2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2023年6月27日(火)開催「国際規格に基づく防爆電気機器の適用と最新動向について」セミナーのご紹介 | トップページ | 2023年6月28日(水)開催「燃料アンモニア利用の技術開発動向とプラント設備・展望」セミナーのご紹介 »

2023年6月 5日 (月)

2023年6月27日(火)開催「粉砕の基礎・ボール(ビーズ)ミルにおける粒子径変化予測・操作条件最適化及び最適設計法」セミナーのご紹介

☆本日ご紹介セミナー☆

2023年6月27日(火)開催

 ~所望する粉体特性(粒子径、粒子径分布など)を得るために~

「粉砕の基礎・ボール(ビーズ)ミルにおける粒子径変化予測・操作条件最適化及び最適設計法」

                                   セミナー!

  https://www.tic-co.com/seminar/20230603.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※セミナー資料(テキスト)はセミナー開催日の直前にデータ(pdf)でお送り致します。

--------------------------------------
三曜俳句   6月5日(月)

カモミール 初夏の季語

カモミール一花浮かせティータイム

新川恵子

 

和名はかみつれ。

最もポピラーなハーブで、ハーブガーデンや花壇などに植えられます。

地中海沿岸原産、草丈50~60センチ、開花は5~7月、マーガレットの花を小さくしたような白い花をつけます。

咲くにつれて黄色の花芯の部分が盛りあがり、白い花弁が反(そ)り返った形になります。

花や葉に触れると青リンゴの香りがします。

この香りには鎮静効果があり、花を摘んで、熱湯を注ぎ、ハーブティーを作ります。

 

 

Matricaria recutita 001 cropped.jpghttps://commons.wikimedia.org/wiki/File:Matricaria_recutita_001_cropped.jpg
CC 表示-継承 3.0, リンクによる

 

(担当:白井芳雄)
*************************************************************************

さて、本日も2023年6月開催セミナーをご紹介!

2023年6月27日(火)開催

 ~所望する粉体特性(粒子径、粒子径分布など)を得るために~

「粉砕の基礎・ボール(ビーズ)ミルにおける粒子径変化予測・操作条件最適化及び最適設計法」

                                   セミナー

です!

 

★本セミナーでは、粉砕および粉砕装置の基礎知識から、粉の動きを理解し、所望する粉体特性を得るために、粉砕機の選定、操作条件の決定、砕成物の評価、ボール(ビーズ)ミルの設計、スケールアップ法、最新の研究などについて、斯界の第一線でご活躍中の加納博士に詳説頂きます。

 

◎講師

東北大学
多元物質科学研究所
金属資源プロセス研究センター
機能性粉体プロセス研究分野 教授
博士(工学)
加納純也 氏

 

【受講対象】

主に粉砕機の利用(ユーザ)・開発(メーカ)および粉体に関連する操作に関わるエンジニア・技術・研究・設計・設備担当者の方々等。


【予備知識】

上記対象者であれば予備知識は特に必要ございません。


【習得知識】

粉砕機構、粉砕機の選定、操作条件の決定、砕成物の評価、ボール(ビーズ)ミルの設計、スケールアップ法、最新の研究など粉砕に関わる全般的知識の習得が可能です。


【講師の言葉】

 粉砕は物づくりの最初のステップであり、様々な材料の機能性を左右する重要な操作である。粉砕する物質の特性はもちろんのこと、物質の仕込み量や回転速度などの粉砕機の操作条件によって粉砕挙動は異なり、あらかじめ予測して粉砕することは極めて難しい。まずはこれだと思う粉砕機を選定し、一般的な条件で粉砕を行ってみるといった根拠もなく粉砕を行うしかない状況は今も続いている。この原因は、粉砕機構がいまだ十分に解明されていないことにある。一方で、粉砕へのニーズは未だ多くある。例えば、粉砕の効率を上げたい、より微細な粒子がほしい、粒子径分布をシャープにしたい、結晶構造は破壊しないように粉砕したい、摩耗粉(磨耗粉)の発生量を抑制したい、など。
 本講義では、粉砕の基本から、コンピュータシミュレーションを活用した粉砕機構の解明、粉砕過程における粒子径の予測、ボール(ビーズ)ミルの設計と操作の最適化、摩耗粉(磨耗粉)の発生量の予測法、ボールミルのスケールアップ法などについて説明する。


◎プログラム

Ⅰ.粉砕および粉砕装置の基礎知識

 1.粉砕とその目的
 2.破壊の機構
 3.粉砕装置とその分類
 4.砕成物とその粒子径分布


Ⅱ.ボールミルの種類・特徴と選定

 1.ボールミルの種類
 2.ボールミル
 3.ビーズミル
 4.試料から見たミルの機種選定
 5.粉砕の雰囲気の影響


Ⅲ.ボールミリングにおける課題

 1.ボールミリングの現状
 2.ボールミリングの条件設定
 3.ボールミリングの課題


Ⅳ.ボールミルのシミュレーション

 1.離散要素法
 2.ボールミルへの離散要素法の適用
 3.パラメータの設定


Ⅴ.ボールミルにおける粒子径予測

 1.粒子径変化の把握
 2.粉砕機構
 3.粉砕を支配するパラメータの抽出
 4.粒子径変化を予測する方法
 5.粒子径分布の予測


Ⅵ.ビーズミルの最適化

 1.ビーズミリングの現状
 2.ビーズミルのシミュレーション
 3.ビーズミルにおける粒子径変化の予測
 4.コンピュータシミュレーションによるビーズミルの最適化
 5.摩耗粉(磨耗粉)の発生量の予測と抑制


Ⅶ.ボールミルのスケールアップ


Ⅷ.先進離散要素法による粒子破壊過程のシミュレーション


Ⅸ.質疑応答

 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

https://www.tic-co.com/seminar/20230603.html


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2023年6月27日(火)開催

 ~所望する粉体特性(粒子径、粒子径分布など)を得るために~

「粉砕の基礎・ボール(ビーズ)ミルにおける粒子径変化予測・操作条件最適化及び最適設計法」

                                   セミナー!

  https://www.tic-co.com/seminar/20230603.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※セミナー資料(テキスト)はセミナー開催日の直前にデータ(pdf)でお送り致します。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+

« 2023年6月27日(火)開催「国際規格に基づく防爆電気機器の適用と最新動向について」セミナーのご紹介 | トップページ | 2023年6月28日(水)開催「燃料アンモニア利用の技術開発動向とプラント設備・展望」セミナーのご紹介 »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年6月27日(火)開催「国際規格に基づく防爆電気機器の適用と最新動向について」セミナーのご紹介 | トップページ | 2023年6月28日(水)開催「燃料アンモニア利用の技術開発動向とプラント設備・展望」セミナーのご紹介 »