2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2023年6月16日(金)開催「脱炭素、CO2削減の要!ガス、電力単価高騰時代に向けた最新熱回収の考え方と自然エネルギーをフル活用した熱交換、ヒートポンプ、暑熱対策の最新事情(実際)の公開」セミナーのご紹介 | トップページ | 書籍『グリーン燃料とグリーン化学品製造』の再ご紹介! »

2023年5月 1日 (月)

2023年6月15日(木)開催「金属材料の水素脆性の基礎と応用」セミナーのご紹介

☆本日ご紹介セミナー☆

2023年6月15日(木)開催

【オンラインセミナー】

「金属材料の水素脆性の基礎と応用」

 ~水素添加・水素分析・水素脆化評価・メカニズムから最新の動向まで~

                                   セミナー!

  https://www.tic-co.com/seminar/20230604.html

※本セミナーは、ライブ配信(Zoom)のみでの開催です。

※当日使用のテキスト資料はセミナー開催日の直前にお送り致します。
※ライブ配信に関する 》》よくあるご質問はこちら 《《 から

--------------------------------------
月曜俳句   5月1日(月)

五月(ごがつ)

黄金週間(ゴールデンウィーク)に始まるすがすがしい薫風と新緑の月。

ドイツの詩人ハイネも「美しき五月に」と詠ったように、みずみずしい生命力にあふれた、一年で最もうるわしい月です。

カトリックではこの月を「マリアの月」「聖母月(せいぼづき)」と呼ぶことから「聖五月」という言葉があります。

気温的にも快適な日が多く、行楽の好季節です。

初夏の季語です。

 

君の瞳にみづうみみゆる五月かな

木下夕爾(きのした ゆうじ)(1914-1965)

 

御射鹿池御射鹿池(みしゃかいけ)
(長野県茅野市にある貯水池で八ヶ岳中西高原国定公園内にある人工池。
日本画の東山魁夷の作品『緑響く』のモチーフとして有名。)

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Mishaka_pond.jpg
CC 表示 4.0
, リンクによる

 

(担当:白井芳雄)
*************************************************************************

さて、本日も2023年6月開催セミナーを再ご紹介!

2023年6月15日(木)開催

【オンラインセミナー】

「金属材料の水素脆性の基礎と応用」

 ~水素添加・水素分析・水素脆化評価・メカニズムから最新の動向まで~

                                   セミナー

です!

 

★本セミナーでは、金属と水素の物理化学的相互作用の基礎から、金属材料中の水素分析方法の特徴・注意点、また、各種金属材料の遅れ破壊・水素脆化メカニズムに関する過去および最新の研究、国際的な動向、抑制に向けた指針に至るまで、斯界の最前線でご活躍中の高井博士に詳しく解説頂きます。

 

◎プログラム

【習得知識】

・金属と水素の物理化学的性質の基礎
・水素分析手法の種類と用い方
・遅れ破壊・水素脆化のメカニズム
・水素脆化を抑制するための考え方、方法


【講演の概要】

 水素脆化とは水素と応力の作用により材料が脆くなる現象であり、近年、さまざまな製品で問題となっている。例えば、低炭素社会さらには脱炭素社会に向けて、輸送機器の軽量化のため材料の高強度化が求められており、材料を高強度化するほど水素脆化感受性が高まり、突然の破壊が危惧される。また、水素は次世代エネルギーの主役の一つとして期待されていますが、燃料電池車や水素ステーションでは極めて過酷な水素環境で材料が使用される傾向にあり、安全性と信頼性の確立が急務といえる。これらの問題を克服するため、水素脆化の基礎を修得することを目的とする。


【プログラム】

1.金属と水素の物理化学的性質の基礎事項

 1.1 金属(bcc,fcc,hcp)中の水素の固溶
 1.2 金属表面での水素の吸着、侵入過程
 1.3 金属中の水素拡散
 1.4 金属中の水素トラップサイト

2.水素分析方法の特徴・注意点

 2.1 昇温脱離法
 2.2 水素可視化方法

3.水素脆化メカニズム

 3.1 水素脆性とは
 3.2 水素脆性の特徴
 3.3 内圧説
 3.4 格子脆化説
 3.5 局部変形助長説
 3.6 空孔凝集説

4.金属中の水素存在状態と脆化メカニズム解明へ向けた最近の研究

 4-1 転位と水素の相互作用
 4-2 水素存在状態と水素脆化の関係

5.水素脆化メカニズムに立脚した水素脆化抑制指針

6.質疑応答(適宜)


詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

https://www.tic-co.com/seminar/20230604.html


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2023年6月15日(木)開催

【オンラインセミナー】

「金属材料の水素脆性の基礎と応用」

 ~水素添加・水素分析・水素脆化評価・メカニズムから最新の動向まで~

                                   セミナー!

  https://www.tic-co.com/seminar/20230604.html

※本セミナーは、ライブ配信(Zoom)のみでの開催です。

※当日使用のテキスト資料はセミナー開催日の直前にお送り致します。
※ライブ配信に関する 》》よくあるご質問はこちら 《《 から

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

« 2023年6月16日(金)開催「脱炭素、CO2削減の要!ガス、電力単価高騰時代に向けた最新熱回収の考え方と自然エネルギーをフル活用した熱交換、ヒートポンプ、暑熱対策の最新事情(実際)の公開」セミナーのご紹介 | トップページ | 書籍『グリーン燃料とグリーン化学品製造』の再ご紹介! »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年6月16日(金)開催「脱炭素、CO2削減の要!ガス、電力単価高騰時代に向けた最新熱回収の考え方と自然エネルギーをフル活用した熱交換、ヒートポンプ、暑熱対策の最新事情(実際)の公開」セミナーのご紹介 | トップページ | 書籍『グリーン燃料とグリーン化学品製造』の再ご紹介! »