最近の記事

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 書籍『環境配慮型プラスチック ~普及に向けた材料開発と応用技術~』のご紹介! | トップページ | 2022年6月17日(金)開催「海外プロジェクトの工程・納期遅延及びコスト超過のリスク対策と契約的交渉」セミナーのご紹介! »

2022年4月22日 (金)

書籍『環境対応型塗料・塗装技術』のご紹介!

----------------------------------------

◆本日ご紹介書籍◆

書籍『環境対応型塗料・塗装技術』

https://www.tic-co.com/books/22stm073.html

●著者

日本塗装機械工業会 平野 克己
(一社)東京環境経営研究所 松浦 徹也
小林分散技研 小林 敏勝
郷司技術士事務所 郷司 春憲
日本ペイントホールディングス(株) 石田 聡
大日本塗料(株) 福田 訓之
旭サナック(株) 柳田 建三
メトロ電気工業(株) 倉田 征治
メトロ電気工業(株) 筒井 健
日本ペイント・インダストリアルコーティングス(株) 斎藤 洋
日本ペイント・インダストリアルコーティングス(株) 八田 崇史
佐賀県工業技術センター 田栗 有樹
日本ファシリティ・ソリューション(株) 産業ES推進室
東和酵素(株) 内山 貴識
東和酵素(株) 魚谷 英未
KYB(株) 早川 義敬
(株)源兵衛 佐々木 健一
明治大学 宮腰 哲雄
北海道立衛生研究所 小林 智
横浜市環境創造局政策調整部 環境科学研究所 猪俣 好美
北海道大学 沖野 龍文
坪田 実


●目次

第1章 工業塗装における環境負荷とSDGsを目指す対策
はじめに 
1.塗料・塗装の環境負荷の歴史
2.塗料・塗装の環境負荷をLCAから抽出する
3.VOCへの対応の結果と教訓
4.国際的テーマとなったゼロカーボンへの対応
4.1 塗装工場からのCO2排出量
4.2 CO2排出量低減の方策
5.産業廃棄物
6.塗膜の環境負荷
7.SDGsを目指す塗料・塗装面での主テーマ
7.1 VOCゼロ化
7.2 カーボンニュートラルへの対応
7.3 塗装の品質管理の革新
7.4 塗装工場の自動化(FA化)
7.5 工業塗装のシステムインテグレート
おわりに 

第2章 日米欧中におけるVOC規制の概要と差異
1.日本のVOC規制
1.1 大気汚染防止法による規制
1.2 労働安全衛生法による規制
2.アメリカのVOC規制
2.1 大気浄化法による規制
2.2 技術的支援
3.EUのVOC規制
4.中国のVOC規制
4.1 VOC規制国家標準
4.2 規制の背景
4.3 ガイドによる基準

第3章 塗料設計・塗装プロセスからの環境対応策
第1節 水系化技術とトレードオフ関係の解消に向けて
〔1〕溶剤としての水のふるまい、その特異性
はじめに 
1.溶剤としての水の特異性
1.1 大きな分子間の凝集エネルギー
1.2 規則正しい分子の空間配置
1.3 疎水性相互作用
2.水を溶剤として用いる際の注意点
2.1 水性塗料用高分子(樹脂)
2.2 塗装作業性
2.3 顔料分散
おわりに 

〔2〕塗料用樹脂の水性化技術と架橋反応
1.水性塗料とは,どのような塗料か
2.水性塗料の技術課題
3.塗料用樹脂の水性化手法
3.1 水の存在下で樹脂を合成するタイプ-乳化重合
3.2 溶剤可溶性樹脂を強制乳化する方法
3.3 溶剤可溶型樹脂を水性樹脂に転換する方法
3.4 カチオン型電着塗料用樹脂
3.5 ポリウレタンディスパージョン(PUD)の調製法
4.水性塗料の架橋反応
4.1 塗膜の耐水性を改良する架橋反応
4.2 水性樹脂の架橋反応例
おわりに 

〔3〕水性塗料開発における増粘剤の利用と塗料安定性への副作用
1.水性塗料の構成と製造方法
2.水の特性と添加剤の利用
3.増粘剤が塗料安定性に及ぼす副作用
3.1 増粘剤の使用目的
3.2 水性塗料で用いられる増粘剤
3.3 増粘剤による副作用の事例

〔4〕ローラー塗装における塗装感と塗料飛散抑制の両立
はじめに 
1.実験および考察
1.1 塗料飛散発生過程の観察
1.2 塗料飛散の制御パラメータ
まとめ 

第2節 粉体塗料と更なる高性能化と技術課題への取り組み
〔1〕粉体塗料の開発動向と今後の展開
はじめに 
1.粉体塗料の種類
1.1 エポキシ系粉体塗料
1.2 エポキシポリエステル系粉体塗料
1.3 ポリエステル系粉体塗料
1.4 アクリル系粉体塗料
1.5 フッ素樹脂系粉体塗料
2.機能性・意匠性粉体塗料
2.1 エッジカバー性粉体塗料
2.2 抑発泡性粉体塗料
2.3 低温硬化粉体塗料
2.4 耐擦り傷性向上粉体塗料
2.5 模様粉体塗料
2.6 メタリック粉体塗料
2.7 ジンクリッチ粉体塗料
3.長期耐久性粉体塗料 二層分離形フッ素粉体塗料
4.今後粉体塗料に期待されること
おわりに 

〔2〕粉体高速色替塗装システムの開発
はじめに 
1.粉体高速色替塗装システムの概要
2.パウダーステーション(塗料供給装置)
2.1 パウダーステーションに求められる機能・役割
2.2 新開発1タンク色替パウダーステーションの特長
2.3 1タンク色替パウダーステーションの色替手順
3.粉体塗装ブース
3.1 二重構造樹脂パネル(ブース壁材)
3.2 床面エアブローノズル/吸引溝
3.3 自動ガン外面清掃用エアブローノズ
4.粉体高速色替塗装システムの導入効果
おわりに 

〔3〕粉体原色調色システムによる小ロット、短納期対応の実現
はじめに 
1.開発背景
2.粉体原色調色システムの構成
3.ドライブレンド調色用原色塗料設計
3.1 原色粒子径・分布
3.2 原色色相体系
3.3 光沢制御剤
3.4 その他
4.粉体原色調色用CCM(Computer Color Matching)
5.計量機、混合機、塗装機系
おわりに 

第3節 塗装/塗膜形成過程と省エネルギー化
〔1〕水性塗料乾燥における赤外線放射加熱の効果
はじめに 
1.熱風加熱と放射加熱の違い
1.1 熱風加熱の特徴
1.2 放射加熱の特徴
2.赤外線式ヒータの種類
2.1 熱放射
2.2 遠赤外線ヒータの特徴
2.3 赤外線ランプヒータの特徴
3.蒸発に必要なWhの考え方
3.1 水性塗料の問題点
3.2 蒸発に必要なW数の計算
3.3 有機溶剤(キシレン)と水性塗料の比較
4.赤外線乾燥の実際
4.1 赤外線での乾燥炉コンパクト化
4.2 熱風との併用
4.3 ヒータの発光長
4.4 水分蒸発に必要なW数
5.オレンジヒートの特徴
5.1 赤外線ランプヒータの高出力化
5.2 高効率カーボンランプヒータ:オレンジヒート
5.3 色による加熱ムラ
5.4 タングステンとカーボンの比較
6.活用方法例
6.1 加熱ユニット
7.今後について

〔2〕紫外線硬化型水性塗料のUV-LED硬化に対する適用検討
はじめに 
1.塗料の調整及び各波長による塗膜の硬化実験
1.1 塗料の調整
1.2 塗膜の硬化実験
1.3 塗膜の評価
2.結果及び考察
2.1 超高圧水銀ランプからのバンドパスフィルターを使用した特定の帯域幅を持つ光の取り出し
2.2 塗料成分の調整
2.3 高照度メタルハライドランプによる硬化
2.4 重合開始剤選択における留意事項
おわりに 

〔3〕自動車塗装工程における排熱回収システム導入を中心とした省エネルギーへの取り組み
はじめに 
1.取り組みの背景・経緯
2.取り組みの基本方針
2.1 基本方針① 配管からの放熱ロス削減
2.2 基本方針② ヒートポンプを活用した排熱回収
2.3 基本方針③ 安定供給と省エネルギーの両立
3.新エネルギーセンター棟の概要
4.システム導入後の省エネルギー効果
4.1 システム導入による省エネ効果
4.2 運用改善による省エネルギー効果
4.3 省エネルギー効果まとめ
4.4 省エネ大賞の受賞
おわりに 

第4節 塗料・塗装時に生じる廃棄物の適切処理と3R

〔1〕塗装工場から排出される産業廃棄物の分類及び処理方法
はじめに 
1.廃棄物を取り巻く海外,国内の現状
2.塗装事業者に求められる対応
3.廃棄物処理法
4.塗装工場内で発生する産業廃棄物の分類と具体例
5.塗装工場から排出される廃棄物の環境に優しい適正処理
6.排出別の具体的な処分例
6.1 塗装ブース水
6.2 塗料スラッジ
6.3 廃塗料と廃シンナー
6.4 廃塗料缶
6.5 塗料付着物
6.6 脱脂廃液
6.7 化成被膜剤廃液
6.8 排水処理
7.これからの塗装工場と産業廃棄物

〔2〕微生物製剤を用いた湿式塗装ブースの臭気・産業廃棄物の軽減技術
はじめに 
1.塗装ブースを運用するうえでの問題点
2.ブース水の臭気発生の要因
3.微生物製剤の特徴と効果
4.使用方法
4.1 塗装ブースへの直接投入
4.2 自家培養システム
5.塗装ブースの軽メンテナンスと大型清掃作業
5.1 日常の軽メンテナンス
5.2 定期的な大型清掃作業
6.導入の効果
6.1 A社の事例
6.2 B社の事例
おわりに 

〔3〕水性塗料廃棄物減量への挑戦
はじめに 
1.当社および背景の紹介
2.塗装工程から排出される産業廃棄物
3.「環境配慮型」の盲点
4.対策で次なる問題発生
5.「遊び心」にヒント
6.廃棄物で廃棄物を減量
おわりに 

〔4〕塗装リユースシステムの開発背景と普及に向けた課題
はじめに 
1.開発の背景
1.1 塗料は廃棄されやすい
1.2 塗料リユースシステムの開発
1.3 実作業面における課題の克服
1.4 廃塗料が環境に与える負荷への問題意識
2.リユースシステムの概要
2.1 塗料リユースシステムのサービスフロー
2.2 システムの長所
3. 現在の運用状況と今後の課題
3.1 登録事業者からのフィードバック
(1)長所
(2)懸念事項
3.2 当社が考える今後の課題
(1)配合データの充実
(2)マッチング精度の向上
(3)システム普及に向けた営業体制
おわりに 

第5節 自然由来の原料,生態系への配慮
〔1〕漆の工業塗装への応用
はじめに 
1.漆液の成分組成
2.漆液の乾燥硬化のメカニズム
3.漆塗りと漆工芸
4.漆塗料の改質法
5.ナノオーダーの金コロイドや銀コロイドを用いた漆塗料<
6.ナノ漆の開発と応用
おわりに 

〔2〕水性塗料成分による新築小学校の室内空気汚染に関する調査結果
はじめに 
1.問題の経緯
2.原因の究明
3.対策
4.校舎使用開始時点での汚染物質濃度の推定
4.1 汚染物質放散量の測定
①図書室の推定濃度
②体育館の推定濃度
おわりに 

〔3〕横浜市環境科学研究所における水質事故分析事例
はじめに
1.水質事故で採水された試料
1.1 ヘッドスペース-ガスクロマトグラフ質量分析装置
1.2 走査電子顕微鏡
1.3 フーリエ変換赤外分光光度計
2.水質事故分析事例
2.1 令和3年3月5日 馬洗川白濁事故
2.2 令和2年6月12日 帷子川白濁事故
2.3 令和3年2月7日 柏尾川白濁事故
おわりに 

〔4〕船底防汚塗料設計に向けた付着阻害物質の探索と研究動向
はじめに
1.防汚剤の開発の歴史
2.海洋生物由来の付着阻害物質の初期の研究例
3.最近上市された防汚剤
4.最近報告された海洋生物由来の付着阻害物質
おわりに 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

書籍『環境対応型塗料・塗装技術』

https://www.tic-co.com/books/22stm073.html


*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

« 書籍『環境配慮型プラスチック ~普及に向けた材料開発と応用技術~』のご紹介! | トップページ | 2022年6月17日(金)開催「海外プロジェクトの工程・納期遅延及びコスト超過のリスク対策と契約的交渉」セミナーのご紹介! »

カテゴリ;書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 書籍『環境配慮型プラスチック ~普及に向けた材料開発と応用技術~』のご紹介! | トップページ | 2022年6月17日(金)開催「海外プロジェクトの工程・納期遅延及びコスト超過のリスク対策と契約的交渉」セミナーのご紹介! »