最近の記事

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2024年2月22日(木)開催「船舶低・脱炭素化に関する技術開発・取組み・展望」セミナーのご紹介 | トップページ | 2024年2月27日(火)開催「アンモニア利用に向けたプラント設備と展望」セミナーのご紹介 »

2024年1月29日 (月)

2024年2月22日(木)開催「デジタル技術が変えるプラント操業の世界」セミナーのご紹介

☆本日ご紹介セミナー☆

2024年2月22日(木)開催

「デジタル技術が変えるプラント操業の世界」

                                セミナー!

 https://www.tic-co.com/seminar/20240212.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※セミナー資料(テキスト)はセミナー開催日の直前にデータ(pdf)でお送り致します。

※アーカイブ受講可能
 (当日受講及びアーカイブ受講の両方をご希望の方はそれぞれ受講料を頂戴致します。)
  1.受講料は同額となります。
  2.恐れ入りますが、講師への質問は受付できません。
  3.開催日より7~10営業日以降に配信の準備が整いましたらご連絡致します。
  4.ご都合の良い日をお伺いし、視聴用URLなどをお送り致します。
  5.動画の公開期間は公開日より3日間となります。

--------------------------------------

三曜俳句   1月29日(月)

奈良の山焼(ならのやまやき)お山焼(おやまやき) 新年 

このたびの能登半島地震によって、お亡くなりになられた方々に、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
また、被災者の救済と被災地の復興支援のために尽力されている方々に深く敬意を表します。


奈良市の若草山(標高342メートル、俗に三笠山とも)で行われる山焼き。

山頂の鶯塚(うぐいすづか)古墳に葬られた霊魂を鎮めるため始まったのが由来とされています。

戦前は2月11日(紀元節)でしたが、現在は1月の第4土曜日に行われています。

 

夕刻、興福寺・東大寺の僧や春日大社の神職によって御神火が春日大社から運ばれ、野上神社で点火の儀式が行われた後、午後6時頃に花火が打ち上げられ、その後一斉に山麓に点火されます。

枯れ切った芝生はたちまち炎と化して、山頂へと這い登り、全山を紅蓮(ぐれん)に染めた若草山の姿が闇夜に浮かび上がります。

雨天や強風の日は順延され、悪天候が続くと中止されることもあります。

 

お山焼き贄(にえ)のごとくに鹿が跳ね

行方克己(なめかたかつみ)

 

120128 WAKAKUSAYAMA yamayaki

若草山の山焼きの動画

名古屋太郎, CC BY-SA 3.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

 

(担当:白井芳雄)
*************************************************************************

さて、本日も2024年2月開催セミナーをご紹介!

2024年2月22日(木)開催

「デジタル技術が変えるプラント操業の世界」

                                 セミナー


です!


★本セミナーでは、デジタル技術が変える次世代のスマート・プラント、操業プラントにおけるデジタル技術の活用、ファストなデジタルツインによる既設プラントのDX、3Dプリンタ活用によるプラントの未来をキーワードに斯界の最前線でご活躍中の日揮グループの方々より詳説頂きます。

 

◎プログラム

Ⅰ.デジタル技術が変える次世代のスマート・プラントの姿

日揮ホールディングス株式会社
戦略企画オフィス経営企画ユニット
チーフエンジニア(ビジネス・アナリスト)
佐藤知一 氏

 IT(情報技術)の代わりに、最近はデジタル技術という言葉が使われるようになってきた。「スマート工場」や「デジタル・ツイン」などもよく語られる。しかしプロセス産業における意味をきちんと捉えている人は多くない。本講演では、データと情報の区別からはじめて、製造業における情報の流れとスマート化の意味を考える。その上で、産業間比較に基づいてプロセス対ディスクリート工場の特性を解説する。最後に、デジタル・ツイン概念に関する海外の動きと、日本の化学産業が向かう「ディスクリート・ケミカル工場」の次世代の姿について、皆様と一緒に考えてみたい。

 1.データと情報を区別する
 2.スマート化とは何か、スマート工場とは何か
 3.産業間比較から考えるプロセス産業の特性
 4.プラント・デジタル・ツインの動向
 5.ディスクリート・ケミカル工場と、中央管制システム
 6.質疑応答・名刺交換


Ⅱ.操業プラントにおけるデジタル技術の活用
  ~海外LNG液化プラントにおける活用例~

日揮ホールディングス株式会社
サステナビリティ協創オフィスSCユニット/低脱炭素事業化グループ
LNG Net Zero事業チーム
藤崎 翔 氏

 操業中のプラントは原料や製品要求を管理指標とした運転制御が行われているが、特に空冷式熱交換器を使用したLNG液化プラントにおいては、当該熱交換器やガスタービンなどに温排熱が流入することによって著しいプラントの性能低下を招くことが知られてきている。こうした温排熱はこれまでの配管内部流体の運転制御で抑えることは不可能である。当社は温排熱がどのような条件で発生するのかを過去気象データを基に生成したAIで予測することに成功した。また、発生した温排熱がどのようにプラントに影響を及ぼすのか、プラント側で取りえる対応策は何か、という点において、これまで培ってきたエンジニアリングの知見を基に先進的な対応策を開発してきた。本講演では海外LNG液化プラントにおいて、温排熱問題に対処してプラントの生産効率を向上させた事例について紹介する。

 1.LNG液化プラントにおける温排熱問題とは?
 2.AIを用いた温排熱発生予測とプラントの制御
 3.ドライミストを用いた温排熱対策
 4.質疑応答・名刺交換


Ⅲ.ファストデジタルツインで保全が変わる!既設プラントDX最前線

ブラウンリバース株式会社
代表取締役 CEO
金丸剛久 氏

 3Dスキャンで仮想世界にプラントを再現し、現場に行かずとも机上で装置の仕様や補修履歴の情報を閲覧・共有する仕組みは「設備管理視点のデジタルツイン」として各所で検討・実証が進められている。特に重厚長大な既設プラントのデジタルツイン実現に向けた取り組みでは、いくつか有用なユースケースによって現場業務が変わり始めている。本講演では、デジタルツインの導入障壁となっているコストと運用開始までの立上げ期間を劇的に圧縮することでいち早く現場がメリットを享受できる「ファストなデジタルツイン」を設備管理に適用した事業所の中から、信頼性向上や工程短縮およびコスト削減につながった事例を紹介する。

 1.ファストデジタルツインとは
 2.3DデジタルマップINTEGNANCE VRデモンストレーション
 3.INTEGNANCE VR活用事例
 4.大胆予測2030年のプラント保全
 5.質疑応答・名刺交換


Ⅳ.デジタルとリアルを結ぶ!3Dプリンタが変えるプラントの未来

日揮グローバル株式会社
エグゼキューションテクノロジーズデベロップメント部
イノベーション・自動化推進グループ DFAM Unit
グループマネージャー兼ユニットリーダー
程原 忠 氏
吉本直広 氏

 当社では、プラント建設現場の工場化・無人化(=省人化)を目標とし、様々なタイプの3Dプリンタのプラント建設プロジェクトへの導入を進めています。特にコンクリート系3Dプリンタは、ガントリー型の建設用3Dプリンタを購入し、実建設プロジェクトへの適用事例を増やしつつあります。本講演では、これまでの検証結果を共有するだけでなく、海外や関連法規の最新動向に関してもご紹介します。また、海外で注目されている「Digital Inventory」についても触れながら、未来の姿を想像してみましょう。

 1.3Dプリンタの取組概要
 2.セメント系の取組紹介(国内・海外)
 3.金属系の取組紹介
 4.海外の動向や関連法規の動向
 5.Digital Inventoryの紹介
 6.まとめ
 7.質疑応答・名刺交換

 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

https://www.tic-co.com/seminar/20240212.html


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2024年2月22日(木)開催

「デジタル技術が変えるプラント操業の世界」

                                セミナー!

 https://www.tic-co.com/seminar/20240212.html

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※セミナー資料(テキスト)はセミナー開催日の直前にデータ(pdf)でお送り致します。

※アーカイブ受講可能
 (当日受講及びアーカイブ受講の両方をご希望の方はそれぞれ受講料を頂戴致します。)
  1.受講料は同額となります。
  2.恐れ入りますが、講師への質問は受付できません。
  3.開催日より7~10営業日以降に配信の準備が整いましたらご連絡致します。
  4.ご都合の良い日をお伺いし、視聴用URLなどをお送り致します。
  5.動画の公開期間は公開日より3日間となります。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+

« 2024年2月22日(木)開催「船舶低・脱炭素化に関する技術開発・取組み・展望」セミナーのご紹介 | トップページ | 2024年2月27日(火)開催「アンモニア利用に向けたプラント設備と展望」セミナーのご紹介 »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2024年2月22日(木)開催「船舶低・脱炭素化に関する技術開発・取組み・展望」セミナーのご紹介 | トップページ | 2024年2月27日(火)開催「アンモニア利用に向けたプラント設備と展望」セミナーのご紹介 »