2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2023年4月18日(火)開催「現場で役立つ電気の基礎知識」セミナーのご紹介 | トップページ | 2023年4月14日(金)開催「ステンレス鋼の選び方・使い方とトラブル対策」セミナーのご紹介 »

2023年2月27日 (月)

2023年4月21日(火)開催「ゼオライトの特性制御・合成と応用展開・実際」セミナーのご紹介

☆本日ご紹介セミナー☆

2023年4月21日(金)開催

【オンラインセミナー】

 「ゼオライトの特性制御・合成技術とその応用展開及び実際のポイント」

                                     セミナー!

  https://www.tic-co.com/seminar/20230402.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※セミナー資料(テキスト)はセミナー開催日の直前にデータ(pdf)でお送り致します。
※ライブ配信に関するよくあるご質問はこちらから。

※アーカイブ受講可能
 (当日受講及びアーカイブ受講の両方をご希望の方はそれぞれ受講料を頂戴致します。)
  1.受講料は同額となります。
  2.恐れ入りますが、講師への質問は受付できません。
  3.開催日より7~10営業日以降に配信の準備が整いましたらご連絡致します。
  4.ご都合の良い日をお伺いし、視聴用URLなどをお送り致します。
  5.動画の公開期間は公開日より3日間となります。

--------------------------------------
日めくり俳句   2月27日(月)

犬ふぐり(いぬふぐり)

オオバコ科(ゴマノハグサ科)の越年草で、ヨーロッパ原産の帰化植物です。

日本には明治時代初頭に伝わったとされています。

野山に春を告げる花で、早春の日溜(ひだま)りに青空からこぼれたような瑠璃色の小さな花をつけます。

二つ並んだ実の形を犬の睾丸(こうがん)にたとえたユニークな花名に似ず、花は可憐です。

一般に「いぬふぐり」と呼ばれるこの花は正確にはオオイヌフグリで、日本各地の道端や野原、田畑などに見られます。

踏まれてもたくましくはびこり、空や海の色を思わせる色で陽が好きで、朝日に開き夕方には閉じてロマン漂う花です。

在来種のイヌノフグリは希少種です。

初春の季語です。

いぬふぐり一花一花に深空あり(深空=みそら)

林 翔(はやし しょう)(1914-2009)

20140224Veronica persica

犬ふぐりの花

VeronicaPersicaFruit
犬ふぐりの実

(担当:白井芳雄)
*************************************************************************

さて、本日も2023年4月開催セミナーをご紹介!

2023年4月21日(金)開催

【オンラインセミナー】

 「ゼオライトの特性制御・合成技術とその応用展開及び実際のポイント」

                                     セミナー

です!

 

★本セミナーでは、ゼオライトのもつ物性・特性を十分に引き出し、実用機能に繋げるために基礎物性・特性・評価手法から、合成技術と各用途への応用展開、開発事例まで、斯界の第一線でご活躍中の吉田氏、楢木氏、両講師より実際に使用する視点から詳しく解説頂きます。
★講師との名刺交換の希望などがございましたら、その旨ご連絡下さいませ。

 

●講 師

東ソー株式会社 無機材料研究所 所長
博士(工学)

吉田 智 氏


●講 師

東ソー株式会社 無機材料研究所 所長付
博士(工学)

楢木祐介 氏

 


◎プログラム

1.ゼオライトとは

 (1)ゼオライトの発見と工業化
 (2)ゼオライトの構造と分類
  - 化学組成、三次元構造、機能の発現
  - 合成ゼオライト・人工ゼオライト・天然ゼオライトの比較
  - 様々なゼオライト構造と代表的構造、ゼオライトの名称
  - 理論構造
 (3)工業製品としてのゼオライト(当社のゼオライト製品例から)
 (4)公開情報ソース
  - ゼオライト調査に有用なweb情報源、論文誌等


2.ゼオライトの基礎物性・特性と評価手法

 (1)組成と親疎水性
  - SiO2/Al2O3比及びゼオライト構造と水・有機物吸着特性との関係
 (2)耐熱性
 (3)酸性質
  - ゼオライトの固体酸性質の発現
  - アンモニア吸着昇温脱離法(NH3-TPD)
  - プローブ吸着IR法
 (4)イオン交換特性
 (5)吸着・分子ふるい特性
 (6)触媒特性
  - 酸触媒
  - 窒素酸化物還元(アンモニア選択還元)
 (7)特性制御の事例(炭化水素吸着特性を例に)
  - SiO2/Al2O3比の影響
  - ゼオライト構造の影響
  - 吸着特性改良の試み


3.ゼオライトの合成技術

 (1)ゼオライト合成の基本
  - 合成フローと基本操作
  - 原料
  - 有機構造指向剤(Organic Structure Directing Agent: OSDA)
  - 結晶化機構
 (2)ゼオライト合成の主要因子
 (3)種々のゼオライトの合成技術と最近の技術動向
  - フッ化物イオン添加
  - リン酸塩系ゼオライト
  - Charge Density Mismatch(CDM)
  - ゼオライト転換
  - OSDAフリー合成
  - ドライゲルコンバージョン・無溶媒添加合成
  - Assembly-Disassembly-Organization-Reassembly(ADOR)
  - 階層構造(ミクロ-メソ-マクロ細孔)ゼオライト
  - ナノサイズゼオライト
  - 金属含有ゼオライト合成
  - フッ素フリー化のアプローチ


4.ゼオライトの主な用途事例

 (1)吸着剤用途
  - 乾燥剤、CO2吸着剤、VOC吸着剤、希ガス吸着剤、自動車排ガス用吸着剤
 (2)触媒用途
  - 石油化学触媒、自動車排ガス触媒、環境浄化触媒
 (3)イオン交換剤用途
  - 汚染水浄化剤


5.ゼオライトの材料設計:当社の開発事例から

 (1)自動車排ガス浄化触媒用ゼオライト
 (2)結晶サイズ制御ゼオライト
 (3)酸素圧力スイング吸着(PSA)用吸着剤


6.まとめと展望

 

7.質疑応答(適宜)


詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

https://www.tic-co.com/seminar/20230402.html


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2023年4月21日(金)開催

【オンラインセミナー】

 「ゼオライトの特性制御・合成技術とその応用展開及び実際のポイント」

                                     セミナー!

  https://www.tic-co.com/seminar/20230402.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※セミナー資料(テキスト)はセミナー開催日の直前にデータ(pdf)でお送り致します。
※ライブ配信に関するよくあるご質問はこちらから。

※アーカイブ受講可能
 (当日受講及びアーカイブ受講の両方をご希望の方はそれぞれ受講料を頂戴致します。)
  1.受講料は同額となります。
  2.恐れ入りますが、講師への質問は受付できません。
  3.開催日より7~10営業日以降に配信の準備が整いましたらご連絡致します。
  4.ご都合の良い日をお伺いし、視聴用URLなどをお送り致します。
  5.動画の公開期間は公開日より3日間となります。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

« 2023年4月18日(火)開催「現場で役立つ電気の基礎知識」セミナーのご紹介 | トップページ | 2023年4月14日(金)開催「ステンレス鋼の選び方・使い方とトラブル対策」セミナーのご紹介 »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年4月18日(火)開催「現場で役立つ電気の基礎知識」セミナーのご紹介 | トップページ | 2023年4月14日(金)開催「ステンレス鋼の選び方・使い方とトラブル対策」セミナーのご紹介 »