最近の記事

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2024年4月24日(水)開催「水素・アンモニアに関する事業・技術開発動向と取組み」セミナーのご紹介 | トップページ | 2024年4月25日(木)開催「排水処理(水処理、水回収、有価物回収)における基本技術とコスト削減の進め方と技術動向」セミナーのご紹介 »

2024年4月10日 (水)

2024年4月25日(木)開催「CO2有効利用/カーボンリサイクルに関する技術開発と事業動向・展望」セミナーのご紹介

☆本日ご紹介セミナー☆

2024年4月25日(木)開催

「CO2有効利用/カーボンリサイクルに関する技術開発と事業動向・展望」

 ~講師5名(東京ガス、IHI、産業技術総合研究所、旭化成、三菱ガス化学)ご登壇 ~

                                   セミナー!

 https://www.tic-co.com/seminar/20240410.html

 

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※セミナー資料(テキスト)はセミナー開催日の直前にデータ(pdf)でお送り致します。
※ライブ配信に関する 》》よくあるご質問はこちら 《《 から。

※アーカイブ受講可能
 (当日受講及びアーカイブ受講の両方をご希望の方はそれぞれ受講料を頂戴致します。)
  1.受講料は同額となります。
  2.恐れ入りますが、講師への質問は受付できません。
  3.開催日より7~10営業日以降に配信の準備が整いましたらご連絡致します。
  4.ご都合の良い日をお伺いし、視聴用URLなどをお送り致します。
  5.動画の公開期間は公開日より3日間となります。

--------------------------------------

三曜俳句   4月10日(水)

桜蝦(さくらえび) 晩春

日本や台湾周辺の深海に生息する小さな海老で、日本で水揚げされるのは駿河湾のみです。

最近では水揚げ量が減っていて、貴重な海の幸になっています。

昼は深海、夜は浅い海域に浮上し、体長3~5センチの透明な体には赤い色素が見えますが、夜は青く光り、「駿河湾の宝石」と呼ばれます。
生食もしますが、加熱することにより桜色に色づくことが名前の由来で、干し海老にすることが多いです。

由比湾で水揚げされた桜蝦は、富士山を望む海岸一面に干され、この地域の春の風物詩です。

 

大富士の真下にひろげ桜えび

浅場芳子

 

 Sakuraebi 13 20151026

桜えびの天日干し

広報課, CC BY 4.0, ウィキメディア・コモンズ経由で 

 

Sakura Shrimp Fried Rice 

焼き飯にかけられた桜えび

Mk2010, CC BY-SA 4.0, ウィキメディア・コモンズ経由で 

 

(担当:白井芳雄)
*************************************************************************

さて、本日も2024年4月開催セミナーをご紹介!

2024年4月25日(木)開催

「CO2有効利用/カーボンリサイクルに関する技術開発と事業動向・展望」

講師5名(東京ガス、IHI、産業技術総合研究所、旭化成、三菱ガス化学)ご登壇

                                  セミナー


です!

★本セミナーでは、二酸化炭素の各種有効利用/カーボンリサイクルに関する技術・研究開発と事業動向、今後の展望などについて、斯界の最前線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。

★講師の皆様ご来場頂く予定ですが、急遽オンラインでの講演となる場合がございます。変更などがございましたら、随時更新させて頂きますので、下記にてご確認下さいませ。

 

◎プログラム

Ⅰ.東京ガスにおけるカーボンリサイクルの実用化に向けた取り組み

東京ガス株式会社

川口 忍 氏

 脱炭素社会に向けて、東京ガスでは燃料化(e-methane)、鉱物化(炭酸塩・コンクリート)等、様々なカーボンリサイクルの実用化に向けた取り組みを進めている。本講演では、カーボンリサイクルの実用化事例として、都市ガス機器の排気を活用してオンサイトで炭酸塩を製造するCO2資源化サービスの概要を中心に、東京ガスの取り組みを概説する。

 1.東京ガスにおける脱炭素社会に向けた取り組み
 2.都市ガス機器の排気を活用するカーボンリサイクルへの取り組み
 3.CO2資源化サービスの概要
 4.質疑応答・名刺交換

 

Ⅱ.CO2の燃料および化学原料化によるカーボンリサイクルへの取り組み

株式会社IHI
鎌田博之 氏


 いわゆるネットゼロ社会への移行に向けて、化石資源にかわりCO2を炭素源として捉え有価物として再利用するカーボンリサイクル技術の確立が必要である。触媒を使ってCO2を燃料や化学原料などの有価物に転換するCO2転換技術についてその原理と特徴を述べる。あわせてIHIが進めているCO2のメタン化によるe-methaneの製造やフィッシャー・トロプシュ反応による低級オレフィンや持続可能な航空燃料(SAF)向けの液体炭化水素合成プロセスについて紹介する。

 1.ネットゼロ社会への移行に向けた動向
 2.カーボンリサイクルによるCO2転換の原理と特徴
 3.IHIにおけるCO2メタネーションによるe-methane製造の取り組み
 4.IHIにおける低級オレフィン類,SAF合成技術の開発
 5.実装に向けた課題と展望
 6.質疑応答・名刺交換

 

Ⅲ.溶融塩電解を利用したCO2由来固体炭素の合成

国立研究開発法人産業技術総合研究所

加登裕也 氏

 炭素材料は、石油、石炭などの化石資源を原料として合成されている。昨今のCO2排出量削減の潮流から、化石資源から脱却し、非化石資源から炭素材料を合成することが重要である。本講演では、CO2を原料として、溶融塩電解を利用し、種々の電解条件において炭素材料を合成する研究例を紹介する。

 1.炭素材料の特徴と課題
 2.溶融塩電解を利用したCO2分解の原理
 3.溶融塩電解による固体炭素の析出例とその性状
 4.社会導入に向けた検討
 5.まとめと今後の展望
 6.質疑応答・名刺交換

 

Ⅳ.旭化成のカーボンリサイクルへの取り組み

旭化成株式会社

西山ブディアント 氏

 旭化成はカーボンニュートラル(CN)の実現に向けた技術開発を行っており、今回はCO2ケミストリーにフォーカスし紹介する。当社CO2ケミストリーは水素に依存せず、高付加価値品であるカーボネートやイソシアネートを製造するプロセスである。本技術は独自のカルボニル基導入技術を基幹技術としたCO2を原料とする製造技術であり、再生可能原料へのマテリアルフローの変革と新しいマテリアルの創出を実現していく。本技術及び用途展開について紹介する。

 1.CN関連技術の紹介
 2.CO2を原料とする製造プロセスの特徴
 3.カーボネート製造技術
 4.イソシアネート製造技術
 5.開発品の用途展開
 6.質疑応答・名刺交換

 

Ⅴ.CO2からのメタノール製造技術の課題と展望
 ~環境循環型メタノール構想Carbopath™ の推進~

三菱ガス化学株式会社

松川将治 氏

 三菱ガス化学は、資源開発からメタノールの製造、販売、誘導品製造に至るまで幅広く手掛ける世界で唯一のメタノール総合メーカーである。メタノールはCO2や廃棄物など様々なサステイナブル資源から製造出来ること、燃料や化学品・素材に至るまで幅広い用途を持つことから、循環経済構築のコアとなる物質として注目されている。本講演では、当社の進める環境循環型メタノール構想「Carbopath™ 」について紹介する。

 1.メタノールとは
 2.三菱ガス化学のメタノール事業について
 3.環境循環型メタノール構想Carbopath™ とは
 4.環境循環型メタノールの推進事例と今後の展望について
 5.質疑応答、名刺交換

 

詳しい内容、お申込みはこちらから↓↓

https://www.tic-co.com/seminar/20240410.html

 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 

☆本日ご紹介セミナー☆

2024年4月25日(木)開催

「CO2有効利用/カーボンリサイクルに関する技術開発と事業動向・展望」

 ~講師5名(東京ガス、IHI、産業技術総合研究所、旭化成、三菱ガス化学)ご登壇 ~

                                   セミナー!

 https://www.tic-co.com/seminar/20240410.html

 

※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※セミナー資料(テキスト)はセミナー開催日の直前にデータ(pdf)でお送り致します。
※ライブ配信に関する 》》よくあるご質問はこちら 《《 から。

※アーカイブ受講可能
 (当日受講及びアーカイブ受講の両方をご希望の方はそれぞれ受講料を頂戴致します。)
  1.受講料は同額となります。
  2.恐れ入りますが、講師への質問は受付できません。
  3.開催日より7~10営業日以降に配信の準備が整いましたらご連絡致します。
  4.ご都合の良い日をお伺いし、視聴用URLなどをお送り致します。
  5.動画の公開期間は公開日より3日間となります。

 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+

 

 

 

« 2024年4月24日(水)開催「水素・アンモニアに関する事業・技術開発動向と取組み」セミナーのご紹介 | トップページ | 2024年4月25日(木)開催「排水処理(水処理、水回収、有価物回収)における基本技術とコスト削減の進め方と技術動向」セミナーのご紹介 »

カテゴリ;セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2024年4月24日(水)開催「水素・アンモニアに関する事業・技術開発動向と取組み」セミナーのご紹介 | トップページ | 2024年4月25日(木)開催「排水処理(水処理、水回収、有価物回収)における基本技術とコスト削減の進め方と技術動向」セミナーのご紹介 »