2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2023年6月22日(木)開催「微細藻類に関する要素技術と開発動向・展望」セミナーのご紹介 | トップページ | 2023年6月23日(金)開催「太陽光パネルのリサイクル・リユースの最新動向と展望」セミナーのご紹介 »

2023年5月29日 (月)

2023年6月23日(金)開催「地域マイクログリッドと分散型電源の活用」セミナーのご紹介

☆本日ご紹介セミナー☆

2023年6月23日(金)開催

「地域マイクログリッドと分散型電源の活用」
 ~講師4名【岐阜大学 浅野浩志 氏、関電工 野本健司 氏、
  京セラ 草野吉雅 氏、TNクロス 馬橋義美津 氏】ご登壇~

                                   セミナー!

  https://www.tic-co.com/seminar/20230609.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※セミナー資料(テキスト)はセミナー開催日の直前にデータ(pdf)でお送り致します。

※アーカイブ受講可能
 (当日受講及びアーカイブ受講の両方をご希望の方はそれぞれ受講料を頂戴致します。)
  1.受講料は同額となります。
  2.恐れ入りますが、講師への質問は受付できません。
  3.開催日より7~10営業日以降に配信の準備が整いましたらご連絡致します。
  4.ご都合の良い日をお伺いし、視聴用URLなどをお送り致します。
  5.動画の公開期間は公開日より3日間となります。

--------------------------------------
三曜俳句   5月29日(月)

水馬(あめんぼ、あめんぼう)  三夏の季語

足のつることもありなむ水馬

大木あまり(おおき あまり)(1941-)

 

水面をすいすいと滑走する水生昆虫。

体長は4センチほどで黒くて細長い。

三対の肢(あし)のうち、うしろの二対はきわめて長く、池や沼、小川などで小昆虫を捕食します。

名前の由来は体から飴(あめ)のような匂いを発することからです。

人は体調がすぐれない時、歩き疲れた時など寝ていて、足がつることがあります。

水馬のあの動きを見て、他人(ひと)ごとながら水馬の身の上を心配している作者です。

三夏の季語です。

 

WaterstriderEnWiki

アメンボ

 

 

(担当:白井芳雄)
*************************************************************************

さて、本日も2023年6月開催セミナーをご紹介!

2023年6月23日(金)開催

「地域マイクログリッドと分散型電源の活用」
 ~講師4名【岐阜大学 浅野浩志 氏、関電工 野本健司 氏、
  京セラ 草野吉雅 氏、TNクロス 馬橋義美津 氏】ご登壇~

                                   セミナー

です!

 

★電力系統と協調運用可能なマイクログリッド、自律運転可能なマイクログリッドのデザイン・運用の在り方から、各企業(関電工、京セラ、TNクロス)における地域マイクログリッド・分散型電源活用に関する取組み状況と今後の展望などについて、斯界の最前線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。
★講師の皆様ご来場頂く予定ですが、急遽オンラインでの講演となる場合がございます。
 変更などがございましたら、随時更新させて頂きますので、下記にてご確認下さいませ。

 

◎プログラム

Ⅰ.次世代分散型電力システムとマイクログリッド

東海国立大学機構 岐阜大学高等研究院 特任教授
一般財団法人 電力中央研究所研究アドバイザー
東京工業大学 科学技術創成研究院 特任教授
浅野浩志 氏

 国内外で自家発、分散型蓄電池、EV充放電制御など分散型エネルギー資源(DER)の配電系統への連系が進んでいる。需要側・供給側の双方にメリットのある、DERを活用する配電分野の次世代化を展望し、電力系統と協調運用可能なマイクログリッド、自律運転可能なマイクログリッドのデザイン・運用の在り方を論ずる。

 1.マイクログリッドとは
 2.再生可能エネルギーとDER(分散型エネルギー資源)活用
 3.GX基本方針と次世代分散型電力システム
 4.進行する電力市場改革の動向と課題
 5.マイクログリッド導入スキーム
 6.質疑応答・名刺交換


Ⅱ.いすみ市地域マイクログリッド構築事業の概要

株式会社関電工 専務執行役員
戦略技術開発本部 戦略事業ユニット長
野本健司 氏

 いすみ市地域マイクログリッドの概要とLPガス発電機を活用した関電工独自の電源システム、技術実証等について紹介する。また、今後の展開についても言及する。

 1.地点選定
 2.これまでの取り組み(マスタープラン策定)
 3.これまでの取り組み(設備構築)
 4.関電工独自の電源システム
 5.電力供給(普段づかい、大規模停電時)
 6.技術実証(産業技術総合研究所、電力中央研究所)
 7.実運用(普段づかい効果、マイクログリッドの発動)
 8.地域マイクログリッド普及拡大のために
 9.質疑応答・名刺交換


Ⅲ.持続可能な再エネを活用した地域マイクログリッド実装事例と分散型電力システムの課題

京セラ株式会社
エネルギーソリューション事業部
GXビジネス開発部責任者
草野吉雅 氏

 2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、様々な地域で分散型電力システムを用いたグリーントランスフォーメーションの取組みが促進されています。京セラは分散電源を活用した新しいエコシステム構築の一つのアプリケーションとして、配電系統を用いた地域マイクログリッドを地方自治体および地域企業と協力しながら実現しました。この取組みの内容や課題、今後の事業展望についてお話いたします。

 1.京セラの挑戦
 2.需要家サイドのカーボンニュートラル
 3.Climate Techとしての地域マイクログリッド構築事業の実際
 4.分散型電力システムの重要性と課題
 5.質疑応答・名刺交換


Ⅳ.~電力危機/配電ライセンス/地域レジリエンス強化/再エネ大量導入~
  分散型電源をどう活用しマネタイズするのか

TNクロス株式会社 代表取締役副社長
馬橋義美津 氏

 昨今の電力価格高騰や自然災害に対するレジリエンス強化への要望が、分散型リソースを中心とした再エネの活用に対する期待感を強めている。 加えて、脱炭素100先行地域における“エリアでの取り組み”をはじめとする地産地消やレジリエンス強化は、ますますその傾向を加速しているといえる。 そこで、本講義では、分散電源の現状や将来像、エネルギービジネスについてユースケースも交え詳説する。

 1.脱炭素に向かう環境変化
 2.脱炭素社会を担うリソース
 3.脱炭素は地域から
 4.脱炭素世界の未来
 5.質疑応答・名刺交換

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

https://www.tic-co.com/seminar/20230609.html


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2023年6月23日(木)開催

「地域マイクログリッドと分散型電源の活用」
 ~講師4名【岐阜大学 浅野浩志 氏、関電工 野本健司 氏、
  京セラ 草野吉雅 氏、TNクロス 馬橋義美津 氏】ご登壇~

                                   セミナー!

  https://www.tic-co.com/seminar/20230609.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※セミナー資料(テキスト)はセミナー開催日の直前にデータ(pdf)でお送り致します。

※アーカイブ受講可能
 (当日受講及びアーカイブ受講の両方をご希望の方はそれぞれ受講料を頂戴致します。)
  1.受講料は同額となります。
  2.恐れ入りますが、講師への質問は受付できません。
  3.開催日より7~10営業日以降に配信の準備が整いましたらご連絡致します。
  4.ご都合の良い日をお伺いし、視聴用URLなどをお送り致します。
  5.動画の公開期間は公開日より3日間となります。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+

« 2023年6月22日(木)開催「微細藻類に関する要素技術と開発動向・展望」セミナーのご紹介 | トップページ | 2023年6月23日(金)開催「太陽光パネルのリサイクル・リユースの最新動向と展望」セミナーのご紹介 »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年6月22日(木)開催「微細藻類に関する要素技術と開発動向・展望」セミナーのご紹介 | トップページ | 2023年6月23日(金)開催「太陽光パネルのリサイクル・リユースの最新動向と展望」セミナーのご紹介 »