2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 2022年6月16日(木)開催【オンラインセミナー】「金属材料の水素脆性の基礎と応用」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2022年6月17日(金)開催「メタン発酵/バイオガスに関する事業と技術開発・適用動向」セミナーの再ご紹介! »

2022年5月30日 (月)

2022年6月17日(金)開催「海外プロジェクトの工程・納期遅延及びコスト超過のリスク対策と契約的交渉」セミナーの再ご紹介!

 

☆本日再ご紹介セミナー☆

2022年6月17日(金)開催
~講師が主導したプロジェクトでの実例などを基に解説する~
海外プロジェクトの工程・納期遅延及びコスト超過のリスク対策と契約的交渉」セミナー

https://www.tic-co.com/seminar/20220601.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※ライブ配信受講の方のテキスト資料はセミナー開催日の直前にお送り致します。
※ライブ配信に関するよくあるご質問はこちらから。

--------------------------------------

 

 

 日めくり俳句   2022年5月30日(月)

 

(いちご) 

バラ科の多年草で、古くはスイスで石器時代の遺跡から種子が見つかっています。

また、日本では『枕草子』に登場しています。

しかし、これらは野生の苺です。

苺が栽培されるようになったのは中世のヨーロッパで、日本には幕末にオランダから伝わったとされています。

現在、われわれが食べているのはこのオランダいちご、別名西洋いちごです。

今は一年中店頭に並びますが、もともとは5月から6月に熟す果物で、この頃の苺が一番みずみずしく、ビタミンCなどの栄養も豊富です。

4月から5月頃、五弁の可憐な白い花を咲かせます。

よく見ると、薄緑の花芯は小さな苺の形をしています。

「苺の花」は晩春の季語で、「苺」は初夏の季語です。

 

Strawberry flower

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Strawberry_flower.jpg?uselang=ja

オランダイチゴの花

 

花の芯すでに苺のかたちなす

飴山 實(あめやま みのる)(1926-2000)

 

***********************************************************************************************************
 

さて、本日も2022年6月開催セミナーをご紹介!

2022年6月17日(金)開催 

~講師が主導したプロジェクトでの実例などを基に解説する~
海外プロジェクトの工程・納期遅延及びコスト超過のリスク対策と契約的交渉」セミナー

です!

 

★海外プロジェクトを遂行する上での、工程・納期遅延の発生原因とそれに対応する対策や伴うリスクマネジメントの基本とその応用について、長年の経験から成功させる為の工夫や遭遇する課題、契約的な交渉などへの対応、個別の企業や案件での応用事例、又、最近の海外建設プロジェクト業界の動向・方向性を含め、実務経験豊富な大谷講師より、具体的な実体験をまじえ詳しく解説頂きます。

 

◎講 師

 元日揮グローバル株式会社
 大谷国際技術士事務所・代表        大谷一人 氏

 

◎プログラム

 海外プロジェクトを遂行する上での、工程遅延の発生原因とそれに対応する対策や伴うリスクマネジメントの基本知識とその応用について、講師の所属した日揮技術士会の有志が執筆した『技術士ハンドブック 第2版(オーム社刊) 第8章 プロジェクトマネジメント』の該当箇所の内容や米国AACE、英国SCLでの最新の研究成果などを参照しつつ、講師の経験や見解を説明する。
 知識分野を総合的に理解し、それを海外プロジェクトの工程遅延やコスト超過のリスク管理に適用する際、プロジェクトを成功させる為の工夫や遭遇するリスクや課題などへの対応を解説する。実務にあたり、契約的な交渉への対応について、海外建設プロジェクト分野での最近の欧米などの動向(英国建設法協会SCLのプロトコールやAACE手順書など参照)も合わせて解説する。

主な内容は
 ●講師の経験した事例からの関連知識・手法の紹介
 ●リスクマネジメントの基礎知識の解説
 ●プロジェクトへの応用について(具体例と最近の動向など)
 ●発展課題の導入(契約の適用による交渉への道筋。業界動向など解説)

 

1.エンジニアリング業界と海外プロジェクトの紹介
  エンジニアリング業界概説、講師の参画した海外プロジェクトの概要説明と関連した
  プロジェクトマネジメントの概要説明

 

2.リスクマネジメントの基礎知識と応用
  2.1 リスク計画
    リスク計画のプロセス、プロジェクトに内在するリスクの特徴、リスク管理計画、
    予備費について、プロジェクトの典型的なリスク項目
  2.2 スケジュール計画(工程管理)とコスト見積
    ネットワークスケジュールについて、工程短縮、工程作成の階層について、
    コスト見積の手法と段階別適用について、見積精度と基本情報との関係、
    コンテンジェンシーの考え方、見積の評価、進捗報告
  2.3 建設(現地工事)計画
    建設誘導型計画、コンストラクタビリティー計画、工事スケジュール計画、
    資材管理、サブコントラクター管理

 

3.契約的対応の実際のプロジェクトへの応用例と交渉
  講師が主導した海外プロジェクトでの実例を基に、交渉戦略やEPC遂行での応用面の
  留意点を解説する。特に不可抗力条項の適用や価格調整項目など着目する。
  納期遅延の交渉の基本知識(英国建設法協会編・工程遅延と混乱対応プロトコール
  最新版参照)を解説して、プロトコールの重要部分の和訳やAACE標準書の
  工程遅延分析方法を具体的に解説して話題提供する。

 

4.海外建設プロジェクト業界動向と方向性について
  特にリスク分担を企図した国際建設合弁事業について、最近の研究を紹介する。

 

5.質疑応答

 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

 

 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2022年6月17日(金)開催
~講師が主導したプロジェクトでの実例などを基に解説する~
海外プロジェクトの工程・納期遅延及びコスト超過のリスク対策と契約的交渉」セミナー

https://www.tic-co.com/seminar/20220601.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※ライブ配信受講の方のテキスト資料はセミナー開催日の直前にお送り致します。
※ライブ配信に関するよくあるご質問はこちらから。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

(担当:白井芳雄)

« 2022年6月16日(木)開催【オンラインセミナー】「金属材料の水素脆性の基礎と応用」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2022年6月17日(金)開催「メタン発酵/バイオガスに関する事業と技術開発・適用動向」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022年6月16日(木)開催【オンラインセミナー】「金属材料の水素脆性の基礎と応用」セミナーの再ご紹介! | トップページ | 2022年6月17日(金)開催「メタン発酵/バイオガスに関する事業と技術開発・適用動向」セミナーの再ご紹介! »