最近の記事

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2023年10月13日(金)開催「排水処理装置の設計法入門」セミナーのご紹介 | トップページ | 2023年10月12日(木)開催「カーボンプライシングの基礎と最新動向」セミナーのご紹介 »

2023年9月 6日 (水)

2023年10月13日(金)開催「GX法が与える再エネ主力電源化と次世代分散型電力システムの方向性とは」セミナーのご紹介

☆本日ご紹介セミナー☆

2023年10月13日(金)開催

「GX法が与える再エネ主力電源化と次世代分散型電力システムの方向性とは」
 -2024年電力市場の展望と容量市場・需給調整市場・同時市場のあり方-


                                   セミナー!

  https://www.tic-co.com/seminar/20231004.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※ライブ配信受講の方のテキスト資料はセミナー開催日の直前にお送り致します。

--------------------------------------

三曜俳句   9月6日(水)

案山子(かがし)  三秋 

夕暮はもぬけの顔の案山子かな

保坂敏子

 

収穫間近の田畑に竹や藁(わら)で作った人形「案山子」を立て、作物を狙ってやってくる鳥や獣を追い払います。

語源は「嗅(か)がし」で、鳥獣の肉や毛を焼いたものを竹串などに刺し、悪臭で鳥獣を寄せつけず田畑の被害を防いだためといいます。

「かがし」と濁る発音が正しいという説があるのはそのためです。

麦藁帽子に農作業服の案山子は、どこか滑稽(こっけい)でユーモラスに見えます。

掲句はみんなが笑顔になる案山子も、夕方にはくたびれて魂の抜け去った顔になるということでしょうか。

どこか怖さも感じます。

 

Kakashi2.jpg
田んぼのかかし

 

(担当:白井芳雄)

*************************************************************************

さて、本日も2023年10月開催セミナーをご紹介!

2023年10月13日(金)開催

「GX法が与える再エネ主力電源化と次世代分散型電力システムの方向性とは」
 -2024年電力市場の展望と容量市場・需給調整市場・同時市場のあり方-

                                   セミナー

です!

 


★本セミナーでは、「容量市場」と「需給調整市場」のこれまでの評価・分析・方向性、「同時市場」の考え方、
 2024年度の電力マーケットの展望ならびに、GX脱炭素電源法において更なる貢献が求められるDSRとDER
 のあるべき姿と、DSR・DERを最大限活用し得る系統運用の理想形などについて、資源エネルギー庁や電力
 広域的運営推進機関で審議会委員を務め、「エネルギー業界の憲法」と言える「エネルギー政策基本法」
 起草に携わった市村講師から中長期的な視点で詳説頂きます。

 

◎講 師

エナジープールジャパン株式会社 代表取締役社長兼CEO
資源エネルギー庁
次世代の分散型電力システムに関する検討会委員
資源エネルギー庁 ERAB検討会委員
電力広域的運営推進機関・
調整力及び需給バランス評価等に関する委員会委員
電力広域的運営推進機関・
需給調整市場検討小委員会委員

市村 健 氏


◎プログラム

 ウクライナ戦争に端を発したエネルギー市場の混乱は、電力会社に多大な影響を及ぼしている。我が国は、欧米とは異なり50/60Hzに分かれている上、国際連系線もなく地下資源に恵まれない。斯様な環境下で実施した電力システム改革の目玉である「容量市場」と「需給調整市場」の評価・分析と、最近注目される「同時市場」の考え方を解説すると共に、2024年度の電力マーケットの動向を展望する。一方で、政府はGX(グリーントランスフォーメーション)を通じて脱炭素、エネルギー安定供給、経済成長の3つを実現するべく、「GX推進法」「GX脱炭素電源法」を成立させた。当該法の意味合いを概説すると共に、GX脱炭素電源法において更なる貢献が求められるDSRとDERのあるべき姿と、DSR・DERを最大限活用し得る系統運用の理想形を、資源エネルギー庁や電力広域的運営推進機関で審議会委員を務め、「エネルギー業界の憲法」と言える「エネルギー政策基本法」起草に携わった講師により中長期的な視点で解説する。

 1.はじめに考えたい~電力自由化と発送電分離


 2.我が国の2050CN実現に向けて~「GX推進法」「GX脱炭素電源法」


 3.世界の2050CN~グローバル・ノースVSグローバル・サウス


 4.容量市場(追加公募・予備電源制度・長期脱炭素オークション)に対する
   これまでの評価と方向性


 5.需給調整市場(三次調整力・二次調整力・一次調整力)に対する
   これまでの評価と方向性


 6.同時市場とは


 7.展望~2024年度電力市場


 8.系統混雑回避に向けた考え方


 9. ゾーン制・ノーダル制とは


 10. ローカルフレキシビリティマーケット (Local Flexibility Market)とは


 11.まとめ~DSR・DERがGXに果たすべき役割とは


 12. 質疑応答


詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

https://www.tic-co.com/seminar/20231004.html


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2023年10月13日(金)開催

「GX法が与える再エネ主力電源化と次世代分散型電力システムの方向性とは」
 -2024年電力市場の展望と容量市場・需給調整市場・同時市場のあり方-

                                   セミナー!

  https://www.tic-co.com/seminar/20231004.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※ライブ配信受講の方のテキスト資料はセミナー開催日の直前にお送り致します。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+

« 2023年10月13日(金)開催「排水処理装置の設計法入門」セミナーのご紹介 | トップページ | 2023年10月12日(木)開催「カーボンプライシングの基礎と最新動向」セミナーのご紹介 »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年10月13日(金)開催「排水処理装置の設計法入門」セミナーのご紹介 | トップページ | 2023年10月12日(木)開催「カーボンプライシングの基礎と最新動向」セミナーのご紹介 »