2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 2023年8月29日(火)開催「膜によるCO2分離回収技術と研究開発・応用動向」セミナーのご紹介 | トップページ | 2023年8月30日(水)開催「脱水機の選び方・使い方」セミナーのご紹介 »

2023年8月14日 (月)

2023年8月29日(火)開催「バイオマス、廃棄物および廃プラ燃料を用いる発電プラントの高温腐食、損傷と防止対策の実際」セミナーのご紹介

☆本日ご紹介セミナー☆

2023年8月29日(火)開催

~プラントの長寿命化・効率的運用とSDGs実現のための~
「バイオマス、廃棄物および廃プラ燃料を用いる発電プラントの
                  高温腐食、損傷と防止対策の実際」

                                   セミナー!

  https://www.tic-co.com/seminar/20230806.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※ライブ配信受講の方のテキスト資料はセミナー開催日の直前にお送り致します。

--------------------------------------
三曜俳句   8月14日(月)

盂蘭盆会(うらぼんえ) 初秋

星座みな正座のかたち盆迎へ

鷹羽狩行

 

家に戻ってくるご先祖様の魂を迎え、もてなす年中行事であるお盆の正式な名前は「盂蘭盆会」です。

東京を含む一部の地域では真夏の陽暦七月十三日から十六日にお盆を営みますが、月遅れの初秋陽暦八月十三日から十六日に営む地方が多いです。

陽暦での七月は農繁期。

農業を生業(なりわい)とする人々の多かった地方では、ご先祖様を丁寧にお迎え、お送りするのが難しく、八月に行うようになったといわれています。

十三日に迎え火を焚いて精霊を迎え、家には盆棚をしつらえ、米や野菜を供えます。

精霊を迎えた家には、僧侶が経をあげに来て、遠くはなれていた家族も帰省し、先祖を偲び、うちとけあう時をすごします。

盆の終わる十六日に門の前で火を焚いて霊の足もとを照らして、あの世へ無事にお帰りになるのを見送ります。

 

お盆幕末期のお盆。『日本の礼儀と習慣のスケッチ』より
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Osurasma,_or_praying_a_soul_out_of_purgatory-J._M._W._Silver.jpg#/media/ファイル:Osurasma,_or_praying_a_soul_out_of_purgatory-J._M._W._Silver.jpg
パブリック・ドメイン, リンク

 

(担当:白井芳雄)
*************************************************************************

さて、本日も2023年8月開催セミナーをご紹介!

2023年8月29日(火)開催

~プラントの長寿命化・効率的運用とSDGs実現のための~
「バイオマス、廃棄物および廃プラ燃料を用いる発電プラントの
                  高温腐食、損傷と防止対策の実際」

                                   セミナー

です!

 


★本セミナーでは、SGDsの視点から、バイオマス、廃棄物および廃プラスチックなどを燃焼する発電プラントの高効率化、運用コスト低減、部材の長寿命化などを目ざしたスラッギング、高温腐食、酸露点腐食、エロージョン/コロージョンなど各種損傷のメカニズム、防止対策について、経験豊富な川原博士から詳説頂きます。
★テキストはパワーポイントのスライドを1ページ/2スライドで配布予定です。

●講 師

株式会社GET Solutions 代表取締役
北海道科学大学工学部機械工学科/客員教授
公益社団法人腐食防食学会/元監事
三菱重工パワーインダストリー株式会社
サービス推進部/技術顧問
工学博士、防錆管理士、腐食防食専門士

川原雄三 氏


【習得できる知識】

 ・ボイラ部材を中心としたスラッギング、高温腐食、酸露点腐食、エロージョンなどの損傷要因
 ・灰付着、腐食、エロージョンのメカニズムと損傷予防、防止対策および適材適所の考え方
 ・国内外のプラントにおける長寿命化と最適運用の事例


【講座の趣旨】

 バイオマス/廃棄物発電は再生可能エネルギーの中でも安定な分散電源とされ、循環型社会実現の観点から各国において発電プラントの効率向上と採算性の良い長期運用が求められる。また、廃プラスチックの効率的な利用が検討されている。
 混焼など含めて多様なバイオマス系燃料と流動床炉などの燃焼装置が採用されるが、それら高温燃焼ガスの過酷な腐食環境下で生ずる灰の付着、腐食メカニズムを理解した上で適切な運用方法、防食法や耐食材料・コーティングの利用を図り、プラントの長寿命化や信頼性向上が強く要請されている。
 本セミナーでは、ボイラを中心として、上記課題を達成する上で不可欠な防食技術の基本と耐久性向上の実際的な考え方についてグローバルな視点から解説する。


◎プログラム

1.バイオマス、廃棄物および廃プラ燃料を用いた発電プラントの現状(10:15~10:30)

 -国内外のプラント操業の現状と動向を紹介-
 (1)各国の再生可能エネルギーの事情
 (2)バイオマス、廃棄物および廃プラ発電プラントに関する動向


2.ボイラにおける運転障害と腐食損傷のメカニズム(10:30~12:15)

 -燃焼ガスの腐食環境と各種運転障害の特徴と要因を説明-
 (1)燃料の性状と多様な燃焼方式
 (2)燃焼ガスによる腐食環境の特徴とスラッギング
 (3)材料の高温腐食に関する基礎知識
 (4)燃焼ガスによる高温腐食の要因とメカニズム


3.高温腐食防止対策の実際(13:15~14:15)

 -効率向上および維持管理と運用コスト低減のポイント-
 (1)腐食環境の制御:設計、運転面の対策
 (2)材料面の腐食防止対策
  ・耐食性金属材料
  ・耐食コーティング
 (3)腐食速度、形態と保護スケールの役割


4.酸露点腐食とその防止対策(14:15~15:10)

 -環境制御、耐食材料による腐食防止と長寿命化のポイント-
 (1)硫酸露点腐食と塩酸露点腐食とは
 (2)設計、運転面の腐食防止対策
 (3)材料面の対策:耐食性金属材料、耐食コーティング、耐酸ライニングなど


5.エロージョン/コロージョンとその防止対策(15:25~16:05)

 -損傷状態に応じた防止対策と長寿命化のポイント-
 (1)エロージョン・コロージョン損傷とは
 (2)損傷要因とメカニズム
 (3)設計、運転および材料面の損傷防止対策


6.プラントの高効率化と寿命向上への課題(16:05~16:15)


7.総合討論と質疑応答(16:15~16:45)


詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

https://www.tic-co.com/seminar/20230806.html


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2023年8月29日(火)開催

~プラントの長寿命化・効率的運用とSDGs実現のための~
「バイオマス、廃棄物および廃プラ燃料を用いる発電プラントの
                  高温腐食、損傷と防止対策の実際」

                                   セミナー!

  https://www.tic-co.com/seminar/20230806.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※ライブ配信受講の方のテキスト資料はセミナー開催日の直前にお送り致します。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+

« 2023年8月29日(火)開催「膜によるCO2分離回収技術と研究開発・応用動向」セミナーのご紹介 | トップページ | 2023年8月30日(水)開催「脱水機の選び方・使い方」セミナーのご紹介 »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年8月29日(火)開催「膜によるCO2分離回収技術と研究開発・応用動向」セミナーのご紹介 | トップページ | 2023年8月30日(水)開催「脱水機の選び方・使い方」セミナーのご紹介 »