキスト)はセミナー開催日の直前にデータ(pdf)でお送り致します。

---------------------------------------

本日も、6月開催のセミナーを再ご紹介します!

2021年6月18日(金)開催

「ステンレス鋼の溶接技術の実際」
~溶接方法の選択およびステンレス用溶接材料の選び方・使い方、
 溶接技術のポイントならびに溶接欠陥とその補修・防止対策~ セミナー

です!
 

★本セミナーでは、ステンレス鋼の種類・特性を始め、各種溶接方法の特徴・選択の留意点及び溶接材料の選び方・規格と共金溶接・肉盛溶接・異材溶接等の溶接技術ならびに各分野でのポイント、また溶接部の欠陥発生原因と補修・防止方法について、経験豊富且つ第一線でご活躍中の渡邉講師に詳説頂きます。
 

●講師

株式会社神戸製鋼所
溶接事業部門 技術センター 部長 渡邉博久 氏

<職歴>
 1994年 4月 株式会社神戸製鋼所 溶接事業部 技術部 入社
 2016年 8月~ 株式会社神戸製鋼所 溶接事業部門 技術センター 専門部長
<学位・資格>
 1994年 3月 工学修士(京都大学) 取得
<委員会活動>
 2018年 6月~ (一社)日本溶接協会 溶接材料部会 技術委員会 幹事長
 2020年 3月~ (一社)日本溶接協会 化学機械溶接研究委員会 副委員長
 2020年 4月~ (一社)日本溶接学会 溶接教育委員会 委員
 

【講師の言葉】

 ステンレス鋼は優れた耐食性と強度を備えた材料であるが、腐食環境や幅広い温度環境など、炭素鋼に比べ厳しい環境で使用されるため、各種の劣化損傷が問題となりやすい。特に溶接構造物に関しては、溶接部は溶接欠陥発生の危険性のみならず、各種特性が素材とは異なるものとなるため、機械的性能や耐食性ついてもその理解が必要となる。ここでは、ステンレス鋼の溶接について、基本技術であるアーク溶接方法を中心にして、溶接材料の選定、溶接部の性質、溶接における注意点および想定される溶接欠陥と対策、溶接補修の要点について平易に解説する。また高耐食、高強度二相ステンレス鋼も取り上げる予定です。
 

●プログラム

Ⅰ.ステンレス鋼の種類と特性
 1.ステンレス鋼の種類
 2.ステンレス鋼の機械的性質
 3.ステンレス鋼の耐食性
 

Ⅱ.ステンレス鋼の溶接方法の特徴と選択のポイント
 1.各種溶接方法の種類と適用性(選択)
  (1)アーク溶接
   ~被覆アーク溶接(SMAW)、TIG溶接(GTAW)、
    GMA溶接(MIG・MAG溶接:GMAW)、フラックスコアードアーク溶接(FCAW)、
    サブマージアーク溶接(SAW)~
  (2)電子ビーム溶接
  (3)レーザー溶接
  (4)電気抵抗溶接
 2.溶接材料の種類と選び方
  (1)溶接材料の種類
   ~被覆アーク溶接棒、フラックス入りワイヤ、TIG溶接材料、MIG溶接ワイヤ、
    サブマージアーク溶接材料、バンド溶接、A-TIG溶接~
 3.ステンレス鋼溶接材料の規格(含Ni合金溶接材料)
  (1)溶接材料規格の体系(JIS、AWS、ISO)
  (2)JISのISO規格整合化のための改正のポイント
  (3)Ni合金溶接材料の規格
 

Ⅲ.ステンレス鋼の溶接技術と注意すべきポイント
 1.ステンレス鋼溶接金属の性能
  (1)化学成分と組織とその冶金的性質
  (2)各種組織図の見方と特徴
  (3)フェライト量の測定方法とその注意点
 2.各種ステンレス鋼の溶接(共金溶接)のポイント
  (1)マルテンサイト系およびフェライト系ステンレス鋼
  (2)オーステナイト系ステンレス鋼
  (3)二相系ステンレス鋼
  (4)スーパーオーステナイト系ステンレス鋼
 3.炭素鋼への肉盛溶接と異材溶接のポイント
  (1)肉盛溶接とクラッド鋼の溶接
  (2)炭素鋼とのステンレス鋼の異材溶接
  (3)異種ステンレス鋼の溶接
  (4)Ni合金溶接材料による異材溶接
 4. 各種産業分野での溶接方法、溶接材料の選び方・使い方のポイント
  (1)石油化学プラント
   ~化学装置、脱硫リアクター、熱交換器~
  (2)エネルギー関連プラント
   ~原子力発電、火力発電、水力発電、LNGプラント~
  (3)輸送機器
   ~自動車、鉄道車両、船舶~
  (4)建築、土木
   ~屋根、水門、橋脚~
  (5)食品、水関連
   ~各種タンク、ポンプ~
  (6)モニュメント
 

Ⅳ.ステンレス鋼における溶接部の欠陥発生原因と補修・防止方法
 1.溶接部の欠陥の種類、原因と防止方法
  (1)溶接欠陥
   ~ブローホール、スラグ巻き込み、裏波溶接とバックシールド~
  (2)溶接割れ
   ~低温割れ、高温割れ、再熱割れ、亜鉛脆化、その他の溶接割れ~
  (3)高温損傷
   ~σ脆化、鋭敏化、475℃脆化、浸炭~
  (4)溶接変形の発生原因と対策
 2.ステンレス鋼溶接部における腐食
  (1)全面腐食
  (2)粒界腐食
  (3)応力腐食割れ(SCC)
  (4)微生物腐食
 3.欠陥の適切な補修方法とその留意点
  (1)欠陥の除去
  (2)補修における注意点
  (3)熱管理
  (4)検査
 

Ⅴ.質疑応答(適宜) 
 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:

2021年6月18日(金)開催

「ステンレス鋼の溶接技術の実際」
~溶接方法の選択およびステンレス用溶接材料の選び方・使い方、
 溶接技術のポイントならびに溶接欠陥とその補修・防止対策~ セミナー

 https://www.tic-co.com/seminar/20210605.html

♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:♪~*:
 
担当:平田。

« 2021年6月17日(木)開催「CO2有効利用技術と開発・事業動向」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2021年6月18日(金)開催「マイクログリッドを巡る最新動向・取組みと今後の展望」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年6月17日(木)開催「CO2有効利用技術と開発・事業動向」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2021年6月18日(金)開催「マイクログリッドを巡る最新動向・取組みと今後の展望」セミナーの再ご紹介! »