最近の記事

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 書籍『【日米欧同時申請/グローバル開発戦略を見据えた】薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請』のご紹介! | トップページ | 2021年12月8日(水)開催「現場で役立つ電気の基礎知識」セミナーのご紹介! »

2021年10月20日 (水)

書籍『プラスチックリサイクル- 世界の規制と対策・要素技術開発の動向と市場展望 -』のご紹介!

----------------------------------------

◆本日ご紹介書籍◆

書籍
『プラスチックリサイクル
 - 世界の規制と対策・要素技術開発の動向と市場展望 -』

https://www.tic-co.com/books/21stm076.html


●著者一覧

室井 髙城    アイシーラボ
赤穗 達史    RTC リサイクルテクノジーコンサルティング
住本 充弘    住友技術士事務所
土屋 博隆    土屋特許事務所
柴田 勝司    溶解技術(株)
岡島 いづみ   静岡大学
渡辺 久夫    マイクロ波化学(株)
木谷 径治    マイクロ波化学(株)
菅野 雅皓    マイクロ波化学(株)
亀田 孝裕    マイクロ波化学(株)
八尾 滋     福岡大学
パントン パチヤ 福岡大学
大久保 光    京都工芸繊維大学
土田 哲大    (株)サイム
土田 保雄    (株)サイム
河済 博文    近畿大学
渡辺 壱     フロンティア・ラボ(株)/ 東北大学
山下 智彦    香川高等専門学校


●主な目次

第1章 廃プラスチックリサイクル技術概論
1. 廃プラスチックの現状と将来予測
2. 廃プラスチックのリサイクルループ
3. 廃プラ規制関連動向
4. 廃プラスチック対策の国内外の動向
5. プラスチックリサイクルに関する制度
6. 欧州の廃プラスチックリサイクルの実情
7. 廃プラスチック処理の実際
8. 廃プラスチックリサイクル技術
9. 廃プラスチックリサイクルLCA
10. バイオプラスチック
11. 生分解性ポリマー

第2章 マテリアルリサイクル技術の開発動向と応用展開
はじめに
1. 樹脂マテリアルリサイクル向け廃プラスチックの数々
2. 樹脂の分別技術
3. 添加剤
4. 着色剤
5. 強化材
6. 材料開発
7. 粉砕材から製品へのコンパウンディング
8. よく起こる問題と技術フォロー
9. リサイクル材の適用事例
10. プラスチックのマテリアルリサイクルの今後

第3章 ケミカルリサイクル技術の開発動向と応用展開
はじめに
1. ケミカルリサイクル技術の概要
2. 廃プラスチックのケミカルリサイクルによるポリマー製造手法
3. 廃プラスチックの液化
4. 日本の廃プラスチック液化技術
5. 廃プラスチックから軽質オレフィンの製造
6. 欧州石油化学の動向
7. 廃プラスチック液化日本での動き
8. 廃プラスチックのガス化
9. 都市ごみと再エネ水素から化学品
10. 都市ごみから航空燃料
11. ポリスチレンのリサイクル
12. ポリ乳酸のリサイクル
13. PETのリサイクル
14. ポリマー改質アスファルト

第4章 プラスチック包装材料に関わる国内外の法規制と技術開発動向
第1節 国内外の包装材料(樹脂)のケミカルリサイクルの現状と再生樹脂の利用事例
はじめに
1. ケミカルリサイクルの必然性
2. ケミカルリサイクルの現状
3. モノマテリアル仕様の事例
4. 具体的なリサイクルの事例

第2節 軟包装材料に関わる国内外の規制とリサイクル性を高めるためのモノマテリアル化
はじめに
1. 欧州の動向
2. 国内の動向
3. モノマテリアル化に向けた海外コンバーター,素材メーカーの動向
4. モノマテリアル化に向けた国内コンバーター,素材メーカーの動向
5. モノマテリアル化と透明蒸着
おわりに

第5章 廃プラスチックリサイクルにおける要素技術の開発動向
第1節 常圧溶解法による熱硬化性樹脂のリサイクル技術
はじめに
1. 常圧溶解法の概要
2. ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)
3. 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)
4. プリント配線板(PWB)
5. 変圧器用モールドコイル
おわりに

第2節 亜臨界・超臨界流体によるプラスチックのケミカルリサイクル技術
はじめに
1. 亜臨界・超臨界流体とは
2. 亜臨界・超臨界流体を用いるプラスチックのケミカルリサイクル
おわりに

第3節 マイクロ波を利用したケミカルリサイクル技術とそのスケールアップ
はじめに
1. マイクロ波とは
2. マイクロ波プロセスのデザイン
3. マイクロ波化学の事業展開
4. ケミカルリサイクルへの参入
5. マイクロ波を利用したケミカルリサイクル技術とそのスケールアップ
まとめ ~脱炭素社会に向けて~

第4節 物理劣化・物理再生理論による廃プラの高度マテリアルリサイクル技術
はじめに
1. 物理劣化・物理再生理論と高分子の自己再生能力
2. 自己再生能力を適用した高度ペレタイズプロセス
まとめ

第5節 ラマン分光によるプラスチック識別技術と装置開発事例
はじめに
1. プラスチックの光学識別
2. 廃家電由来プラスチックの選別回収
3. 使用済自動車由来プラスチックの選別回収
4. ラマン分光による精密識別
おわりに

第6節 廃プラスチックの熱分解分析技術と装置例
1. 概論
2. 熱分解ガスクロマトグラフ/質量分析システムとその分析法の概要
3. マテリアルリサイクルにおける応用分析例
4. ケミカルリサイクルにおける応用分析例
5. 今後の展望

第7節 CFRP/GFRPからの樹脂の分離・回収技術の国内外の開発動向
はじめに
1. GFRPリサイクル技術の動向
2. CFRPリサイクル技術の動向
おわりに

第8節 パルスパワーのリサイクル分野への応用とプラスチック表面の金属被膜剥離技術
はじめに
1. パルスパワーとは
2. パルスパワーによるプラスチック表面の金属被膜剥離技術
おわりに

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

書籍
『プラスチックリサイクル
 - 世界の規制と対策・要素技術開発の動向と市場展望 -』

https://www.tic-co.com/books/21stm076.html

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

« 書籍『【日米欧同時申請/グローバル開発戦略を見据えた】薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請』のご紹介! | トップページ | 2021年12月8日(水)開催「現場で役立つ電気の基礎知識」セミナーのご紹介! »

カテゴリ;書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 書籍『【日米欧同時申請/グローバル開発戦略を見据えた】薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請』のご紹介! | トップページ | 2021年12月8日(水)開催「現場で役立つ電気の基礎知識」セミナーのご紹介! »