2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 2022年10月13日(木)開催「CO2有効利用/カーボンリサイクルに関する技術開発と事業動向・展望」セミナーの再ご紹介 | トップページ | 2022年10月14日(金)開催「金属腐食のメカニズムと長期信頼性にむけた耐食性評価方法及び腐食対策」セミナーの再ご紹介! »

2022年9月28日 (水)

調査資料『≪2022年版≫LIBの静脈産業市場動向実態調査』のご紹介!

◆本日ご紹介調査資料◆

『≪2022年版≫LIBの静脈産業市場動向実態調査』

https://www.tic-co.com/books/2022gb01.html

※本資料はご試読頂けません。
※本資料を直接ご覧いただくには、前もってご連絡(TEL:06-6358-0141)いただき、
 当社にお越し下さるか、セミナー会場までお越しいただければ、現物を手に取って
 ご覧いただけます。

--------------------------------------

日めくり俳句   9月28日(水)

蘆の花(あしのはな)

イネ科の多年草で、水辺に群生します。

湿地の多い日本の国土は、古くは蘆原に覆われていました。

『古事記』では日本の美称「豊葦原瑞穂国(とよあしはらのみずほのくに)」とあり、これは「蘆が茂り稲の稔りが豊かな国」という意味です。

また、「あし」を「悪(あ)し」とすることを嫌い、「良し」の「葭(よし)」とも呼ばれ、「葦」「芦」とも書かれます。

江戸時代になるとアシ原、ヨシ原が開拓され、多くの新田ができました。

芦屋、吉原、吉田の地名も「アシ」「ヨシ」の繁茂する場所でした。

一般的には関東では「葭(よし)」、関西では「蘆(あし)」と呼ばれます。

夏には青々としていた蘆も、秋になると穂に紫を帯びた小花を咲かせます。

花は次第に紫褐色に変わっていきます。

風に揺れる「蘆の花」は秋の涼しさから、徐々にわびしさへと趣を変えながら、晩秋には白い綿毛となって、秋の深まりを伝えてくれます。

軽くて、丈夫な長い茎は夏の日除け「葦簀(よしず)」や屋根を葺(ふ)くのに使われます。


仲秋の季語です。


蘆の花折りて船出の祓せん(祓=はらい)

椎本才麿(しいのもと さいまろ)(1656-1738)




初夏の葦初夏の蘆
CC 表示-継承 3.0, リンクによる
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Riet_Phragmites_australis_planten.jpg


 

Phragmites australis blossom.jpg
蘆の花(穂)
CC 表示-継承 3.0, リンクによる
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Phragmites_australis_blossom.jpg



*************************************************************************


さて、本日は新規取扱い調査資料のご紹介です!

 
『≪2022年版≫LIBの静脈産業市場動向実態調査』

 
■体裁/ A4判 154ページ
■発行/ 2022年 9月 5日 (株)グリーンビジネス研究所
 

●内容・目次

【調査のまとめ】 ---------------------------------------------------(1)

1.LIB 搭載製品別 LIB 排出量推定(2010~2021 年,2022~2030 年予測):国内販売-----( 7)
2.LIB 搭載製品別 LIB 排出の流通構造実態(2021 年)------------------------------( 25)
3.LIB の中間処理/再資源化/解体/リユース市場規模予測---------------------------( 37)
4.LIB 搭載製品別の LIB 基本スペック-------------------------------------------( 58)
5.LIB 再資源化市場------------------------------------------------------------( 60)
6.LIB リユース動向------------------------------------------------------------( 63)
7.再資源化技術/安全対策技術動向-----------------------------------------------( 67)
8.LIB 製品別・安全対策/LIB 取外し易さ動向--------------------------------------( 77)
9.国/公的機関・協会団体の取組み/関連法規動向-----------------------------------( 83)
10.関連文献一覧(2021~2022 年)-----------------------------------------------( 89)
11.関連特許一覧(出願日ベース:2014~2022 年)---------------------------------(144)
12.業界関連団体・省庁一覧-------------------------------------------------------(151)
13.関連規格一覧----------------------------------------------------------------(154)
 

詳しい内容、サンプル(PDF)、お申込みはこちらから↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

『≪2022年版≫LIBの静脈産業市場動向実態調査』

https://www.tic-co.com/books/2022gb01.html

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

(担当:白井芳雄)

« 2022年10月13日(木)開催「CO2有効利用/カーボンリサイクルに関する技術開発と事業動向・展望」セミナーの再ご紹介 | トップページ | 2022年10月14日(金)開催「金属腐食のメカニズムと長期信頼性にむけた耐食性評価方法及び腐食対策」セミナーの再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022年10月13日(木)開催「CO2有効利用/カーボンリサイクルに関する技術開発と事業動向・展望」セミナーの再ご紹介 | トップページ | 2022年10月14日(金)開催「金属腐食のメカニズムと長期信頼性にむけた耐食性評価方法及び腐食対策」セミナーの再ご紹介! »