2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2023年4月25日(火)開催「再エネ電力調達の最新動向とビジネス展望」セミナーのご紹介 | トップページ | 書籍『光半導体とそのパッケージング・封止技術』のご紹介! »

2023年3月10日 (金)

2023年4月20日(木)開催「排水処理(水処理、水回収、有価物回収)における基本技術とコスト削減の進め方と技術動向」セミナーのご紹介

☆本日ご紹介セミナー☆

2023年4月20日(木)開催

「排水処理(水処理、水回収、有価物回収)における
 基本技術とコスト削減の進め方と技術動向」

~水処理プロセスの最適化、SDGsへの取組みなどを含めて~

                                   セミナー!

  https://www.tic-co.com/seminar/20230405.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。  
※セミナー資料(テキスト)はセミナー開催日の直前にお送り致します。
※ライブ配信に関するよくあるご質問はこちらから。

--------------------------------------
日めくり俳句   3月10日(金)

猫柳(ねこやなぎ)

日本各地の水辺に自生するヤナギ科の落葉低木です。

庭などに植えられたり、生け花にしたり、観賞用にも栽培されます。

雌雄異株で生け花によく使われるのは雄花のほうです。

二月頃、葉より先に銀色のつややかな毛に包まれた長楕円状の花穂をつけます。

ふわふわの花穂が猫の尾、または子猫を思わせることからこの名が付きました。

「猫柳(ねこやなぎ)」の名が定着したのは明治以降で、江戸時代までは「川柳(かわやなぎ)」と呼ばれていました。

別名に「狗尾柳(えのころやなぎ)」があり、こちらは子犬の尾に見立てた呼び名です。

そういわれると猫の毛並みにも似ていますが、柴犬などの日本犬の尾も思わせます。

つややかな銀色の輝きは陽光にもきらきらと光る川面にも映えます。

 

初春の季語です。

 

風やみて日のやさしさよ猫やなぎ

成瀬櫻桃子(なるせ おうとうし)(1925-2004)

 

W nekoyanagi2031猫柳の花穂

 

(担当:白井芳雄)
*************************************************************************

さて、本日は2023年4月開催セミナーをご紹介!

2023年4月20日(木)開催

「排水処理(水処理、水回収、有価物回収)における
 基本技術とコスト削減の進め方と技術動向 」

~水処理プロセスの最適化、SDGsへの取組みなどを含めて~

                                   セミナー

です!

 

★本セミナーでは、排水規制や取水、排水量の制限に対応できる水処理プロセス最適化の考え方を始め、
 具体的な排水処理技術及び水回収技術のそれぞれの最新動向とコスト削減の進め方、SDGsへの取組み、
 又、運転管理におけるコスト削減、有価物回収について、斯界の第一線でご活躍中の江口氏、恵良氏、
 両講師に詳しく解説頂きます。

 

●講 師

オルガノ(株)
技術開発本部 開発センター
副センター長 兼 企画管理部長
工学博士
江口正浩 氏

オルガノ(株)
技術開発本部 開発センター
用純回収グループリーダー
恵良 彰 氏


◎プログラム

Ⅰ.排水規制への対応と水処理プロセスの考え方

  (1)排水処理とSDGs
  (2)排水規制の動向
  (3)排水処理プロセスの基本と新しい産業排水処理システム
  (4)排水分別による排水処理の最適化


Ⅱ.排水処理技術の動向とコスト削減の進め方

 1.排水処理の基本
  (1)生物学的処理
  (2)物理化学的処理
 2.排水処理におけるコスト削減を目的とした技術動向
  (1)生物学的処理
   ①好気性流動床式高効率生物処理
   ②膜分離活性汚泥(MBR)
   ③汚泥削減型生物処理
   ④流動式担体嫌気処理
  (2)物理化学的処理
   ①高速加圧浮上装置
   ②高速凝集沈澱装置
 3.排水処理における規制強化への対応
  (1)生物処理向け栄養剤
  (2)重金属捕集剤による処理
  (3)高速窒素処理技術
  (4)高度フッ素処理技術
  (5)難分解性物質


Ⅲ.水処理装置の運転管理とコスト削減の進め方

  (1)加圧浮上助剤
  (2)油分分解促進剤
  (3)有機性汚泥削減
  (4)無機性汚泥削減
  (5)凝集剤自動注入制御


Ⅳ.水回収技術の動向とコスト削減の進め方

 1.水回収とSDGs
 2.クーリングタワーのブロー水削減と薬剤自動注入制御
 3.水回収の基本
  (1)基本プロセス
  (2)膜の種類と特徴(除濁膜、RO膜、NF膜)
 4.水回収におけるコスト削減を目的とした技術動向
  (1)膜技術の動向
  (2)除濁膜
   ①除濁膜のファウリング対策
   ②高濃度SS含有水の直接膜ろ過と高回収率化
  (3)RO膜
   ①RO膜のスケール対策
   ②RO膜のスライム対策と薬剤自動注入制御
  (4)NF膜
   ①選択分離
  (5)水質向上による回収水利用用途の拡大
  (6)回収率向上による取水量・排水量削減


Ⅴ.有価物回収

  (1)フッ素回収技術
  (2)リン回収技術
  (3)使用薬品回収技術
  (4)金属回収


Ⅵ.熱回収技術(水熱利用システム)



Ⅶ.まとめ



Ⅷ.質疑応答(適宜)


詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

https://www.tic-co.com/seminar/20230405.html


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2023年4月20日(木)開催

「排水処理(水処理、水回収、有価物回収)における
 基本技術とコスト削減の進め方と技術動向」

~水処理プロセスの最適化、SDGsへの取組みなどを含めて~

                                   セミナー!

  https://www.tic-co.com/seminar/20230405.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。  
※セミナー資料(テキスト)はセミナー開催日の直前にお送り致します。
※ライブ配信に関するよくあるご質問はこちらから。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

« 2023年4月25日(火)開催「再エネ電力調達の最新動向とビジネス展望」セミナーのご紹介 | トップページ | 書籍『光半導体とそのパッケージング・封止技術』のご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年4月25日(火)開催「再エネ電力調達の最新動向とビジネス展望」セミナーのご紹介 | トップページ | 書籍『光半導体とそのパッケージング・封止技術』のご紹介! »